猫・金魚・レザークラフト

人間一人、猫六匹
金魚(ピンポンパール、琉金、黄金魚、東錦、らんちゅう)
レザークラフト、小物ばかり

ピンポンズの名前4,8&他の金魚

2016年09月18日 | 金魚
こんにちは。
今日は休みですが90cm水槽の掃除はせず、
全面のガラス面についた茶コケのみを取って様子見します。
先日熱帯魚屋のお兄さんから聞いた「手を抜くこと」「金魚の調子を見て」を実践ですb

水質の状態は、簡易検査でアンモニア、亜硝酸塩は「0」。
硝酸塩が「100」の数値なので、もうちょっと平気かなーっと。
金魚達はピンポンズの2匹に「赤斑」が再発しましたが、
現状は「赤斑」もなくなり、まぁまぁの状態だと思われます。

茶コケ発生から植物プランクトンだとかを発生させて、
現状よりも良い状態の水質にすべく我慢の時期に突入だと思います。
自分が調べた限りだと・・・

1-アンモニア → 亜硝酸塩  ここまでは数日でバクテリアが発生
2-亜硝酸塩 → 硝酸塩  数日~2週間くらい、安定する数に増えるまで1か月くらい
3-硝酸塩 → 窒素  この段階に行くには数か月掛かるようです;

今は硝酸塩の影響で「茶コケ発生」「pH値の低下=酸性に傾く」時期のようで、
pH値が低くなり過ぎないように計測しつつ、下がり過ぎたら水換えして、
茶コケから緑のコケが発生するようにしたいです。
コケは見る人間からすると邪魔な存在ですが、
緑のコケは硝酸塩、リンを吸収し窒素に変える力がある為、
個人的には緑のコケは多少生えて欲しいところです。

今日水槽の掃除をしたのは、琉金と黄金魚の30cm水槽のみ。
こちらは白点病が出たこともあり治療中~療養~本日の掃除前までの約1か月間くらい?
エイトコアMのみでしたが、亜硝酸塩が増えていたのでバクテリアの住処を増やす為、
外掛けフィルターを設置して中にリングの濾過材を投入、
それからミラクルバクテもごく少量入れましたので、これから様子見です。



電気コードが凄まじいことになってしまっているので、
気が向いた時にでも整理するようにします;

外掛けフィルターはGEXのものなのですが、ちょっと音がうるさいですね;
金魚にストレスが掛からないか・・・ちょっと心配です。



それからピンポンズの残り分の紹介です。

4-フィーア  真っ白、ちょびっと頭の部分に黒残り。両目共に黒目。

小さい方がフィーア、大きい方はアインスです。

8-アハト  黒子。ちょっとお腹の方がオレンジになり始めた感じ。両目共に普通目。


ついでに・・・もみじらんちゅう

徐々に頭にあった黒い部分がなくなり、現在ではもう黒はなくなってしまいました。
背中にあった黒い部分も少なくなってしまってます。

買ってきた当時はこんな感じでした↓

頭にあった黒い部分が可愛かったのになぁ~・・・ま、いっか。

黒らんちゅうも買ってきた当時は真っ黒でしたが、
現在は金色に見える部分が増えてきました。

真っ黒よりは病気だとか見つけやすい気がするので、
黒らんちゅうに関してはもうちょっと薄くなって頂きたい・・・。
まぁ・・・黒らんちゅうは真っ黒な子に価値があるようですが、そんなもん関係なし。
自分が良ければそれでいいb


それで最近出番なしの猫共ですが、全匹元気そのものです。
最近は夜になると肌寒くなる日が増えてきまして、
チロが足の間に入ってくるようになりました。

まぁ・・・足の間に入っているのは顔だけの状態ですが・・・;
体の大部分は私の太ももの上にあります。
こんな状態で安心して寝るのは可愛いのでいいんですが、
朝起きると体が痛くて仕方がないんですよね;

これから本格的な冬がくるというのに、今からこれで大丈夫かな・・・私;
このブログに足を運んで下さっている皆様も、体には気を付けて下さいませ。

それでは、また。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 衝撃的な一言&ピンポンズNo,5 | トップ | 金魚、水槽 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

金魚」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。