地底人の独り言

いつまでもみずみずしい感性を持ち続けて生きたいと願いつつ、日々の思いや暮らしを綴っていきます

うちは男がいない

2017年05月15日 | 身辺雑記

水やり用のホースが壊れたのでタイムに持っていった、我ながら信じられない

 昨日は何とも暑かった。最高気温は28度を記録している。月末頃に登場とは思っているが、暑さに誘われて少しだけ期待してエスプリの「氷」の札を見たがやはりなかった。

 さて、そんな昨日と比較すると、今日は少しだけ凌ぎやすかった。そんな中で、水やり用のホースが壊れたので、タイムに持っていった。買い換えようと過日行ったったら、「持ってくれば直してあげるよ」と言っていただいたので持参した。ナント、無料で直していただけた。感謝、感謝だ。

 ところで、私が畑仕事をしていると聞いて、多くの友人が「箸よりも重たいものを持ったことがないのに…」と信じられない顔をする。そう、私は家事などは一切せず、パートナーに任せきりだった。電球すら変えたことがなく、パートナーをして「家には男がおらんからコマッタモノダ」と言わしめていた。しかし、今はそうもいかない。修理のためタイムに行くなんぞ、我ながら信じられない。

 にしても、このところ何だか体調不良。やる気が起こらない。トマトの支えをしていなので暴れ放題だし、キューリもネットを張れていない。う~む。

 去年の梅雨明け後の夏は畑をほったらかしにして草ボウボウとなり、パートナーをして「もう畑は止めたのかと思った」と言わしめた程だ。今年は同じ状態にしてはならないようにと思うのだが…。

 そんな中で、お隣のサクランボが、赤く色づいている。孫たちが楽しませてもらっている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 眠らず聞いた | トップ | 義姉の句 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。