ヘタレ創作ヤログ~人生これでいいのだ!!

原点に立ち返った、創作ヤロウのブログ!
「負け組プータログ!!」からタイトル再変更。でも、今まで通り幅広くいきます~

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ポリティカルアクションが好きな俺としては

2006年09月29日 23時37分03秒 | 映画は地上一番の娯楽です
「ザ・センチネル」が見たいね。

って、このカテゴリ更新するの久しぶりだ

「レディ・イン・ザ・ウォーター」はどうだろうねぇ。。。
M・ナイト・シャマラン監督の映画って、「シックス・センス」と「アンブレイカブル」までは何とか見れたんだけど(でも「何でそんなに騒がれるの?」と疑問を感じたけど)、「サイン」と「ヴィレッジ」は「レンタル料返せ」ものだったね。
まあ、ファンの人もいるだろうから、映画の感想は人それぞれということで

「ワールド・トレード・センター」もねぇ
まあ、アメリカ人が9.11の映画を大量生産するのはわかるけど、こういうのはドキュメント見てるほうがよっぽど感動できるんだよね。
日本も、真似して地下鉄サリンを映画化すればいいのに。

「フラガール」ってどうなんだろう?
まったく興味はわかないんだけど、何故か米アカデミー外国語映画賞対象作品にしちゃったんだよね。
「たそがれ清兵衛」なんかを持っていったのはわかるんだけど、この映画に関しては、どうしてアメリカに持ってったのかわからないなぁ。
少なくとも受賞はかなり難しいと思う。
アメリカのアカデミー外国語映画賞っていうのは、娯楽作が受賞するのはあまりないからね。

「ストロベリーショートケイクス」ですか?
ん~、苦手な分野の映画なんだけど、女優が頑張ってるらしいねぇ。
特に池脇千鶴は今引っ張りだこだよね。
日本映画は相変わらずメジャーが弱いけど、こういったマイナーな作品が結構色んなとこで上映されて話題になりつつあるね。
それはそれでいい傾向だと思う。
この映画と「スケバン刑事」、どっちを見るかと言われれば、もちろん「ストロベリー~」だろうね。
アクションは好きだし、ジャンルから言えば「スケバン刑事」なんだけど、これはちょっと。
何をいまさらって感じですな、正直。
あややがやったからってどうよ?
しかも深作健太監督だし。

最近、ハリウッド映画がめっきり元気がなくなったような気がするなぁ。
ジム・キャリーも出演料高騰でいくつか作品がキャンセルになって、怒ってエージェントと契約解除したそうだし、ロビン・ウィリアムズはアル中で入院中だし、あまりいい話題がありません。

アタマの画像は、 「ストロベリーショートケイクス」の画像を公式サイトからかっさらってきました。

ということで、キーファー・サザーランド、マンセー! 池脇千鶴、マンセー! の第18回でした。

「映画って地上で一番の娯楽なんですね~」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仕事 | トップ | ゲームシナリオ裏舞台―とりあ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画は地上一番の娯楽です」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事