東京マーケット情報についてのブログ(評価・レビュー・口コミ・感想)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/01/20更新

ベータ版で公開(ご意見募集中!)

tags

1月17日(金)のつぶやき その1


中川ヨウ@YoNakagawa14:59
おかしいです。RT @ykabasawa: 安倍晋三が福島の米をどんどん食べてくれと国会で語っていた。原発から30キロ圏内で試験的な田植えをしてた時の写真。防護服きた人が田植えですよ。おかしいでしょ。 pic.twitter.com/nXnrTiSWnO

Jose_Medel54さんがリツイート | RT
from web返信 リツイート お気に入り


高橋千鶴子@chiduko91623:28
今日、久々にヘルスメーターにのったら、うそ!1キロ痩せてる??壊れてるのか。。三食しっかり食べて、お腹いっぱいなのに。ひょっとして、普段に比べたら夜早く食べ終わるのと、間食するひまがないからか?
Jose_Medel54さんがリツイート | RT
from web返信 リツイート お気に入り


石井としひろ@ishiitoshihiro23:25
坂田残土処分場の取消訴訟は、傍聴できるかはなんとも言えませんが、関心の高さを示す為、是非、多くの方に千葉地裁に足を運んで下さるようお願いします。終った後の裁判報告会は、千葉県弁護士会館chiba-ben.or.jp/center/chiba.h…です。何階のどの部屋かは未定ですが。
Jose_Medel54さんがリツイート | RT
from web返信 リツイート お気に入り


中川ゆう子@nakagawa_yuko23:24
日中は市議補選の予定候補はらなほこさんと一緒に街頭宣伝。
住民のみなさんと一緒に取り組みやっと県の予算がついた里山整備地では、ほとんど町内中で共産党の街頭宣伝に参加してくださった。実は県議秘書の原さんにはかなり力になってもらった案件。
Jose_Medel54さんがリツイート | RT
from web返信 リツイート お気に入り


石井としひろ@ishiitoshihiro23:21
坂田残土処分場の取消訴訟は注目の裁判になったようで、マスコミも来ますし、多数の傍聴希望者が予想され、千葉地裁は13:15から傍聴整理券を配布することになりました。なお、終了後に近くの弁護士会館で裁判報告会が行われ全員入れます。裁判終了時間は読みづらいが15:00くらいの見込みです
Jose_Medel54さんがリツイート | RT
from web返信 リツイート お気に入り


Kanabun et Gilles@KanabunGilles00:06
立命館のデマ騒動と?な顛末。片山さつきの介入があったんだ。 satsuki-katayama.livedoor.biz/archives/82183…立命館大学の女性講師が講義を行う際に出席カードと一緒に朝鮮学校無償化の嘆願書を配布し、学生に記入させた件の文科省説明。 - 片山さつき Official Blog
Jose_Medel54さんがリツイート | RT
from web返信 リツイート お気に入り


kinokuniyanet@kinokuniyanet00:07
宇都宮氏のための私製ポスターがTLに流れてきたが、フォントの選択が……ところかまわず崩せば若いってもんじゃない。
Jose_Medel54さんがリツイート | RT
from web返信 リツイート お気に入り


Angeliki @Capoglou17:53
This is how we went to the Moon. No powerful computers,just powerful minds @HistoryInPix NASA before Powerpoint '60's pic.twitter.com/FDD0Th2KM8

Jose_Medel54さんがリツイート | RT
from web返信 リツイート お気に入り


堤未果@TsutsumiMika10:34
bit.ly/1hE8ic6日本で食品偽装のニュースが続く中、ついに遺伝子組み換え鮭が年内にも米国市場に参入へ。肉食で獰猛、天然鮭の3倍の速さで成長し、海に逃げれば20世代後には天然鮭が絶滅するとして欧州は猛反対。米国で認可されれば表示なしで日本にも入ってくる。
Jose_Medel54さんがリツイート | RT
from web返信 リツイート お気に入り


jeremy scahill@jeremyscahill23:23
Family members of the Afghans in this photo were killed in a US night raid. Two victims were pregnant women pic.twitter.com/3WUmN8Gxgb

Jose_Medel54さんがリツイート | RT
from web返信 リツイート お気に入り


想田和弘@KazuhiroSoda12:19
しかしまあ、日本の世論ってホントに軽いなあ。マスコミもホントに軽い。まるで空気のようだ。そうか、空気だから軽いのか。扇情の天才・小泉氏にとっては赤子の手をひねるようなもの。
Jose_Medel54さんがリツイート | RT
from web返信 リツイート お気に入り


