☆TorashigeItoBlog -いとしげぶろぐ-☆

役者・伊藤十楽成がお送りする 猪突猛進型ブログ    since 2005

今月のお題「キラキラ橘商店街、僕のイチオシのお店はこちら!」

2016-11-09 13:02:44 | 【シアターキューブリック】劇団活動
ハイッ! シアターキューブリックの「明日から本気出すから!!」こと、いとうとらしげです。


今週末の「ドラ街ック商店街」まであと3日!


舞台となるキラキラ橘商店街、昭和を生きた世代には懐かしく、今どきの皆さんにも新鮮な、魅力溢れるお店が多いですよね。


そんな中、私めがチョイスしましたお店は!!


「惣菜 たかはし」さん~☆☆




カウンターに並んだ出来立てのお惣菜の数々! よく見ると品揃えも豊富!




単品でも購入できますが、このお店の最大の魅力は、好きな品物2品を選んでオリジナルのワンコインお弁当にできるのです!


個人的には、お魚一品と、お野菜を頼むことが多いですかね。



或いは、もう四十路ですから、お野菜2品を選ぶことが多くなりましたねぇ…(笑)。



ハツラツおかみさんが名物の惣菜たかはし、キラキラ会館のすぐ近くですので、営業していた時は是非是非お立ち寄りくださいませ~☆

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

関ケ原へ想いを馳せて

2016-10-15 06:48:42 | 【日常】
今日、明日は毎年恒例! 関ケ原合戦祭りが開催されます。


2010年、そして違う形で2011年と合戦祭りに参加させて頂いた者として、やはり現地にいなくともお祭りの動向は気になるものです。きっとすごい人出だろうなぁ。




今日は、今年の夏にそんな関ケ原町を訪れた際の様子を振り返ってみたいと思います。

朝早い時間の数時間だけでしたが、懐かしの景色を楽しんでまいりました。
初めてこの地を訪れた時のような、まっさらな気持ちで♪


JR関ヶ原駅を出ると、目の前に合戦における東西のリーダーの豪胆なイラストがお出迎え。




すぐ横には駅前観光所!



……しかし、自分の知っている頃の観光所と門構えがまるで違ぁーーーう!!!!

どうやらお土産屋さんが併設しているようです。
以前は案内所とは別の民間のお土産屋さんがありましたが、町自体が大々的に駅前ショップを立ち上げられたようです。

時間が早すぎる為、まだ開店前…。



自販機も、合戦の屏風絵をあしらった粋な関ケ原仕様!




笹尾山へ向かうメインルート、線路脇の坂道には家紋がずらりと並びます。








東首塚入口付近。
二度目のビックリ。草木が丁寧に手入れされ、中の様子をうかがいやすくなっていました。





徳川家康最後陣跡。
またまたビックリ。どこのゴルフ場ですか!?というくらいに整備が行き届いた、足を踏み入れやすい公園に様変わりしていました。
いや、もともと公園の扱いでしたが、もうちょっとこう、雑多な自然そのもの、という感じな場所でしたので。。



案内板から何から、初心者にも優しいカンジに変貌を遂げていましたよ。





ささ、再び笹尾山へ向かうことにします。

この季節は田んぼの緑と空の青さのコントラストがとても美しく際立っていました。








喉乾いたな。
あ、そういえば旧北小学校(笹尾山交流館)の近くにローソンがあったな。と思い立ち寄ってみました。が…




まさかの閉店!(笑) これは事前に調べておくべきだったかな~。
(現在はココカフェさんの場所からさらに東の21号沿いに移転オープンしています)



決戦地の碑に到着。




……んん? 決戦だと!? そういえばこの場所ってもしかして…
ここで例のあのアプリを起動!



やっぱり(笑)。

(さらに先程の徳川家康最後陣跡、そして関ヶ原駅もジムなのでありんす☆)








ヤギさん達、フォーエバー…。







笹尾山到着~。

馬防柵を抜けて…




この階段の細道を抜ければ…





笹尾山~☆☆

見よ! この風景!! 飽きのこない景色ってすばらしい。




忘れずに、初心に戻って案内板の音声に聴き入ります。




しばし脳内と心のときめきをぐるぐるさせまして、時間の都合でせわしなく駅に引き返しました。







ちょうど駅前案内所が開店時間となっていました。



車で訪れる方の多い観光地ではありますが、自分のような電車民にとって、駅目の前にデンと構えた案内所・売店・休憩所があるというのはものすごい安心感があります。
そこも、初心者に優しい。




いや~、店舗スペースも広々として快適♪



武将のイラストもどんどん種類が増えてます。思い入れのある武将がイラストになれば嬉しいですよね。




おや、何やら見覚えのある衣装が(笑)。

デジタルサイネージと共に丁寧に飾られていました。





100円ドリップコーヒーの自販機もありました。

ちょいと一休みにもってこい。節約派の方もどうぞご利用くださいませ。





家康関連グッズの一角があったので、お土産いくつか買わせて頂きました☆



歴史へのリスペクトを保ちながら、着実に観光地として進化を遂げる関ケ原町。


関ケ原合戦祭りは、そんな関ケ原を楽しむキッカケとして、もってこいの一大イベントです!


飲食店やカフェ、とっておきのB級スポットもありますし、
何ならもちろんそれほどお金をかけずに楽しむことも出来ますから、まずは試しに一度訪れて、あの雰囲気を肌で感じてみてほしいですね。


そしてもし気に入って頂けたら、二度三度とまた気が向いた時にでもふらっと立ち寄って頂ければ、と。


今年の合戦祭りも大成功!となりますよう、江戸の地から祈っております☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今月のお題「最近起きたドラマチックな出来事」

2016-10-09 23:45:53 | 【プロ野球】横浜DeNAベイスターズ等
私的ドラマチックなことーーー!!!!!

そりゃモチのロン、横浜DeNAベイスターズ、球団史上初のクライマックスシリーズ進出に決まってますがな。

しぃえす? ぽすとしぃずん?? 何それおいしいの???状態だったベイスターズファン。

パ・リーグが先行し、セ・リーグも追随する形で2007年から始まった日本シリーズ進出権を賭けた戦い。

10年連続でCS進出してるようなオレンジ色のチームもある中、12球団で唯一、経験の無かった我が横浜が、

遂に…

遂に…


遂に!!!




決定の日、横浜の街は当然ながら歓喜と涙に包まれました。










しかし、その翌日、嬉し涙は一転して涙雨へと変わるのです。






いつかはこの日が来るとは分かっていましたが、実際来てみるともうこんなにもショックなことがあるものなのかと………。



言うまでもなく、誰もが認めるハマの大エース。

最終戦のチケット列には最長で11時間も待った方も居たりして。






今年はラミレス監督就任に始まり、本当に中身の濃い一年でしたが、特にシーズン終盤のここ一ヵ月くらいの間に、いろんなことがありすぎて、今年のことは後々語り草になりそうです。


三浦投手の現役が25年、僕のホエールズ・ベイスターズファン歴が26年ということでまさにベイスターズファン人生は三浦投手と共にあった、と言っても過言ではありません。



CSは今日までで一勝一敗の五分。

明日勝てば、マツダスタジアムでのファイナルステージに進出となります。


そんなわけで……




明日、最高にドラマチックな試合を観戦してきます☆

番長も今シーズンはまだ兼任コーチなので、ベンチにいるはず。


球場でベイスターズを応援し始めて、早や14年。

勝っても負けても、応援生活のひとつの節目となる試合になることは間違いありません。


悔いのないよう、楽しんできます。



☆☆★頑張れ、横浜DeNAベイスターズ!!!!!★☆☆

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今月のお題「私のまちの歩き方」

2016-09-09 23:59:47 | 【シアターキューブリック】劇団活動
初めて行った旅先。

まずは行っておきたい目的の場所というのがあったりするので、まずはそこへ向かって最短距離を行きます。

初めての景色なので、当然ながら新鮮。


そして時間のある時や、二回目に訪れた時。

区画整理で新しくできた大通りをあえて外して、裏道や旧街道を歩いてみます。

すると・・・おそらく心がこれを求めていた!という光景に出逢えることが多いのです。


シャッターチャンスが多く、気付けばスマホの空き容量がどんどん減っていきます(笑)。



何度も訪れて慣れっこになってしまうと、なんとなく「お気に入りのルート」が出来ていることもありますね。

「あ、あのお店が変わってる!」「ここの家いつの間に○○に!」は定番。


時間や天気で趣が変わるのもいいですし。ストリートビューだけではない楽しさが実際のまちあるきにはあるので、これからも楽しくまちを歩き続けます!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【閲覧注意!】まだ間に合う自由研究!?

2016-08-23 21:09:40 | 【旅】フ~テンの十楽さん


ハァ~イよい子の皆さん、夏休みの宿題は進んでますか~?


もし、やんごとなき事情でまだ自由研究がひとつも出来てない!というお子さまへ、とっておきのスポットをご紹介しま~す。

なお、もう出来てるに決まってんだろ、て人は、来年の自由研究にご検討ください(笑)。


場所は静岡、伊豆急行!



時折きれいな海を眺めながら、南へと進みます。




ハイッ、河津駅にとうちゃ~く。




駅前からのバスの時間に合わなかったので、タクシーを使いました。
(そんなに目ン玉飛び出る料金ではありませんので。)


やってきましたのは、体験型動物園『iZoo(イズー)』。

・・・伊豆の動物園だから・・・



動物園と銘打っておりますが、ここにいる動物はほぼ爬虫類ばかり。

ご家族連れでけっこうな賑わいぶり。

おそらく、自由研究のためのお子さんも多いと思われます。


さあ、ここから先は【!!閲覧注意!!】ということでご承知置きを。


それでは、いってみましょ~☆







ダーーーン!!!



バーーーン!!!



ドドーーーン!!!



いちおう断っておきますと、ケースにちゃんと入ってます。

それぞれ説明書きも掲示されてるので、予備知識がなくても大丈夫。


通路上にもちょっとした自然の中を歩いているかのような演出になっております。



太古の亀?






こちらの亀は餌を食べてますね。



そうなんです。こちらのコーナーは売ってる餌をあげたり、亀を抱いたり撫でたりできます。
(触ったあとは消毒を忘れずに。。)



餌のあげ方によってはこんな激しい奪い合いに(笑)。





屋外に出ました。

水辺の癒し。



こちらの池の亀にも餌あげが出来ます。



一斉に群がる群がる(笑)。




亀のレース場。実際に順位をあてて楽しむことができます。
実況のお兄さんもレースを盛り上げてくれますよ。






のんびり回って賞味1時間くらいだったと思います。(書き物などしてるともっとかかると思いますが)




さて、我がブログでグルメ的要素に触れないわけにはいかない! という事で…

たぶん人生で初! ワニ肉を食しました!!




から揚げの中のワニ肉は、ぷにぷにコラーゲンたっぷりそうな見た目と舌触り、但し歯ごたえものすごい、そんな感じでした。
食べる前は想像のつかなかったワニ肉でしたが、なかなか美味しかったですぜ!





館内のどこに居ても、「♪思ったよ~り触れるよ~ イズーはいずこだ(イズー!イズー!)」という曲が流れ続けており、それがまたやたらと耳に残るなぁ~、と思っていたら、作詞作曲ヒャダインだった!
(静岡ではもともとCMで有名だそうで)


自由研究のために、もちろん一風変わった動物スポットを楽しみに、皆さんどうぞiZooへ!!!



※写真は全て昨年撮影したものです。




■体験型動物園体験型動物園『iZoo』
静岡県賀茂郡河津町浜406-2
伊豆急行河津駅からタクシーで約5分
営業時間 9:00~17:00(最終入園16:30)
大人(中学生以上)1,300円 小人(小学生)800円 幼児(6歳未満)無料
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

靖国へ行ってきました。

2016-08-17 16:43:16 | 【日常】
8月15日は終戦の日。


先の大戦だけでなく、近代日本の建設と、その独立を守り抜く為、尊い一命を捧げた人々(=英霊)が祀られている、靖国神社へ行ってまいりました。

東京に長いこと住む間、神社前を自転車で走り抜けたことは何度もありましたが、きちんとお参りをしたのはこの日が初めてでした。




市ヶ谷駅から徒歩10分くらい。第二鳥居から境内へ。青銅製の鳥居としては日本一大きいそうです。

まずはお清めの水をいただきます。




神門には半旗が掲げられていました。
菊の御紋章がすばらしい。








慰霊の参拝客の列がとても長く、遠方からお越しとみえる方も大勢いらっしゃいました。



平和と、戦争を回避する誓い。どこの国でもやっていること。

それと同時に、平和のために命を捧げた英霊への感謝を表すこと。どこの国でもやっていること。




神社ですので、おみくじも引きました。(→小吉、いただきました!)




