さまざまなことども

さまざまなことども書いとります

青春あれこれ

2016-10-25 01:11:31 | さまざま
今日のブログを書きましょうと、スマホを片手に・・・
あり?スマホがない!!
家中、ありとあらゆるところを探しても見つからない。
は!!
遅くなった帰りに寄ったラーメン屋さんのカウンターに置いた記憶がある。
取りに行くしかない。
リラックスウェアからまた着替えて、夜中だというのに出かけてきました。
無事にゲットして帰ってきました。
何をやっとるんだ。

さて、『ニューヨークの巴里夫(パリジャン)』を借りて観ました。
ニューヨークの巴里夫(パリジャン) [DVD]
クリエーター情報なし
オデッサ・エンタテインメント

PG12作品です。
parental guidanceといって、12歳以下の子は保護者の指導が必要。
親も説明に困るようなこと満載な作品でした。
主人公は、グザヴィエというパリジャン。
この作品は、『スパニッシュアパートメント』『ロシアンドールズ』に続き、
グザヴィエ青春三部作の完結編。
若き主人公ももう40を過ぎ、結婚して10年を経て、
自分が引き起こしたことで三行半を突き付けられて、
元妻と子供を追ってニューヨークに住むことになる。
永住権を手に入れるために、法的にもどやねんということもやってしまったり、
子供のことに精いっぱいだったり、元さや話も出てきたり、
ゴタゴタが満載なんだけど、40代になっても描かれているのが青春模様。
なんか、いいなぁ。
三部作を通してみると、主人公演じるロマン・デュリスさんのことが好きになる。
困った人だけど、笑顔が素敵。
笑顔見たさに何回も繰り返し観てしまう。
50代になっても青春を生きていて欲しいなぁ。

今日の朝ごはん。

ごはん
豆腐とえのきだけとわかめのお味噌汁
白菜とハムの炒め物
みかん

デジャヴのようなごはんになってる・・・。
そろそろバリエーションを増やしたいと思う今日この頃です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年齢は相対値 | トップ | バーチカルな暮らし »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。