Obihiro Yachiyo YH  ☆星空自慢の宿☆

帯広八千代ユースホステルのご案内

帯広八千代ユースへご案内

2017年03月27日 | 帯広八千代ユースホステルの案内

当初、この土地にはユースの建物以外には何もありませんでした、、、
土も粘土質でしたが現在は野菜もイチゴもラズべりー等もよく育ち夏には自家菜園の
野菜が食卓に上りベリー類は保存食にしています。
ユースの建物は、南側が綺麗に開け高い空と雄大な景色と日高の山々を一望できる
約900坪の土地に唐松や雑木に囲まれ景観に溶け込むように建っています、
時々ユースの前をわからずに通り過ぎてしまう方もおられますが、
どうか周りの景観との調和をご理解下さいますようお願いします。



談話コーナーには旅の情報集めや
気軽な語らいで時間を楽しんでください
フリーの茶、コーヒーを用意してます<wifi無料>
  
光明るいダイニング
窓からは十勝の大きな景色が木々の間から
ご覧になれます。また冬はいながらにして
大地から登る日の出を見ることができます
時々現れるエゾリスに驚く?かもです。

トイレ<トイレはウオシュレット>
洗面所、お風呂は男女別にそれぞれ設置しております
●お風呂は男女別お一人ずつゆっくりお入り下さい
●洗濯機,/ガス乾燥機(各250円)
●ドライヤーは無料
●タオル(200円) 歯ブラシ(50円)
●シャンプー/リンス/ボディソープは用意しております、
タオル/歯ブラシ等のアメニティグッズは御用意しておりません

    
シングルベット 個室2人部屋=2室
2段ベット 個室2人部屋=1室
個室4人部屋=1室
個室4人部屋=1室エキストラ有り1名
和   室 個室4人=1室
定員17人<プラス1名>
※ドミトリー<相部屋>利用は
 その都度変わります
※当YHは小人数の部屋に分かれておりますので
 御家族での利用に使いやすくなっております

 
無料駐車場 / 屋根付き駐輪場
※注意●駐車場における盗難や事故につきましては
 宿は責任を負いませんのでお客様の責任の
 もとで駐車して下さい。
●ペットは建物の中には入れません。
 駐車場の車の中で過ごして頂ければ、
 ペットを連れの宿泊は可能です。
 周辺にも宿の敷地内の散歩可です
●バイクの屋根付き駐輪場もございます
 先着順で4台程度です
 譲り合ってご利用頂きたくお願いします


※八千代ユースの時間割※  
★チェックイン15時30分~
☆お風呂時間  16時~23時
★夕食18時半~19時の間で始まります
<お客様皆さん全員でお願いしています
 旅の情報交換などできればと思っています>
到着の遅い方への対応また食事関して要望<菜食主義等>
 などできる限りお応えしようと勤めています
どうかお気軽に問い合わせ下さい。
★希望者は夜のツアーに<お風呂>出発20時~22時
★ティータイム21時~23時 
<希望により温泉ツアーの場合有り>
強制ではありませんのでお疲れのお方は
 お部屋でのんびりおくつろぎ下さい、
★消灯23時 
<一部の照明を残して消灯させていただきます>
★希望者は朝のツアーに出発5時~
☆シャワータイム 6時30分~9時 
<希望者のみにさせて頂いています>
★朝食7時頃~始まります 
<朝食に関しましてはお声掛けをしていません各自この時間内にお出で下さい>
★チェックアウト 10時00分
※注意※
●チェックイン時間15時30分~22時です
●15時半より早めのチェックイン
 22時を過ぎるチェックインは受け付けできません
●連泊のお客様も気象条件がかなり悪い等を除き
 10時~15時30分まで館内クローズになります


温泉がご希望の方へ<帯広市内の銭湯は全て温泉です>
車で分程の所にあるメムロ町<国民宿舎 新嵐山荘>
のお風呂が近くてお勧めです(260円)
また温泉も車で25分ほどにある<鳳凰の舞>がお勧めです(400円)


菜園

八千代のお水は清流札内川の支流
トッタベツ川の水です川原の砂利で自然ろ過された超軟水は
浄水場で最低限の浄水をされ
一年を通して冷たくてすっきりした水になっています

『北海道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 料金<宿泊/食事> | トップ | 16周年 期間限定特別プラン!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。