地底人の独り言

いつまでもみずみずしい感性を持ち続けて生きたいと願いつつ、日々の思いや暮らしを綴っていきます

驚きの受賞

2017年07月23日 | 読書

30年以上も前に読んでいた佐藤正午さんが直木賞受賞、著書を前に出した

 157回芥川賞・直木賞が、去る19日に発表された。芥川賞に沼田真佑氏の『影裏』(文學界5月号)、直木賞に佐藤正午氏の『月の満ち欠け』(岩波書店)を選出された。

 沼田さんの『影裏』は第一作で、文学界新人賞受賞作。私的には何作か読んだことのある今村夏子『星の子』(小説トリッパー春号)に期待したのだが。ま、受賞作が掲載される雑誌「文藝春秋」9月号で読ませていただこう。

 ところで、私は芥川賞は若い頃から読むようにしている。最初に芥川賞を意識したのは、第51回芥川賞受賞作の柴田翔著『されどわれらが日々』(1964年)。この作品に魅了された。いらい、芥川賞は読むようにしている。

 そして、芥川賞受賞作を掲載した雑誌「文藝春秋」を購入してきた。その一年前の1963年9月号以来、芥川賞受賞作を掲載した雑誌「文藝春秋」が我が書棚に並んでいる。50年以上、100冊を超えている。

 もちろん、その時々の芥川賞受賞作品の単行本も購入してきている。また、芥川賞全集も全て購入している。我ながら、ヒマだと呆れている。

 ところで、1963年9月号の文藝春秋には、河野多惠子『蟹』、後藤紀一『少年の橋』がダブル受賞し掲載されている。その時の直木賞は佐藤愛子『ソクラテスの妻』が受賞している。

 しかし、直木賞については、あまり気にしないできたが、今回の受賞作家には驚いた。佐藤正午さんは1983年に『永遠の1/2』ですばる文学賞を受賞し作家デビュー。

 その頃、佐藤正午さんの著書を結構購入し読んではいた。しかし、近年は書棚の奥に眠っていた。全て初版本で帯もある。今回の受賞を機に、書棚の前に出した。こんなこともある。受賞を機に、佐藤正午さんのさらなるご活躍を期待する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖地巡礼 | トップ | ぜったい無理 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。