金魚のどくはく

いい人なんだってさ。
だけど時には、こっそり、ひっそり毒を吐く。
でもね、ロシナンテ…ここでの話しはナイショだよ!

10月14・15日

2016年10月15日 19時39分16秒 | にゃぬこ日記

14日。にゃぬこは来なかった。

夕方、ささみを茹でて、準備万端。の、はずが…
にゃぬこが来なくちゃ、意味ないじゃん。
ふーっ。
チャイムは鳴ったが姿はなし。別ネコさんですか?
日付が変わった1時過ぎ、待ちくたびれてソファで寝ることにした。

15日。
ソファの寝心地が悪くて、ウダウダしていた午前2時15分、チャイムが鳴った。
待ってましたと飛び起きて窓を開けた。
が、すんごく警戒しているにゃぬこ。
あー、やはり別ネコさんとかち合ったんですね?

エサを食べ終わると、素っ気なく外へ出て追加待ち。
ささみ、エサ、ささみ。
もう少し食べるかな?そう思ってささみをちぎっているうちに階段へ。
じーっと庭をみつめ、意を決したかのように庭を横切ると塀の上に。
そこからトコトコと歩いて帰っていった。

私は眠剤を飲んでベッドに入った。

良い天気の土曜日。
少し遅めに帰宅して、庭のキュウリやトマトの片付け。
片付けきらないうちに暗くなってきてしまった。

チャイムが鳴ったのは5時45分。
一度なったがそれっきり。
にゃぬこの姿はなかった。
別ネコかぁ、と、思いきや、再びなるチャイム。

にゃぬこさん。一度ベランダの奥に行ってみたらしい。
ベランダに延びていたトマトの枝を切ったので、見通しが良くなったので確認?

目が合うと、バツが悪そうにその場に座った。

窓を開けてもすぐには入って来ず、私がキッチンに入るのをしっかり確認。
エサを食べ始めた頃、外から子どもの泣き声が聞こえてきた。
フリーズするにゃぬこ。
私ですら、虐待?と思えるほどのわめき声と鳴き声だった。

そして、間の悪いことに救急車が通過した。
ああ、にゃぬこが大嫌いな救急車の音。

それでも頑張ってエサを食べると、スープを飲んで外に出て行った。

いつものように追加のささみを持って行った時には、にゃぬこの姿はなかった。
あらら、ささみがずいぶん残っている。
よっぽど怖くて、エサを食べるだけで精一杯でしたか…

そして、6時15分。再びのにゃぬこさん。
やはりささみを食べずには帰れませんか。

のこしていたささみにエサも追加して窓を開ける。
わりとすんなり部屋に入り食べ始めた。

食べ終わると、部屋におり、寝室方面へ。
何に興味を持ったのか分からないけど、戻って来るとそのまま外へ。

やはり、追加の後のおかわりを忘れてはいなかった。

なのに、部屋のささみが残っているって…
おかかをまぶして出してやると美味しそう井食べて、エサも食べて、
用意して置いたささみを全部食べると、お隣のベランダから帰っていった。

エサ、2杯+1杯強。
ささみ、1本。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 10月13日 | トップ | 10月16日+追記 »