さまざまなことども

さまざまなことども書いとります

それはまるで谷瀬の吊り橋

2017-03-08 04:08:23 | さまざま
吊り橋効果ってご存じですか?
ハラハラした時に、恋に堕ちやすいという心理学理論です。
錯覚に似たものなのかもしれません。

今日は携帯を引き取りに行ってきました。
仕事帰りなので、多少は待つかなと覚悟はしていたので、
45分待ちと言われても動じず、
お店を出て、近くのトンカツ屋さんでモリモリ食べて、再び携帯ショップへ。
そこから、30分経ち、やっと呼ばれた。
もう閉店間近。
急いでトンカツ食べてきたのに、どんだけ待たせるねん!
内心そう思っていたので、テンションが底。
愛想なく、無口になっていた。
担当のお兄さんは、粛々と作業を進めてくれていた。
携帯を交換するということで、初期化して、
データ移行して…と終了したところで、
お兄さんにお願いをした。
「フィルムを貼り替えてもらえませんか?」
わたしは、故障した携帯に上等のガラスフィルムを貼っていた。
お兄さんは躊躇していた。
100%うまくやれる保障はないと。
割れる可能性があると。
それでも、素人のわたしよりは上手いに違いない。
過去の打率を聞いてみたところ、
20回ほどチャレンジして、1回だけ失敗したことがあると言う。
それならばお願い!
割れても文句は言いません!
約束をした。
お兄さんは丁寧にはがし始めた。
一つ目の角を攻略、続いて二つ目も成功。
三つ目でつまづいた。
「左利きの人がやったら上手くいくのに」
謎のセリフを言うお兄さん。
わたしは、がんばって!とひたすら応援。
テンションが上がるわたし。
お兄さんは、割れる恐怖と闘っている。
そこまでの負担を掛けてしまっては申し訳ない。
「そこからは私がやります!」
そう言って、引き受けた。
わたしの中の慎重を引っ張り出して、そろそろと剥がしにかかる。
そうするとパカっと、綺麗に剥がれた。
やった〜!
2人で心から喜んだ。
この最中、テンションが上がるわたしにお兄さんが、「吊り橋効果ですね」と言った。
うん?これで恋に堕ちるっていうこと?
確かに危機を一緒に闘って、ハラハラを共有すると、そういうことになるかもしれないな。
一瞬そう思ったけれど、スルーした。
きっと、お兄さんは吊り橋効果の意味を分かっていないに違いない。
でも確かにあの数分は、気持ちのベクトルが同じだった。
上手く剥がれて!割れないで!
全ての行程が終了し、お店を後にするときは、
確実に連帯感と親しみが湧いていた。
不思議なものです。
そして、妙に楽しかった。
お兄さんも、
「今日はこれで最後だけど、最後にいい形で終われたので、いい一日でした」と送り出してくれた。
「終わりよければ全て良しですね」
そう言って立ち去るわたし。
わたしにとっても、いい一日になりました。
はぁ〜、ドキドキした〜。

さて、本日も食日記は失敗。
朝はコーンフレーク。
昼はお手製の餃子弁当。
夜はトンカツ屋さんで、てんこ盛りのトンカツ祭り。
食べ物の代わりに猫の写真を載せておきます。

それにしても、いい一日でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニュー大阪 | トップ | 一日を振り返る »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。