チリチリリン

風にゆれる風鈴のように
こころ休まる音を届けたい

秋の玉川上水を歩く

2016年10月12日 | ウォーキング

 

久し振りの青空です。長雨で体までカビ臭くなりそうな日が続いていたので、今日のウォーキングは気持ちよかったです。距離は10キロですが、全行程玉川上水遊歩道なので、アップダウンも無し、土の道だし、晴れれば汗ばむ陽気でも緑道の木漏れ日の下は涼しくて快適でした。

”秋の”と言ってもまだ秋の景色には遠い! 朝の冷え込みと雲の上に青く頭を出す富士山が秋らしいかな?

玉川上水は都民の水道に直結で、上水の両岸は背より高い金網でしっかりガードされて、人が近づけなくなっているので、泳ぐカルガモちゃんも川岸に咲く野菊もちょっとよそよそしい感じなのが残念ですね。

家の近くを流れる野火止用水はこの玉川上水から分水されているのは知っていましたが、その前に砂川用水の分水がありました。野火止用水以外にも分水されているのを初めて知りました。

 

昭島にある多摩川上流処理場からの再生水が玉川上水に流れ込んでいます。

これによって水の無くなった玉川上水に清流がよみがえったそうです。

せせらぎのある風景は大変心地よいものなので、全国でせせらぎの復活に取り組んでいます。

ここは清流復活の先駆けとして、全国の「甦る水100選」に選ばれているそうです。

 

11時を過ぎるとベンチでお弁当を広げる人も出てきましたが、私は今日はウォーキングの他にも目的があったのでおにぎりは持ってきませんでした。

先日蕎麦屋の前に「新そば」の幟を見つけました、今日は絶対そばにしようと思ったのですが、遊歩道沿いには飲食店すら見つかりません。

ゴールの駅で蕎麦屋を検索しましたが、見つかったのは3軒のラーメン屋! 結局帰ってきて、幟を見た蕎麦屋に入りました。1時を過ぎていたので、特別美味しく感じました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 発達障害 | トップ | 大規模停電? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。