tiny-voice

idle-talk

新潟県糸魚川

2017-03-21 09:12:11 | went
19,20日の糸魚川。
「ドリアン助川と行く糸魚川ツアー」に参加して来ました。

初日の衣は、濃紺とアイボリーで雪どけの山になった気になり、
二日目は、ミルキーホワイトと織部色を纏ってみたのでございます。
パーカーとかだけど。
完全な普段着だけど。

麗しい奴奈川姫が住まわれる所。
地球のダイナミズムを体感できる場所。

コーディネートして下さった 方の柔らかく親切な解説や先導。
フォッサマグナミュージアム館長の解説に、一同は虜になりました。
翡翠の色の理由や、液状化することは、皆さん絶体に忘れないと思います。

雪が残る山と日本海がこの地の恵みなのです。
その恵みに育まれた人たちが生きている町なのです。
4月10日は奴奈川神社のお祭りです。
行くかも。お祭り。
ホントにまた行くかも。

大火災の恐怖や悲しさは、自然災害とは違う苦しさが残されていると思います。

それでも。
やっぱり夕となり、朝となり、変わってしまった日常という日が生まれます。
がんばれがんばれと、暖かい陽上ります。

二日間、一緒に笑って下さった糸魚川の方々も、楽しい時間だったと思ってくれたらいいな。
笑っているうちに、傷が少しずつ治るといいな。

春の海は滑らかなジェイド色でした。







二日間の充実と高揚は、今日の私を生かしてくれるのです。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本が好き | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。