株式会社ティリオン公式ブログ

ティリオンは、
魅せるデザイン+高度なシステムであなたのビジネスをサポート、
技術系&日々のできごとをゆるくご紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ExcelでWEBコンテンツの更新(4)FTPの自動化(2)

2017-06-09 14:55:45 | IT

FTPを自動化するためには、
コマンドプロンプトで入力したコマンドを記述した、
パラメータファイルを作成します。

コマンドの手順は次の通り

open サーバ名     ←サーバに接続

ユーザ名、パスワード  ←ユーザ名、パスワードを入力

cd /public_html   ←サーバのディレクトリを変更
 
lcd c:\temp      ←ローカル(自分のPC)のディレクトリを変更
 
send table.html   ←ファイル送信
 
bye  ← FTPの終了
 
メモ帳やエディタを使って入力して、
ファイルに保存します、
ファイル名は何でもいいんですが、
ftppara.txt と付けます。
 
このパラメータファイルを実行してみましょう。
 
コマンドプロンプトを立ち上げて、
 
ftp -s:ftppara.txt
 
と入力するとパラメータファイルに記述した順番に実行するはずです、
 
「スクリプト ファイル ftppara.txt を開くときにエラーが発生しました。」と表示されたら、
保存したディレクトリに移動してから実行して下さい。
 
cd パラメータファイルのディレクトリ
ftp -s:ftppara.txt
 
ちゃんと実行できましたか?
 
あとは、この2行をバッチファイルに記述すれば、
エクスプローラでバッチファイルをダブルクリックするだけで、
FTPが起動してサーバに転送してくれます。
 
Excelでテーブルデータを書き換えてボタンを押す、
バッチファイルをダブルクリック、
 
これだけでサーバのデータを更新することができます。
 
ExcelのVBAでFTPを実行することもできますが、
ちょっと複雑になってくるので、
別の機会に説明いたします。
 
。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。
株式会社ティリオンは、
システムに強いWEB制作会社、
魅せるホームページ+高度なシステムで、
ビジネスの成功をお手伝いします。
 
こんなことできないか、と、思ったら、
まずは、お気軽にお問合せを、

miura@tirion.co.jp 担当:三浦
 
弊社では、お酒の情報ポータルサイト、
銘酒ネット(http://meisyu.net/)を運営しています。
。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。:+* ゚ ゜゚ *+:。

 

『テクノロジー』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ExcelでWEBコンテンツの更新... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

IT」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。