地底人の独り言

いつまでもみずみずしい感性を持ち続けて生きたいと願いつつ、日々の思いや暮らしを綴っていきます

安富教授

2017年05月15日 | 読書

 昨日「読書ルーム」で読んだのは、細川貂々の『そして〈彼〉は〈彼女〉になった 安富教授と困った仲間たち』(集英社刊)。

 細川貂々さんの漫画は、映画化されたりもした『ツレがうつになりまして。』シリーズ等を楽しませてもらってきたが、今回もしっかりと学ばせてもらった。

 こうした本は購入しない本であり、借りて読めるのが嬉しい。県ウィズセンターに感謝、感謝だ。昨日は県立図書館でも、6冊返して6冊借りた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かなしみは | トップ | 眠らず聞いた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。