チェロ物語Ⅱ

海と山に囲まれて、
暮らすミックス犬チェロの、
日々でございます、
そろそろ、

最終コーナーです。

意図的

2017年05月19日 | 犬の戯言


某国では偉い人がそこそこ偉い人に、

「彼はいいやつだ 大目に見てほしい」と言っても、

ただ単に同意するだけで済んでしまうようですが、

亡国では忖度しまくりで「御意」「御意」と言いながら駆けずり回って、

御意向通りに至れり尽せりご苦労さんとなります、





私は笑っているように見えますが泣いています、

もしかしたら笑われるかもしれませんが、

遠い昔はリリーさんの歌にもこんなのあったのです、





薔薇はもう止めに致しますが紅い花です、

凄まじく紅い赤なので少しぎょっとしてしまいました、

血を連想してしまって老犬には刺激が強すぎます、

亡国の未来を思ってしまうのです、

尚亡国は間違いではありません、

意図的です。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加山さんは | トップ | 無伴奏 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ドラマ (流生)
2017-05-19 10:59:06
おはようございます。

「わたし失敗しないから」と言っていたドラマで院長の取り巻き連中が
「御意」「御意」と連呼していましたね~
チェロさま
笑い顔にしか見えませんわ!
「敵は味方の振りをする!」これもドラマでしたね~今。ハマっています。
またまた赤い。紅い花ですね?かな
リリーって リリー・フランキーかな?

今日もいい日になりますように~♪
赤いバラ (kyon)
2017-05-19 15:29:48
情熱の赤いバラ・・・・緋、紅、朱・・・色々これもありますが、全部の色が微妙な違いであるような感じですよね・・・
赤にも色々あるね・・・
御意にはわらってしまったけど・・・
何でも言いなり・・・という方の心象風景が見てみたい・・・心と裏腹な生き方をしているのは体に悪いような気がする・・・一つでも自分の真実をよすがに生きてまいりたいと・・・は、思う日々です・・・
中々真実は話せないものですけどね・・・リリーさんもとてもいい年のとり方をしたお顔になりました・・・今のリリーさんは好きですね・・・
泣いています (チェロ)
2017-05-19 16:00:31

流生様

こんにちは、
「小さな巨人」でした、
なるほどなるほどそうですね、
リリーさんは正確にはリリィさんなのかもしれません、

私は泣いてないじゃなくて泣いています。
冗談 (チェロ)
2017-05-19 16:04:28

kyon様

こんにちは、

赤い血にもいろいろな色があるようで、
同じ赤ではないように思います、
どす黒い赤が最近増加しているという統計があるようです、
何でも御意の状態に入るとこれはこれで快感なようで、
歴史的にも証明されている、
懲りない日本人の特性なのです、

半分冗談でございます。
Unknown (おちゃ)
2017-05-19 17:49:04
亡国では、役人の世界でも企業組織でも学会でもそこら中で御意が流行中。しかし歴史小説を見てもそうなので、きっと昔から大流行なのでしょうね。某国はいろいろ大変で、なんであんなのを選んじゃったんでしょうと誰もが後悔してるんじゃないか。軽薄で奇怪な言動が次々と思いつきで登場。しかしそれもあまりにひどいもんだから、市場は先読み。落ちるところまで落ちたので、辞めたら辞めたで2番目が昇格してむしろそっちがいいかもと、平穏なのでした。亡国も某国もすごいのです。
Unknown (トモ)
2017-05-19 21:19:35
こんばんは
チェロちゃん笑顔に見えますね^^
すごい可愛いお顔ですね
毎日暑いですから
水分補給
忘れずに^^
すごい時代 (チェロ)
2017-05-19 22:39:34

おちゃ様

こんばんは、

本当にすごい時代に、
なってまいりましたね、
これはないだろうというものが、
何でもすぐに決まってしまって、
知らん顔で時間だけが流れて行きます、
気が付いた時に、

平穏な社会であることを願うのみです。
上手 (チェロ)
2017-05-19 22:41:24

トモ様

こんばんは、

お水は舌を使って飲んでおります、
たぶん結構飲む方だと思います、
父は私が飲むのを見て、

上手上手と言ってくれます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。