宋文洲@sohbunshu22:57
このような靖国神社への安倍氏の参拝は日本の侵略に苦しめられた関係国にとって、まさにヒトラーの墓に献花するようなものであり、絶対受け入れられない。16日、LE FIGARO紙に掲載された駐フランス中国大使論文。
Jose_Medel54さんがリツイート | RT
from web返信 リツイート お気に入り


めいろま @May_Roma20:01
そうです。ダウンマーケット(大衆向け)、若者向け、子ども向け、一部の人向けの、ニッチなサブカルです。特に萌えは、保守層には気持ちが悪いとはっきり言われます。RT @grmw2222: @May_Roma 所詮、アニメ漫画も世界の「一部で」人気ってだけなんですねぇ・・・
Jose_Medel54さんがリツイート | RT
from web返信 リツイート お気に入り


宋文洲@sohbunshu22:50
靖国神社ではA級戦犯を英霊として崇め、東京裁判を戦勝国による一方的なものとして否定している。周知の通り、東京裁判は独立した国際裁判機構であり、厳格な手続きを踏み、各国に広く認知され受入れられている。日本も「日本降伏書」の中で戦犯への審判を受諾していた。駐フランス中国大使論文。
Jose_Medel54さんがリツイート | RT
from web返信 リツイート お気に入り


根本(特殊市民)@croftsnemoto23:48
まあ、それでも「ITドカタ」なんかに比べたら天国ですよ。てけとーに「クラウドはやっぱりAWSがいちばん」とか吹聴してそれらしいパワポ資料作って情弱客からカネもらうほうが楽。 RT @mochizukiy よくわかるなあ。いわゆる業務コンサルって単純作業だしなあ。
Jose_Medel54さんがリツイート | RT
from web返信 リツイート お気に入り


sos大阪@sososakacity21:32
『大阪市の公募校長合格者8人目の辞退』sankei.jp.msn.com/west/west_affa…未だに名前非公表の他の3人も、たぶん辞めようかどうしようか思案中。橋下の公募路線は完全に失敗した。
Jose_Medel54さんがリツイート | RT
from web返信 リツイート お気に入り


ウム クルトゥム@Mydxb18:28
日本人はマクロに弱く、ミクロな定点的コダワリ術に優れているので、エステ、スパ、ネイルアート、ヘアードレッシング、ケアみたいな絞られたサービス提供に向いているんですよね。経営やマーケティングは下手だけど。@buhimaman @KayBeauteDiva
Jose_Medel54さんがリツイート | RT
from web返信 リツイート お気に入り


kinokuniyanet@kinokuniyanet12:33
アンチエイジングの勉強になるなぁw、殿様サイト pic.twitter.com/wuseBqvv7q

Jose_Medel54さんがリツイート | RT
from web返信 リツイート お気に入り


米沢ちひろ@chihiroyonezawa18:31
ブラック企業対策はこの人にしか託せません。
ある高校生のアルバイト、未成年者就業規則では深夜労働は禁止されているのに、夜10時にタイムカードを打刻した後に賃金なしの残業をさせているとの相談が寄せられました。 pic.twitter.com/BpCGBC4P0D

Jose_Medel54さんがリツイート | RT
from Twitter for Android返信 リツイート お気に入り


Rivet19@Rivet19120:55
1970年以降、首相在任期間1位は小泉純一郎、2位は中曽根康弘。長期政権か短期政権かは、親米か否かであること?!
〜日本の首相が頻繁に入れ替わる謎?! trend-review.net/blog/2010/06/0…
@tanpinsan pic.twitter.com/p4Bbf3ZN5k

Jose_Medel54さんがリツイート | RT
from Twitter for Android返信 リツイート お気に入り


紫野明日香 反原発@asunokaori01:56
佐川マネーの事を今更持ち出すな、昔の話だ、卑怯だ、と言うけれど、ならば猪瀬さんは十数年後、帳消しになるの?
何で辞めたのさ。
Jose_Medel54さんがリツイート | RT
from Twitter for Android返信 リツイート お気に入り


赤い豚(三割うまい)@cochonrouge02:09
江戸しぐさなんてありませんよ?で、道徳指導法で教師と学生のガチバトルがtwitterで実況中継され、教員アカウントが大炎上。文科省が決めたとおりに教えた教員が「お騒がせした」ことをもって首という近未来。
Jose_Medel54さんがリツイート | RT
from Twitter for Android返信 リツイート お気に入り


