生き物ウォッチングが好き

野鳥、獣、虫、クジラ・イルカ、その他身近な生き物等の観察日記です。テリトリーは、概ね仙台市周辺です。

赤い足を見たのに幸せは来ない

2017-06-17 19:19:00 | 野鳥
本日午前中は昨日同様、知床ネイチャークルーズに乗船した。乗るや否や、今日はマッコウクジラの情報がある、とその海域に直行。が、水中マイクでクリック音もなしということで撃沈……(/o\)。が、ミンククジラ、イシイルカはバッチリ、シャチは時間なしで探せず。

午後は知床峠を越えてウトロへ、ゴジラ岩観光のヒグマウォッチング船に乗船するため。向かう前にwebで確認すると、霧で条件付き出航とのこと。ん?、それ何?、現地で確認すると、霧の状況によっては途中で引き返すこともありとのこと。た、確かに羅臼と違って、霧が結構立ち込めている。

霧の中出航、霧は若干薄くなったり、濃くなったりの繰り返し。そんな中、ケイマフリを複数観察。ケイマフリのネーミングは、足の赤い鳥。赤い足を見ることができると、幸せになれるという言い伝え?があるらしい。赤い足見えたぞ!、じゃ、ヒグマも霧が晴れて観察できるはず。強く強くそれを願ったが、叶わず……(ToT)。濃霧で船長判断で、今一歩というところで引き返すことに……(/o\)。帰路もケイマフリの赤い足は見えたのの、ヒグマウォッチングは撃沈。

(PS)
ポイントまで行けなかったということで、乗車料金が半分弱返納された。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シャチは国境を制す | トップ | 北の大地のアニマルウォッチ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野鳥」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。