☆TorashigeItoBlog -いとしげぶろぐ-☆

役者・伊藤十楽成がお送りする 猪突猛進型ブログ    since 2005

関ケ原へ想いを馳せて

2016-10-15 06:48:42 | 【日常】
今日、明日は毎年恒例! 関ケ原合戦祭りが開催されます。


2010年、そして違う形で2011年と合戦祭りに参加させて頂いた者として、やはり現地にいなくともお祭りの動向は気になるものです。きっとすごい人出だろうなぁ。




今日は、今年の夏にそんな関ケ原町を訪れた際の様子を振り返ってみたいと思います。

朝早い時間の数時間だけでしたが、懐かしの景色を楽しんでまいりました。
初めてこの地を訪れた時のような、まっさらな気持ちで♪


JR関ヶ原駅を出ると、目の前に合戦における東西のリーダーの豪胆なイラストがお出迎え。




すぐ横には駅前観光所!



……しかし、自分の知っている頃の観光所と門構えがまるで違ぁーーーう!!!!

どうやらお土産屋さんが併設しているようです。
以前は案内所とは別の民間のお土産屋さんがありましたが、町自体が大々的に駅前ショップを立ち上げられたようです。

時間が早すぎる為、まだ開店前…。



自販機も、合戦の屏風絵をあしらった粋な関ケ原仕様!




笹尾山へ向かうメインルート、線路脇の坂道には家紋がずらりと並びます。








東首塚入口付近。
二度目のビックリ。草木が丁寧に手入れされ、中の様子をうかがいやすくなっていました。





徳川家康最後陣跡。
またまたビックリ。どこのゴルフ場ですか!?というくらいに整備が行き届いた、足を踏み入れやすい公園に様変わりしていました。
いや、もともと公園の扱いでしたが、もうちょっとこう、雑多な自然そのもの、という感じな場所でしたので。。



案内板から何から、初心者にも優しいカンジに変貌を遂げていましたよ。





ささ、再び笹尾山へ向かうことにします。

この季節は田んぼの緑と空の青さのコントラストがとても美しく際立っていました。








喉乾いたな。
あ、そういえば旧北小学校(笹尾山交流館)の近くにローソンがあったな。と思い立ち寄ってみました。が…




まさかの閉店!(笑) これは事前に調べておくべきだったかな~。
(現在はココカフェさんの場所からさらに東の21号沿いに移転オープンしています)



決戦地の碑に到着。




……んん? 決戦だと!? そういえばこの場所ってもしかして…
ここで例のあのアプリを起動!



やっぱり(笑)。

(さらに先程の徳川家康最後陣跡、そして関ヶ原駅もジムなのでありんす☆)








ヤギさん達、フォーエバー…。







笹尾山到着~。

馬防柵を抜けて…




この階段の細道を抜ければ…





笹尾山~☆☆

見よ! この風景!! 飽きのこない景色ってすばらしい。




忘れずに、初心に戻って案内板の音声に聴き入ります。




しばし脳内と心のときめきをぐるぐるさせまして、時間の都合でせわしなく駅に引き返しました。







ちょうど駅前案内所が開店時間となっていました。



車で訪れる方の多い観光地ではありますが、自分のような電車民にとって、駅目の前にデンと構えた案内所・売店・休憩所があるというのはものすごい安心感があります。
そこも、初心者に優しい。




いや~、店舗スペースも広々として快適♪



武将のイラストもどんどん種類が増えてます。思い入れのある武将がイラストになれば嬉しいですよね。




おや、何やら見覚えのある衣装が(笑)。

デジタルサイネージと共に丁寧に飾られていました。





100円ドリップコーヒーの自販機もありました。

ちょいと一休みにもってこい。節約派の方もどうぞご利用くださいませ。





家康関連グッズの一角があったので、お土産いくつか買わせて頂きました☆



歴史へのリスペクトを保ちながら、着実に観光地として進化を遂げる関ケ原町。


関ケ原合戦祭りは、そんな関ケ原を楽しむキッカケとして、もってこいの一大イベントです!


飲食店やカフェ、とっておきのB級スポットもありますし、
何ならもちろんそれほどお金をかけずに楽しむことも出来ますから、まずは試しに一度訪れて、あの雰囲気を肌で感じてみてほしいですね。


そしてもし気に入って頂けたら、二度三度とまた気が向いた時にでもふらっと立ち寄って頂ければ、と。


今年の合戦祭りも大成功!となりますよう、江戸の地から祈っております☆
『岐阜県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今月のお題「最近起きたドラ... | トップ | 今月のお題「キラキラ橘商店... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL