チェロ物語Ⅱ

海と山に囲まれて、
暮らすミックス犬チェロの、
日々でございます、
そろそろ、

最終コーナーです。

太郎

2017年04月24日 | 犬の戯言


東海道・山陽新幹線の名前といえば、

「こだま」「ひかり」おまけして「のぞみ」だったのですが、

予定ができてもう何年ぶりでしょうか調べてていたら、

「みずほ」「さくら」そして「つばめ」と、

知らない名前が出てまいりました、





そりゃーそうですね、

もう10年以上も乗っていないのです、

知っていたつもりでしたが九州新幹線もできていたのでありました、

すっかりの浦島太郎でございます、





耳の後ろにダニさん一人、

調べてみましたらあちらこちらに痕跡があるようです、

余りにも小さすぎるし素早いのです、

先程のお散歩の時茂みで遊んだことが原因だろうと思います、

朝晩は冷え込むのですが本当に夏になりました、

一般的に言えば夏は夢溢るる恋の季節なのかもしれません、

ところが事私に限って言えば、

危険がいっぱいな、

悲しい「ダニの季節」なのでございます。






ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 光と影 | トップ | 超絶 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「ダニコナーズ」 (流生)
2017-04-24 12:12:06
こんにちは。

ダニ。。。チェロさま
まだまだ虫が寄ってくるお年頃ね~
私はぱったり。「虫コナーズ」だって
金チョールだって何もしてないのに。。
父上におねだりして
「ダニコナーズ」を夏場のネックレスに
さげてみたら如何かしら?
すっかり初夏の陽気です。網戸の掃除
したくありません。でもやります!
チェロさま
女の子同士「虫」と戦うのであります!

ランチタイムかしら?
今週も ごきげんよう~(^^)/***
首輪+ (チェロ)
2017-04-24 16:24:20

流生様

こんにちは、

なるほど忘れてしまっておりました、
虫予防の首輪+を、
毎年夏場は首に付けているのでございました、
完全に失念しておりました、
太郎でございます、
確かにダニコナーズも一興ですが、
意外に効果ないのです、
ムカデやトカゲそれに蜘蛛も大活躍の、

虫ウォーズな一日でした。
Unknown (おちゃ)
2017-04-24 18:19:15
さくらは良いです。西日本を走ってますね。
普通車輌でもまるでグリーン車のように
2列、通路、2列となっておりまして、
あれじゃグリーン車の座席が売れ残る
なんて要らない心配をこっちがしてしま
う。

ダニは困りますね。
カラダによくない。だからフロントラインなん
て薬が圧倒的にダニ除けとして売れて
ましたが、今度はフロントラインはカラダに
あまりよくないなんて話も出てきて、
どうすればいいんだ?
Unknown (トモ)
2017-04-24 18:32:41
こんばんは
そうですよね
ダニは困りますね
私は詳しくないので
病院で何か薬ないか
聞いてみたらどうでしょうか?
懐かしい電車の名 (kyon)
2017-04-24 21:40:08
こちらの新幹線も20才だそうですよ・・・
20年前のワタシって何をしてましたっけ?・・・
実は乗りたくない新幹線がありまして、青函トンネルを通る電車や新幹線だけは乗りたくないのです・・・
海の底を通るのかと思うとそれだけで海が落ちてきたらどうしようかと恐怖症を発病しそうです・・・
トンネルが出来たばかりの頃にあの海の底に見学に行ってまして・・・何故かエライ怖かったのです・・・閉所恐怖症かしら?
さくら (チェロ)
2017-04-24 23:33:46

おちゃ様

こんばんは、

母が近々「さくら」に、
岡山から大阪までですが乗るのです、
すてきな車両よって話しますね、
ダニは必ずこれからの季節はいるのです、
草叢には近寄らないようにと言われているのですが、
ついつい近付いてしまいます、
ダニ除け首輪、

とりあえずはしてみます。
実は (チェロ)
2017-04-24 23:37:37

トモ様

こんばんは、

実は父がブラッシングをしながら、
見えない眼でダニを探してくれるのです、
発見した場合は、
本来的には病院なのですが、
自分で透明な手袋をつけて剥がすのです、

これまでのところ問題なしです。
(良い子はしないでくださいね)
変でしょ (チェロ)
2017-04-24 23:41:57

kyon様

こんばんは、

そうなのですか20年も経過しましたか、
「こだま」の自由席で、
新大阪まで乗っていたころが懐かしいいです、
あのころは元気でしたね、
私は閉所はそうでもないのですが高所は駄目です、
それとだれかが転ぶのを見るのも駄目です、
見ると自分も痛いのです、

変でしょ。

コメントを投稿

犬の戯言」カテゴリの最新記事