Jose_Medel54@jose_medel5412:02
#見出しが、、、ナカミも変、、東京新聞:「テロ情報」流出賠償命令「警視庁の管理ミス」:社会(TOKYO Web) tokyo-np.co.jp/article/nation…警察によるイスラム教徒の情報収集活動は、テロの未然防止という観点から「やむを得ない」と結論づけ、お墨付きを与えた。
from Tweet Button返信 リツイート お気に入り


Jose_Medel54@jose_medel5412:08
東京新聞:別人の定期預金を誤って差し押さえ筑西市:茨城(TOKYO Web) tokyo-np.co.jp/article/ibarak…本来の滞納者とは現在も連絡が取れないという。#何これ、、、
from Tweet Button返信 リツイート お気に入り


Jose_Medel54@jose_medel5412:10
オウム裁判、テレビ番組を証拠採用NHKが抗議へ - 朝日新聞デジタル (asahi.com) t.asahi.com/dq7aNHK広報部は「番組を放送以外の目的で使用されると取材協力者の信頼を損ない、取材・報道の自由が確保されなくなるおそ
from Tweet Button返信 リツイート お気に入り


Follow @jose_medel54

hsk45さん

竹内 優美 小動き

竹内 優美小動き
東京マーケット情報2014.1.17

gootyfujiiさん

田母神俊雄氏 断トツ本命!? 都知事選アンケートで...

田母神氏、断トツ本命!?都知事選アンケートで異変8割以上の票集め…
zakzak2014.01.18
東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)のアンケートで異変が起きている。ラジオNIKKEIのニュース番組「マーケットプレス」のホームページで15日から、主な立候補予定者の名前を挙げて、「東京都知事にふさわしいのは誰?」と聞いたところ、何と、元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)が、8割以上の票を集める1位となっているのだ。
アンケートでエントリーされているのは、田母神氏をはじめ、舛添要一元厚労相(65)、細川護煕元首相(76)、前日弁連会長の宇都宮健児氏(67)、発明家のドクター・中松氏(85)=本名・中松義郎=の5人。「その他」「関心なし」という選択肢もある。
18日午前8時時点で、田母神氏が83・15%(6835票)とトップで、事実上の2強とみられる舛添氏や細川氏、それ以外の候補を大きく引き離している=別表参照。
マーケットプレスは、毎週月曜から金曜、午前9時から同11時35分と、午後0時半から同3時10分まで、東京株式市場の株式情報を中心に、為替・商品・FXの情報などを報道している。
番組では「ご意見伺います」として、毎日テーマを決めて朝から投票を呼びかけ、午後に発表している。都知事選は15日のテーマで、同日午後の時点でも、田母神氏が半数ぐらいを集めてトップだったという。二重投票はできない仕組みだ。
アンケートのコメント欄には、投票理由として、田母神氏には「一番日本の現状が分かってる」「現実的でマトモ」、舛添氏には「全体的な政策バランスを考えて」、細川氏には「原発問題が優先課題」などと書き込まれていた。
一方で厳しい意見も。田母神氏には「中韓関係を悪化させる」、舛添氏には「外国人参政権賛成論者」、細川氏には「5000万円で猪瀬(直樹前都知事)さんをやめさせておいて、1億円では筋が通らない」といったコメントがあった。
某政党の世論調査では「舛添氏がリードしている」と伝えられるが、一体、この現象をどう見るべきか?
政治評論家の小林吉弥氏は「経済や株式に関心がある人々はアベノミクスの推進を望んでいる。舛添氏は自公支援だが安倍晋三政権とは距離があり、細川氏は『脱原発』で日本経済を悪くしかねない。田母神氏が無難なのではないか。都知事選は現在、舛添氏と細川氏がネガティブキャンペーンの直撃を受けている。ここでも、田母神氏が無難なのかもしれない」と語っている。
◎上記事の著作権は[zakzak]に帰属します
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◇ 【都知事選】田母神俊雄氏、出馬を表明〜石原慎太郎氏「個人的に」支援/ 舛添要一氏、無所属で出馬の考え 2014-01-08 | 政治 
田母神俊雄氏が都知事選出馬を表明 「ある意味で特攻隊」石原慎太郎氏がエール
The Huffington Post 2014年01月07日 15時38分 JST 更新: 2014年01月08日 00時18分 JST
元航空幕僚長で軍事評論家の田母神俊雄(たもがみ・としお)氏が、東京都知事選に出馬することを1月7日に会見で正式表明した。田母神氏は「災害が起きたとき諸外国では軍が中心となって救助する。日本でも自衛隊が中心となって都民を救いたい」と決意表明をした。
会見には元都知事で「日本維新の会」共同代表の石原慎太郎氏が応援にかけつけた。「あえて可能性の少ない戦いに挑む。ある意味で特攻隊ですよ」とエールを送った上で、「最高の経験を持つ人物が東京を守ることに名乗りをあげてくれた。東京の危帰国家の心側頭脳を止めかねないピンチを防ぐためにどういう人物がふさわしいかを考え直す時期に来た」と、田母神氏の実績を賞賛した。
ニコニコ生放送によると、田母神氏のあいさつの冒頭は以下の通り。
皆さん、こんにちは。危険人物の田母神でございます。随分危ない奴だということで叩かれることが多いんですが、私は本当にいい人なんです。
私が都知事選に出馬する決意を固めましたのは、東京オリンピックがあるというなかで、東京の強靱化対策が必要だと。大災害が起きたときの都民を救済する対策を、きちんと整えたいと思って立候補を決意しました。
世界的に見ると、先進国では通常、軍が中心となって大規模災害に対応するという体制が作られています。でも、日本では「自衛隊をできるだけ使いたくない」ということで、自衛隊を中心とした災害救助体制が作られていないという問題があります。阪神大震災や東日本大震災を見ても、いざとなると自衛隊を使って救助するのが非常に重要だと、国民も都民も十分に理解されていると思う。自衛隊を中心とした都民の救助体制を整えておく必要があると思います。
国土交通省の発表では、東京オリンピックまでに3割の確率で首都直下型地震が起きると予想されている。30年以内には7割の確率です。そうしたなかで、日本も諸外国で軍が中心となっているのと同様に、自衛隊が中心となった災害救助体制を整えていきたい。
私の自衛隊の経験から、都知事になってそういう体制を取っていくのは非常にいい機会であると思っております。私はその意味で、極めて適切な都知事ではないかと自分で思っております。
東京都は橋とか道路とか老朽化が進んでおりまして、国家強靱化が政府レベルで訴えられています。そうした老朽化、耐震対策を進めていかないといけません。強靱にするとともに、万が一、災害が起きたときには都民を救助する体制を取っていく。このために自衛隊、そして警殺消防などいろいろな団体と連携した体制を取るという意味で、そのために立候補を決意しました。
◎上記事の著作権は[The Huffington Post]に帰属します
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆ 『自立する国家へ!』田母神俊雄×天木直人 2013-04-29 | 読書 
著者◎田母神俊雄◎天木直人2013年2月1日初版第1刷発行KKベストセラーズ 刊
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆ 田母神俊雄著『田母神国軍たったこれだけで日本は普通の国になる』(産経新聞出版)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆ 一触即発の中国・朝鮮半島情勢。米・韓・中、そして北朝鮮とどう渡り合えばいいのか 2011-01-12 | 政治〈領土/防衛/安全保障/憲睦
田母神俊雄×三原じゅん子新春対談「ニッポンの国防」一触即発の中国・朝鮮半島情勢。米・韓・中、そして北朝鮮とどう渡り合えばいいのか
2011年01月12日(水) FRIDAY 永田町ディープスロート
...................................