時間もあったので、正式参拝へ。





御朱印もいただきました。
桜の朱印帖とてもいいですね。





書籍もいくつか購入。
ステレオタイプの誤解や偏見がなくなる日がくることを願います。





都合があえば、秋の例大祭の折に再訪したいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【上演記録】『伊藤十楽成 旅のナビゲーター ~とらしげ三都物語~ 』

2016-08-11 20:28:25 | 【活動】日々の俳優活動について
自主企画ワンナイトイベント第5弾
『 伊藤十楽成 旅のナビゲーター ~とらしげ三都物語~ 』





伊藤十楽成、敷名めぐみ、河野結が、それぞれの故郷を巡る素敵旅!
・・・いや、ただの珍道中かも!?
お馴染みサポートゲストの斉藤悠と共に、いつもより映像多め(当社比)の内容でお贈りいたします。
夏の夜のひととき、ご一緒に旅へと出かけませんか?





■出演 伊藤十楽成
 サポートゲスト出演 斎藤悠
 映像ゲスト出演 敷名めぐみ、河野結
 
■日時 2015年7月23日(土)18:30~22:00頃

■会場 カップ酒・缶詰バー『キハ』
 東京都中央区日本橋堀留町1-6-11





■メニュー
 ・『とらしげ三都物語』上映
  コメンテーター:伊藤十楽成 斎藤悠

  『三都物語~出雲~』
  映像出演:伊藤十楽成

  『三都物語~京都~』前編・後編
  映像出演:河野結 伊藤十楽成

  『三都物語~広島~』前編・後編
  映像出演:敷名めぐみ 伊藤十楽成

 ・とらしげ旅のデザイナー「あなたの旅の思い出を記念切手にしました!」

 ・ファイナルじゃんけんタイム!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遅れ馳せながら・・・自主企画イベント終了!

2016-08-11 20:06:57 | 【活動】日々の俳優活動について
自主企画イベント第5弾『とらしげ三都物語』もう先月ですが、無事終了いたしました。(ご来店の皆さんありがとうございました!!)


これまで、斉藤悠さんと共にサポートゲストとしてイベントを盛り上げてくれた敷名めぐみが今回は当日参加できないことや、以前から「旅」をテーマにしたイベントが見てみたい、といったご意見を頂いていたこともあり、いろいろな状況が重なっての、映像を主体とした今回のスタイルとなりました。

企画の段階では、苦肉の策、とも言える部分もありましたが、そこはそれ、京都、広島、出雲といった土地が持つ魅力や、映像出演で広島のオススメをたくさん紹介してくれた敷名めぐみ、そして初オファーを快諾してくれた河野結にも京都のメジャーやニッチなオススメをいっぱい紹介して貰い、そして故郷・出雲においては親族出演という切り札を用い(笑)、終わってみれば見どころ盛り沢山の映像が出来上がりました。
悠さんもすっかり僕の扱いに慣れてきて、嬉しい限りです(?)。

見どころ沢山すぎて、良くも悪くも長めの映像になってしまいましたが(笑)。ご覧頂いた皆さんご協力誠にありがとうございます~。

(あれでも収まり切らずに泣く泣く全カットしたシーンも・・・映像制作のプロの方々のご苦労を少しばかり垣間見た気がいたします。)


参加頂いた皆さん、例のアレ(笑)については鋭意制作中ですので、しばしお待ちを!


