金魚のどくはく

いい人なんだってさ。
だけど時には、こっそり、ひっそり毒を吐く。
でもね、ロシナンテ…ここでの話しはナイショだよ!

10月10日

2016年10月10日 00時23分58秒 | にゃぬこ日記

休日。

にゃぬこが来たのは午前6時半。
この時間帯なら、文句も言えません。
いつもこのくらいの時間でお願いしたいのですが…

エサを用意して窓を開ける。
外の空気はとても冷たい。

いつものように部屋に入り、エサとささみを完食すると外で追加待ち。
今回は何もごともなく、すんなり追加も食べると帰って行った。

午前中、チャイムが3度鳴った。
一度目は黒くて小さいネコ。
この子は春先に見たことがある。
とても体が細くて、冬を越せるのだろうかと、胸が痛んだ。

2度目はヒトネコ君。
久し振りにその姿を確認できた。

どちらのネコも、にゃぬこに追加のエサを出してやる段差の臭いを嗅いでいた。
お腹が空いているのだろう。
でもね、あなた達にエサを出すわけにはいかないのよ。
それをずっと続けることは出来ないから。

にゃぬこのように、私が中途半端に手を出した子は、もう、自力では生きられない。
その責任をとってやることしか、私にはできないのよ。
TNRの残酷さを知っていたら、NPOのウソに気づいていたら・・・
今更の話しなのだけどね。

3度目のチャイムはカラスだった。

冬に向けて、どの子も必死。
追い払うことも出来ず、ただ帰ってくれるのを待つだけ。
あなた達に、エサはだせない。ごめんね。

フローリングの床が冷たい。
寝室にラグを敷いた。
ベッドの位置をいろいろ変えて、最終的には元の場所へw

夕方5時半。チャイムが鳴った。にゃぬこだった。

部屋の片付け途中。それよりにゃぬこが優先ですわ。

エサを準備して窓を開ける。
食べ終わると、部屋におりてソファの陰をのぞいている。
あ。寝室への戸を閉めるのを忘れていた。

しばらくソファの向こうににゃぬこのお尻とシッポが見えていたが
最終的には綿毛布に座り込んだ。
10分くらい座ってから、おもむろに外へ出て追加待ち。

ささみ→エサ→ささみ。の、順に食べて一旦ベランダの奥に行き、
戻るとお隣のベランダから帰っていった。

エサ、2杯半。2杯半。
ささみ、1/2本。1本1/3。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 10月9日 | トップ | 10月11日 »