チェロ物語Ⅱ

海と山に囲まれて、
暮らすミックス犬チェロの、
日々でございます、
そろそろ、

最終コーナーです。

切り方焼き方

2017年06月18日 | 犬の戯言


お料理はなかなか大変ですね、

人間も犬も食べなくても良いのでしたら楽になります、

お金も要らなくなるので本当に楽です、





でも食べることもなくなると食べる楽しみもなくなって、

今度は喜びもなくなるのかもしれません、

やはりお料理は大切なのです、

作り方の工夫が必要です、

ただ素材があれば良いというものではないのです、





華ちゃんの「澪つくし」ではありませんが、

やはり心を込めて創意工夫をして作らなければなりません、

ただ単に切って焼けば良いというものではないのでございます、

そうは分かっていてもいろいろあります、

私の豚肉の切り方や焼き方はひど過ぎると言って、

怒った父は布団を被って寝てしまい、

一昨日の夜から、

まだ起きて来ないのでございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 又候(またぞろ) | トップ | 虐めます »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (おちゃ)
2017-06-18 13:06:25
食べないと生きられない。食べるにはお金がかかる。
あるいは自分で食べ物を確保しないといけない。
食べることは楽しみでもある。簡単で安上りで栄養も
バランスよくとれてかつおいしい。こういうものを
見つけないといけないですね。
大助かり (チェロ)
2017-06-18 14:06:16

おちゃ様

こんにちは、

そんな時あんな時のためにあるのが、
加ト吉さんの冷凍讃岐きつねうどんでございます、
なんとお揚げが二枚も入っているのです、
しかもレンジでチンするだけ、
切ったり焼いたりしなくて良いのです、
お安くて大助かりでございます、

父の日のプレゼントです。
食べる (kyon)
2017-06-18 17:07:21
んん・・・食べられることが大事なんだよねぇ・・・何でもいい訳じゃないというのがもっと大事かもです・・
そういう意志力は無いと困ります。でも、昔、中学生ぐらいだったかな?

亭主が食べ物に難癖をつけたのであります・・・すると娘に北朝鮮の食べられない人たちを思えば何だって食べられるでしょ?!・・・ですってさ・・どうします?こういう時・・・ワタシは吹き出してしまったのでしたが・・・確かに笑えない深刻さもあったのよねぇ・・・と、妙に今思い出しました(苦笑)
ええ、料理に工夫と愛情は必要ですね・・・
まだ起きて (チェロ)
2017-06-18 17:41:27

kyon様

こんにちは、

娘さんのおっしゃるとおりでございます、
世界にはいや日本でも、
食べられないで、
辛い思いをしている人々がたくさんいるのです、
食べることはある意味罪悪なのですから、
断食でもするよう父に勧めます、

ちなみにまだ起きて来ないのです。。
Unknown (トモ)
2017-06-18 22:54:17
こんばんは
やっぱり食べる事は
大事ですよね
チェロちゃんてば
お料理につい文句言ったのね
優しいお父さんは
すぐに許してくれますよ
楽しかった (チェロ)
2017-06-18 23:47:35

トモ様

こんばんは、

やはり予約録画できていませんでした、
奇跡的に日テレのサイトで見ることができました、
風船からの不運の連鎖、
なるほどあるあると感心致しました、

楽しかったです。
Unknown (イブ)
2017-06-19 02:17:15
食べる。というのはとても大変です。
お米やお味噌など重いものを買ってくるとき
いただいた素材を食べられるように下処理して食卓にのせるまでの手間暇。
食べるって大変だな~と思います。
でもこれを楽しみたいと思っていますし楽しいのですがたまには楽ちんに誰かのお世話になりたいかなとも思います。

見習います (チェロ)
2017-06-19 09:56:44

イブ様

おはようございます、

イカが美味しいですね、
今朝いただきました、
何でも調理は買い物下拵えから始まって片付けまで、
本当に大変ですね、
おっしゃるようにこれを苦労と思わないで、
楽しむことが肝要です、

イブさんやおちゃさんを見習います。

コメントを投稿

犬の戯言」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。