生き物ウォッチングが好き

野鳥、獣、虫、クジラ・イルカ、その他身近な生き物等の観察日記です。テリトリーは、概ね仙台市周辺です。

仙台のコムクとムクの繁殖の棲み分けは?

2017-05-17 18:32:23 | 野鳥
出身の山形市内では、ちょっとした樹洞で極々普通にコムクドリが繁殖している。同じ仲間のムクドリとの繁殖の棲み分けは?、山形ではコムクドリは樹洞、ムクドリは人家等の人工物の隙間のように思う。そんなわけで、場所によってはコムクドリが普通、ムクドリはどこ?のような場合もある、過大表現かもしれないが......(^_^;)。

在住の仙台ではムクドリは極々普通、コムクドリは少な目、たぶん、標高の差があるのだと思う。繁殖の棲み分けは?、山形と同じかと思っていたが、毎度散策の通勤都市公園では、なんとムクドリが複数カップル樹洞で子育てしている。本日現在、樹洞利用×4、人工物×1の利用を観察、明らかに樹洞を利用している。過去にはコムクドリも樹洞で子育の記録あり、たぶん、樹洞の入口の大きさが若干小さく、ムクドリが利用できない大きさだったのだと思う。そんなわけで仙台のコムクとムクの繁殖の棲み分けは樹洞の入口大きさなのかなと思っていたら、その後、スズメが横取りしてしまったよう。先日、広瀬川沿いを散策したところ群れがいたので、川原にある樹洞で繁殖しているのだろうが。今朝は、珍しくコムクドリのカップルを観察。もしかして、当地での繁殖復活?、通りすがりの可能性もあるけど、繁殖してくれたら嬉しいな.........(#^.^#)。

MF(マイフィールド)散策記録は、ほぼウィークデー更新中
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ギョギョギョ!、オオカエデ... | トップ | ハヤブサの縄張りってどれぐ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。