生き物ウォッチングが好き

野鳥、獣、虫、クジラ・イルカ、その他身近な生き物等の観察日記です。テリトリーは、概ね仙台市周辺です。

ギンザンマシコならぬナンザンマシコだな

2013-06-15 17:58:00 | 野鳥
本日は北海道フェリー探鳥会のメインイベントのギンザンマシコに逢いに行く日、日本ではここだけで繁殖が確認されている、レアもレア、チョーレアな探鳥。昨晩は、ワクワクしながら早目に布団に入った。

鳥見は毎度早朝から、5時半前に集合だがそれまで1散策しようとと4時前に起床。目覚ましで目を覚ますと、なんだかザーザー降りの雨音がする、ガァーン…………(TT)。が、確認すると雨音ではなく、宿の脇を流れる川の音だった…………(^^;…………小雨は降っていたが、それほどでもなし。

集合時間になって、いざ、旭岳ロープウェイへ。始発に乗って、姿見の池周辺で昼前までギンザンマシコ探しの予定。が、が、強風で始発運休とのこと、再開の見通しは不明とのこと。ギンザンマシコ、高山で繁殖するコウザンマシコというイメージがあったが、山へ登るのが難しいナンザンマシコ(難山猿子)なのか…………(^-^;……(T-T)。諦めきれず、時間一杯まで、運行を待つことに。運よく、約1時間で運転再開、これでギンザンマシコに逢えるかも。

が、が、ギンザンマシコはやっぱりナンザンマシコだった。ロープウェイを降り立った姿見池周辺は暴風雨、これではロープウェイも運休するわなぁ。でもでも、逢いたいギンザンマシコ、皆で暴風雨、残雪に負けず、いざ散策開始。が、が、またまたナンザンマシコだった、暴風雨の中、歩いたのに一部の人が飛ぶのを一瞬見たかどうかで終わってしまった……(/_;)/~~……これで終わりなんて寂しすぎる。残りの時間は、有志で時間が許す限り、出そうなポイントで粘ってみることに。一時治まった暴風雨がまた時々酷くなる。体が冷えてきて、タイムリミットも迫る。こりゃ、またの
楽しみにかなと思った瞬間、いるいるという言葉が、なかなか探せなかったが、最終的に現場へいた皆で堪能
…………\(^_^)/。暴風雨かつ時間がなくかつコンデジだったので、写真は思い出ていど、が、目標達成…………\(^_^)/。

ところで何でこんな高山に、ハクセキレイ、キセキレイが残雪の上にいるの?、凄く不思議……?!(・◇・;)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北の大地で生き物ウォッチン... | トップ | カイジュウたちがいるところ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。