kanayame_47さん

「東京マーケット情報」の関連Q&A

もっと見る

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10

舛添氏と細川氏がネガティブキャンペーンの直撃を受け...

都知事選は現在、舛添氏と細川氏がネガティブキャンペーンの直撃を受けている。
ここでも、田母神氏が無難なのかもしれない。政治評論家の小林吉弥氏

2014年1月19日 日曜日

◆田母神氏、断トツ本命!?都知事選アンケートで異変8割以上の票集め…1月18日ZAKZAK

東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)のアンケートで異変が起きている。ラジオNIKKEIのニュース番組「マーケットプレス」のホームページで15日から、主な立候補予定者の名前を挙げて、「東京都知事にふさわしいのは誰?」と聞いたところ、何と、元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)が、8割以上の票を集める1位となっているのだ。

アンケートでエントリーされているのは、田母神氏をはじめ、舛添要一元厚労相(65)、細川護煕元首相(76)、前日弁連会長の宇都宮健児氏(67)、発明家のドクター・中松氏(85)=本名・中松義郎=の5人。「その他」「関心なし」という選択肢もある。

18日午前8時時点で、田母神氏が83・15%(6835票)とトップで、事実上の2強とみられる舛添氏や細川氏、それ以外の候補を大きく引き離している=別表参照。

マーケットプレスは、毎週月曜から金曜、午前9時から同11時35分と、午後0時半から同3時10分まで、東京株式市場の株式情報を中心に、為替・商品・FXの情報などを報道している。

