世界一面白いミュージカルの作り方

早稲田発小劇場系ミュージカルプロデュースユニットTipTapのブログです。
HP≫www.tiptap.jp

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

二ヶ月はあっという間

2011-06-30 02:19:09 | tiptap
大変ご無沙汰しておりましたが久しぶりに書きます。

前回のブログは四月後半に更新。
気づけばもう六月の末です。
九州じゃ梅雨も明けてます。
まだ関東は梅雨明けしてませんが昨日は猛暑日。
本格的な夏の到来をひしひしと感じます。

去年の今頃は「宇宙ダイヤモンド」の稽古で毎日芝居ざんまいでした。
今思えば本当に幸せな時間でしたね。
とはいえ仕事もせずに好きな事ばかりやってちゃ痛い目みるもんです。
お金はないし溜まった仕事は沢山あるしで大変だった気がします。

さて前回のブログにも書きましたが実は5月の頭にNYに行ってきました。
先日のトニー賞授賞式で実際に自分が観たものが賞とったりしてると
なんだか嬉しいもんですね。

今回の渡米の目的は来年の留学の受け入れ先を探す為だったんですが
アメリカというお国柄なのか来年のことなんかわかんないよって感じで
プロダクションなんかはなかなか相手にされないもんです。

それと痛感したのは自分の語学力が劣化してること。
話す事はまだしも聞き取る力が極端に落ちてますねえ。
あと一年でなんとかせねば。

当面の目標は大学院受験の為に願書を準備したり
TOEFLの勉強したりって感じですかね。
今の所プロダクションより大学院ッて感じがしてます。
めちゃめちゃお金かかるんでまたまた借金地獄に突入です。
でも自分への先行投資、一度の人生ですからお金で渋っちゃいけません。

NYでは色んな方々にお会いする事ができとても貴重な話をたくさん聞けました。
NYで活躍している日本人の方々は皆さん個性的で面白い方ばかりでした。
違う文化の中で自分の色をしっかり出して生きてるってのは
それだけで力のいる事だなって。
自分にもそれだけの強さを持ち続ける覚悟ができました。

さて何はともあれNYに行ったのですから芝居を観なくては。
10日間で観れるだけ観ようということで結局観れたのは

Billy Elliot
Rock Of Ages
Baby It's You
Memphis
War Horse
Anything Goes
The Book Of Mormon
Sister Act
The Addams Family
Die Walkure

の10本。

一番良かったのは
今年のトニー賞 Best Play War Horse

ストレートプレイでこんない素晴らしい作品には出会えるなんて思ってもみなかった。
原作は児童小説なんですが演出の世界観と馬のパペットがとにかく素晴らしい。

セットは基本的には構成舞台で大掛かりなセット転換はほとんどないのに
どのシーンも俳優やパペット、小道具が情景をきちんと描き出し
その描き方も変に現実に忠実なリアルというより
絵本の世界のように多少デフォルメされあたかも子供の目線を通して
物語を見ているかのような統一感が醸し出されているのです。
グロテスクなシーンもあえてショッキングさを狙うのではなく
かわいらしいアイディアで驚きに変えて伝えてくれる。

ファンタジーではないんですけど
実写でジブリを見ているような感じです。
実際にスピルバーグが映画かするらしんですが
舞台版には叶わないんじゃないかと思っちゃいますね。

それでまたこの原作がいいんでしょうね。
なんか普遍的な人間の美しさと愚かさが描かれてる気がします。

戦争と博愛

本を書く人間としてはいつか書き上げたいテーマですね。
あんなアイロニーに満ちたドラマティックなシーンが
書けるようになりたいですね。

パペットについてはもう見てもらうしかないんで。
Youtubeでみてください。本当にすごいんで。

この作品に出会えて本当に良かったと思うのは
初めて舞台を観て感動した記憶を蘇らせてくれたことです。
人間にこんな素晴らしい物が創り出せるんだって
この世界がとてつもなく素晴らしくかんじられた瞬間。

ぜひ沢山の人に観てもらいたい作品ですね。
他の作品のことも沢山書きたいんですが。
とりあえず今日はここまで。

二年ぶりのNY
いろんな再発見があったわけです。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加