世界一面白いミュージカルの作り方

早稲田発小劇場系ミュージカルプロデュースユニットTipTapのブログです。
HP≫www.tiptap.jp

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2016年を振り返ってみます。

2016-12-31 00:53:06 | 作・演出 上田の日記
気づけばもう大晦日です。
今年も劇場に足を運んでいただいた方々、ありがとうございました。
作品に協力して頂いた方々も本当にありがとうございました。
みなさまのおかげでこうして無事に年を越すことができそうです。

最後のブログ更新はもう半年以上前です。
あの頃は初めての俳優座劇場にワクワクしていた頃でした。

End of the Rainbow
10周年記念公演
キューティー・ブロンド

の三つのお知らせをしてましたね。
そのうちの2つは無事に幕を閉じることができました。
ありがとうございました。

今年はTipTapの活動10周年ということで
2月には劇団時代に縁のある早稲田どらま館で
TipTapとして初めての海外ミュージカル「Marry Me A Little」の上演に挑戦しました。
しかも演出家を変えての2バージョンでの上演。
ソンドハイムの難曲を歌いこなすだけでも大変なのに
それぞれの演出プランに沿ってまったく違う作品ができあがる。
なかなか面白い試みでした。

「The Dish of Life」という作品を劇団時代にどらま館で上演した際、
当時のどらま館史上最大の盆舞台を組んでしまったがために
バラしが時間内に終わらず大学側にお叱りを受け
罰として学生会館のたたき場の釘拾いをしたことが思い出されます。
社会人1年目にまさか学生と共に釘拾いをするとは・・・
今では楽しい思い出です。

その間に「エドウィン・ドルードの謎」「エリザベート」「End of the Rainbow」
と作品に携わってきました。
途中結婚式などもあり、TipTapとしてお世話になった方々に再開できたりもして
充実した時間を過ごせてよかった。

そして11月には記念公演「Play a Life」の上演。
TipTapとしては大きめの劇場での公演。
初演は50席ほどの本当に小さな空間でしたが
今回は160席を超える劇場。
3人の出演者で埋めるにはなかなかの座席数。
そして本当に繊細な作品だったのでどこまでこの空間で届くのか。
色々と試行錯誤しながらですが刷新したセットプランも相まって
お客様にはとても好評だったようで
10周年記念公演にふさわしい公演になりました。

公演期間中に4月に地震で被災した故郷熊本のためにチャリティーライブを行えたのも
みなさまの協力と思いのおかげでした。
10年間の感謝と故郷への思いをお届けすることができて幸せでした。

そして、今は「お気に召すまま」という作品の仕込み中です。
あと5日で初日を迎えます。
こうして振り返ると年始は「ダンス・オブ・ヴァンパイア」から始まったわけで
TipTap10周年の年ではありましたが
TipTap作品は2本だけ。
本当はもっともっと作品を上演したいのですが
個人的にスケジュールが調整できなくてなかなか難しいのが現実です。
これから先、もっとTipTapとして活動できるように
仕事を選べるくらい魅力的な作家・演出家になるべく精進したいと思っております。

まずは来年のキューティー・ブロンド。

今のところ来年は仕事が忙しくてTipTapとしての活動はまだお知らせできる状況にありません。
それでもなんとかねじ込むつもりです。
またみなさまにTipTapとして作品をお届けできるのを楽しみにしております。

活動10年目の年が終わろうとしています。

私が演出した作品「End of the Rainbow」をプロデュースした
CATプロデュースさんが紀伊國屋演劇賞の団体賞を受賞しました。

TipTapも団体としていつか賞を受賞できるように
これからもコツコツと続けていければと思っています。
まずは15年目を目指して。

それでは長ながと書きましたが 良いお年を。
また来年もどうぞよろしくお願いいたします。


上田一豪





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 色々とご報告 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

作・演出 上田の日記」カテゴリの最新記事