はなしの話

感じたこと、想ったこと、考えたこと、日記や物語のTOYBOXです。

未来 (2/19から~完結) リンク追加!追記

2011年02月25日 11時13分38秒 | いろいろと!
こんばんは。写真は 次にお話する場所の 堤防に描かれています。小学生の絵。


大好きな場所で 今起きている事。
人のちからでは造り出せない宝の海を 埋め立てていること。
今日行った所は 泡瀬干潟と言います。
全く知らなかったけれども、ブログ友達で、珊瑚の研究者、さめさんから話を聞いて、気掛かりでした。
前に 行こうとして、レンタカーで迷子になって 断念(泣)。
那覇からバスに乗って、やっと たどりつきました。
人が生きるために 他を犠牲にする。
それは どの生物にも(程度問題はあれ)あることです。
だけど、今日(厳密には昨日ですが、時制を行った当日2/19(は土)に統一するです)
行った場所、究極の無駄遣(づか)い。 生き物達のゆりかご、干潟を潰して陸地に変える。
その土地は経済効果も解らない?見込めない?という試算がなされているそうです。
(さめさん、この辺違っていたら チェック入れてほし!お願いします。)
計画が走出したら もう止まらない。

沖縄へ来て初日だったか2日目だったか、ブログ友で沖縄在住のご夫妻と話したとき、飛行機の窓から沖縄本島沿岸の工事や埋め立てを 悲しく眺めた事を話しました。
返って来た言葉は <沖縄の経済・産業構造>のこと、でした。
巨大地場産業を持たないため、公共事業、土木産業が 沖縄の生命線 だという現実です。

ならば、沖縄における土木工事は、すべてを開発し尽くすまで 延々、止まらない、停められない、という事になります。
来て、見て、聞くまでは 判らなかった・・・。
しかも、ご夫妻、そして 珊瑚の研究者である 別の友達、さめさんは それぞれ(別の場、話の機会で)同じような現状を教えてくれました。

内地の企業が 巨大開発プロジェクトを牛耳り、とゆうか、受注して、地元沖縄にもたらされる富は ほんのわずかなものだと言います。
現実を見ず、知らなかった私は 仰天。怒りを感じています。
国・自治体・企業がらみですべて了解済みで物事は決められていきます。
個人がどう感じようが、憤(いきどお)っても 計画は止まらない。停めて、泣くのは 沖縄の生活者なのです・・・。

構造自体をひっくり返さない限り どうにもならない?
頭を抱えてしまう。 島の自然はどうなってしまうの?
自然が観光資源ではないの?

自然がニンゲンを 見放す日が やって来るのではないか、そんな恐ろしい想像をしてしまいます。

地球上のニューカマーに、沖縄の次の世代の主役たちに<だいじょうぶだよ>と言って美しい自然を 美しいままに手渡したいです。

と・・・

なんだか 虚空に消えていく ただの絵空事、なのかなあ・・・
具体的なビジョンは示せないまま 理想だけが 宙に 浮いている・・・

私は、どんな 未来を こどもたちに 渡せるのかなあ・・・(泣)。


視覚と想像力を使って 見てきて下さいね。
ちょいと、私のパソではこれ↓リンクされてない(爆)!
グーグル画像検索、キーワード 泡瀬 埋め立て  にしたはずが・・・。
もしもヘンな画面いっちゃったら、これ↑で 跳んで下さいね(願)。

http://www.google.co.jp/images?q=%E6%B3%A1%E7%80%AC%E5%B9%B2%E6%BD%9F%E3%80%80%E5%B7%A5%E4%BA%8B&hl=ja&prmd=ivns&source=lnms&tbs=isch:1&ei=qFRmTa6fMoPCvQP_mJ3yDA&sa=X&oi=mode_link&ct=mode&cd=2&ved=0CA8Q_AUoAQ&biw=1003&bih=380




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

弾む!

2011年02月18日 11時22分29秒 | いろいろと!
こんにちは。
写真付きエントリだから、携帯から。
昨日、海見に行く途中で 会った、シーサーちん。玉(ぎょく)で遊んでる(笑)!
うちのぽむちん(愛猫)と、仲良しになりそうな…。
ぽむちんも、前足でゴルフボール転がして、猫サッカーしています。
ふたりが出会ったらば、きっと始める!
獅子杯猫杯サッカー王決定戦(笑)。
どう考えてもシーサーちん優勢。だけど、ぽむちん、おっきい兄ちゃんと遊んでもらって上機嫌だと思います(笑)。最後には、ハグして握手だね!
えっと、お互い純毛だから、ユニホーム交換は出来ません(泣)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加