生き物ウォッチングが好き

野鳥、獣、虫、クジラ・イルカ、その他身近な生き物等の観察日記です。テリトリーは、概ね仙台市周辺です。

ナベヅル、ホシムクドリの目撃例が増えてもいいのでは?

2016-12-13 16:49:35 | 野鳥
先週金曜から病んでいて、こたつむり5日目、根っからの散策好き、出歩けないのは毎日が毎日が辛い.....(T_T)。今日はやや良くなってきたっぽく、久しぶりにパソコンに向かった。

目についたのは、以下の隣県の山形でナベヅルが観察されたという記事。

群れとはぐれた? 絶滅危惧種のナベヅル、酒田飛来

日本ナベヅルは、冬季鹿児島県出水市に定期的に大きな群れで渡ってくる。一極集中は伝染病等に弱いということで、分散対策等でここ最近、九州、四国でも見られるようになったらしい。それに似ているのは、過去にミヤマガラス・コクマルガラスがいた。今では、以下に書いたように極々普通の旅烏こと冬鳥になっている。

コクマルガラスは鳴き声で探せるが、ホシムクドリは?
ホシムクドリはいないの?、見落としの可能性は?

ここにも書いたように、今後目撃例は増えるのはホシムクドリもではないかと思っている。図鑑を見ると、繁殖地はミヤマガラスとやや似ている、より北側で面積が小さいが。ナベヅルも、ミヤマガラスと繁殖地の分布が似ているような。もっとも、以下で書いた情報もあるので、ホシムクドリとミヤマガラスを一緒にできないかな。

旅烏は増えてのではなく戻ってきたのか

今後も、ムクドリに群れを見たら、もしやホシムクドリが混じっていないか?、念入りに探していようと思う。シベリアムクドリ、ギンムクドリでもいいしね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お水飲みたいの?ジョビ太くん? | トップ | みーつけたー!、ドロツグミ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野鳥」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。