世界一面白いミュージカルの作り方

早稲田発小劇場系ミュージカルプロデュースユニットTipTapのブログです。
HP≫www.tiptap.jp

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

三部作の行くヘは・・・

2015-12-17 00:01:37 | 作・演出 上田の日記
ここに記事を書くのはなんと1年と1ヶ月振りです。
2014年の11月30日にMPUB!の記事を書いた振りです。

まず、「Play a Life」にご来場頂いたお客様、作品に携わったスタッフ、キャストの皆様、
本当にありがとうございました。

企画が立ち上がったのは今年の6月あたりだったと思います。
それから台本を2週間余りで書き上げ
キャスティングオーディションを重ね
劇場を選定してやっと作曲作業に。
曲が全曲仕上がったのは12月3日。
立ち稽古二日目だったと思います。


稽古も怒濤の8日間で9日目には小屋入り。
10日目にはプレビューを迎えておりました。
とにかくあっという間の2週間。
それは本当に夢の様な時間でした。

何はともあれ作品として皆様にお届けできてほっとしています。

2年振りの新作。
1年半振りの公演。

TipTapに身を割けない日々が続いていた中
プロデューサーに無理矢理ねじ込まれた2週間。
作品が仕上がるかの不安でしたが
本当に素晴らしいキャストに恵まれて作品を仕上げることができました。
本当にオリジナルキャストの6名には感謝してもしきれません。
このオリジナルキャストの意義についてはまたどこかで書きます。

その前になぜこんなにも期間が短かったのか・・・
それを説明しておかなくてはいけません。

そもそも今年は年明けから

「十二夜」
TipedTaped公演
「エリザベート」
「End of the Rainbow」
「Working」
「ダンス・オブ・ヴァンパイア」
「Play a Life」

と本当に休む暇なく作品を開けてきました。

「Play a Life」は今年最後の作品でしたが本当に隙間と隙間を縫って
ギリギリの状態で上演に漕ぎ着けたという感じです。
我ながらよくもまあこんなに詰め込んだなあと。
しかもこの合間に結婚、出産まで・・・
どこにも余白はなく出来うる限りのことを全てやったという感じです。

これでも会社の契約社員という立場ですから
会社のスケジュール優先なのは当然です。
その決まったスケジュールの合間に
自作を発表できる隙があればラッキー!
というスタンスでしか活動はできません。
今年は・・・普通に考えたら活動できる余裕はありませんでした。
このままではtiptapとしての活動が今年はできないのかと諦めていたのですが
プロデューサーは2週間あるなら新作上演ができる!と企画をスタートさせました。
身重でその頃には赤ちゃんを抱えているはずですが今やらなかったら
次にいつ公演ができるかわからないからと無謀にも公演を決定したのです。
まあ、結果的にはこうして皆様に作品を届ける事ができて良かったと今は思えています。

「今を生きよう」

後先考えずに必死に今できることをがむしゃらにやる。

そんな風に生きて行くことを非難する人もいるかもしれません。
計画性がないとか、大人として未熟だとか色々とご意見もあるでしょう。
でも、本当に今できることを精一杯やってみたら
想像もできないような結果が待っていることだってあるんだと思います。

無謀でも無理矢理でも諦めずに必死にやる。
それができるうちはやり続けたいなと思います。
家族が増えて責任も増えました。
それでも失敗を恐れず人がやらないことに挑戦して
結果を出して行ければと思います。

さて、「Life三部作」の次は何が待っているのか・・・
久しぶりにまたコメディーが書きたいなーとか、
このテーマ面白いなあとか色々とアイディアはあります。

でも、まずは時間を捻出しなくては。
来年も無理矢理ではありますがなんとか活動したいところです。
新作でも再演でも。
何かしら皆様にお届けできるように。

まずは、2月の「Marry Me a Little」ですね。
チケット発売も始まった事ですし。
気持ちを切り替えていきたいところです!
どうぞ今後とも宜しくお願いします。









ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日、11月11日12時より一般... | トップ | どらま館への行き方 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大変おつかれさまでした (匿名)
2015-12-17 07:45:09
そのような状況の中、あんなに素晴らしい作品に仕上げたとは、とても驚きました
プロデューサーさんの熱い気持ちも大きかったのですね

本当にずーーっと心に残る作品になると思います
ありがとうございました

上田さんに関する作品、初めて観たと思っていたのですが
思わず、エリザベートのプログラムを引っ張り出し
お名前確認しました
きっと今までもいろんな作品を観ていますね

TipTapさんの作品、初めてでしたが
とても良かったので、来年の「Marry me A Little」
観に行きたいと思っています
朝活も行きたいかも・・・

これからもがんばって下さい!子育ても♪
応援しています

コメントを投稿

作・演出 上田の日記」カテゴリの最新記事