地底人の独り言

いつまでもみずみずしい感性を持ち続けて生きたいと願いつつ、日々の思いや暮らしを綴っていきます

9条美術展

2017年08月05日 | 展覧会・講演会

「岡山9条美術展」を観賞し、私にはどんな能力があるだろうと自問自答

 決して自慢する訳ではないが、私の小学生時代はけっこう可愛かった。いやいやそれが書きたいのではなくて、小学生時代は図画工作、音楽、習字などは全てむ5段階評価で全て2だった。自慢しているわけではないのだが…。

 それは今も続いていて、字はなんともヘタ。就職したら上司から「官吏ともあろう者が、人が読めんような字を書くな」と言われ、ある時はあるところへFAXを送ったら、「(正しく送信しているのに)裏で届いたから、もう一度送信して」と言われたりもした。

 歌について言えば、母から「あんたは歌がヘタじゃから、人前で歌われなよ」
と言われ、スナックではお店の若い女性に「歌の一つも歌えんのかな」と叱られたことさえある。この歳になるまで、それ故カラオケも歌ったことがない。

 そして、絵で言えば、写生の時間に、しっかり写したつもりなのに、先生から「こうやって抽象的に書くのも面白いね」と言われたりもした。

 こんな形で生きてきたので、コンプレックスの塊の私。

 そんなことを思い出したのも、昨日「岡山9条美術展」を観賞し、ご縁をいただいている方々の作品を観たから。みなさん、とてもステキな作品を製作・展示されている。凄いなと感心しつつ、魅せられた。

 なんの能力もない私に生存の意義はあるのだろうかと、自問自答もした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 50号を迎えた | トップ | ステキな朗読 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

展覧会・講演会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。