最後に、カップ酒&缶詰バー「キハ」今回もお世話になりました。人形町へお立ち寄りの際はちょいと一杯! どうぞよろしくお願いします☆
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今月のお題「引っ越しの思い出」

2016-08-09 20:22:32 | 【シアターキューブリック】劇団活動
高校を卒業して、実家から大阪へ。初めての引越し。

自分専用の家財道具をあれこれ買う。新生活へのワクワク感。

しかし、荷物の運搬から何から、親が居なければ何も出来ず(笑)。

一人暮らしを初めてからも、右も左も分からぬ都会暮らし。

地元では一人だとどこへ行くにも基本的に自転車。なので大阪でも自転車。たまに乗る電車で、御堂筋線から地下鉄の別路線へ乗り換える時にもわざわざ一度改札を出てきっぷを買い直してたのはいい思い出。



さらに大阪でもう一度引越し。さすがに業者さんに依頼。

この頃は初めてのアルバイトで産○新聞の配達やってたました。途中に例の大震災があり、一緒に配ってた神戸新聞が翌日からがらりと紙面が簡素になった時の衝撃。忘れられません。



そして東京への大引越し。荷物がいつまでたっても捨てられないのを見かねて、実家から両親が大出動。東京までの引越しにも付き合わせてしまいました。

初めて新宿の街を目の当りにした時、人の数にただただ圧倒されるばかり。

で、移動はやっぱり自転車(笑)。
鉄道好きの気質があったとはいえ、あくまで基本は節約でしたから。


劇団へ入り数年後、必要にかられて初めて迎えた引越し。

その後何度か繰り返した引越しでは、毎度のように劇団員たちに助けてもらいました。


モノが捨てられない性分でしたが、東京以降の引越しでは、そのタイミングでは少しづつ物を捨てていくことを覚え出しました。

決定的だったのが、5年前の東京→大垣(岐阜)への長距離引越しの時。この時が最も断捨離がはかどりました。
引渡し日の時間オーバーしてまで荷物を捨てまくっていたので、当時の大家さんにはご迷惑お掛けしましたが。


・・・というわけで、人生の半分は引越しと共にあったと言っても過言ではありません。確実に生活が変わる転機ではあったと思います。



で、あれから数年。。。またモノがちょっと増えてきておりますねぇ(汗)。次の引越しがいつになるかまだ分かりませんが、次こそは慌てないよう、レッツ断捨離!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今月のお題「忘れられない地域のお祭り」

2016-07-09 20:42:03 | 【シアターキューブリック】劇団活動
東京の全国区のお祭りとは比較にならないほど規模も小さく人出も少ないけど、実家の町内にもお祭りありました。かな~り昔にも何度か書いたような。。


近所を流れる川で灯篭流しをやるのです。小学生くらいの頃、自作の登録づくりは毎年の恒例行事。

本体は実家の商売で出た発砲スチロールを再利用。
当時流行りのマンガ絵か何かを半紙に書き込んで。超安上がりのお手製灯篭です。
川沿いの一定の区間を流すので距離もそれほどではなく、これくらいで十分でした。

寧ろ手のこんだ灯篭の方が先に沈没したりして。途中、蝋燭の火が消える罠もありますが、最後まで無事だったと思います。

今もお祭り、やってるのかな?


30~40年前、出雲の商店街やデパートは夏場の土曜夜は延長営業をやっていたので、田舎でも土曜の夜は外が賑わっていましたね。延長営業と言っても夜10時くらいまでの話です、8時くらいにはどこも店じまいしていたと思いますから。

そういう日は縁日の出店もいろいろあって。金魚すくいと綿菓子には目がありませんでした。


母方の実家近くの不動尊のお祭りでやる灯篭流しは、もう少し大きな川でたくさんの灯篭を流していたので、更に情緒的な光景でした。


そこでも更に規模の大きい縁日が出来上がっていて、やはりお面や射的、スーパーボールには目もくれず、金魚すくいと綿菓子ばかりやっていたような子供時代でした。


東京やその周辺の商店街や小さめの神社でやってるような夜祭には、ちょっと近い雰囲気を感じるのです。


子供の頃には気にしなかった、お祭りが受け継がれてきた意味。

地域ごとで脈々と続く一つひとつのお祭りにとても価値を感じる今日この頃。


そして、お子さんがそこにやって来て、楽しんで帰ってくれる姿がいつまでも見られるといいなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加