番組では「ご意見伺います」として、毎日テーマを決めて朝から投票を呼びかけ、午後に発表している。都知事選は15日のテーマで、同日午後の時点でも、田母神氏が半数ぐらいを集めてトップだったという。二重投票はできない仕組みだ。

アンケートのコメント欄には、投票理由として、田母神氏には「一番日本の現状が分かってる」「現実的でマトモ」、舛添氏には「全体的な政策バランスを考えて」、細川氏には「原発問題が優先課題」などと書き込まれていた。

一方で厳しい意見も。田母神氏には「中韓関係を悪化させる」、舛添氏には「外国人参政権賛成論者」、細川氏には「5000万円で猪瀬(直樹前都知事)さんをやめさせておいて、1億円では筋が通らない」といったコメントがあった。

某政党の世論調査では「舛添氏がリードしている」と伝えられるが、一体、この現象をどう見るべきか?

政治評論家の小林吉弥氏は「経済や株式に関心がある人々はアベノミクスの推進を望んでいる。舛添氏は自公支援だが安倍晋三政権とは距離があり、細川氏は『脱原発』で日本経済を悪くしかねない。田母神氏が無難なのではないか。都知事選は現在、舛添氏と細川氏がネガティブキャンペーンの直撃を受けている。ここでも、田母神氏が無難なのかもしれない」と語っている。


(私のコメント)

東京都知事選挙は候補者がそろった時点でもう終盤戦に入っていますが、細川氏はいまだに選挙公約が固まらずに記者会見は22日に延期された。猪瀬東京都知事の急な辞任に伴うものであり、どの候補も準備不足は仕方がない。短期決戦となるから知名度が高い方が有利であり、舛添、細川の一騎打ちとマスコミは報じていますが、田母神氏がラジオNIKKEIのニュース番組「マーケットプレス」のホームページで8割以上の票を集めている。

ラジオ番組のアンケートだから参考にはなりませんが、ひょっとしたらと言う可能性が出てきた。大手のマスコミの調査結果がこれから出て来るのでしょうが、各候補へのネガティブキャンペーンが激しい。特に本命候補の舛添氏と細川氏のネガキャンは田母神氏への流れを加速するかもしれない。

選挙公約としては「脱原発」が争点になれば、東京都民はどのような判断をするだろうか?
「脱原発」候補が三つに割れて「原発推進」の候補は田母神氏だけだ。18日の事務所開きには石原氏も記者会見に同席しましたが、猪瀬氏に代わる石原都政の後継者としての期待が集まります。選挙戦では石原氏の応援がどの程度あるかでもかなり変わって来るだろう。

ネットでのアンケートをいろいろ調べてみましたが、グーグルでは舛添77、細川100、田母神60の三つ巴であり、FC2のアンケートでは舛添222、細川478、宇都宮1154、田母神1221と田母神、宇都宮の二強対決になっている。まだ票数も少なく参考になりませんが人気の動向は分かる。

選挙の情勢分析はマスコミ各社でも一生懸命やっているのでしょうが、なぜか発表が無い。ネットでもYAHOOなどのアンケート調査はまだ始めてもいない。舛添、細川の一騎打ちのシナリオが崩れかけているからなのか分かりませんが、ユーチューブなどの街頭アンケートでも田母神氏の支持が多い。

選挙公示前の候補者による討論会は二度にわたって中止になりましたが、これでは政策による選挙ではなく人気投票のような結果になるだろう。知名度から舛添、細川氏が圧倒的に有利だからでしょうが、田母神氏が台風の目になればマスコミも慌てるだろう。訳が分からないのは自民党であり、舛添氏は自民党を除名になった人物であり、細川氏は「脱原発」で自民党とは相いれない。

舛添氏には公明党の100万票があるから本命候補ですが、浮動票がどう動くかわからない。当選合格ラインは200万票ともいわれますが、票が割れれば田母神氏に浮動票が集まれば奇跡が起きる可能性がある。浮動票を集めるには石原氏の応援次第ですが猪瀬氏の400万票の行方はどうなるか?


◆田母神氏が脱原発の細川・小泉連合ブッタ切り1月19日東スポ

東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)に出馬する元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)が17日、事務所開きを行った。支援する元都知事で日本維新の会共同代表の石原慎太郎氏(81)も登場し、ライバルとなる細川護熙(76)・小泉純一郎(72)元首相連合をブッタ切った。

この日朝、靖国神社を必勝祈願で参拝した田母神氏は「靖国神社に参拝できないような人が都知事になったのでは、日本を取り戻すことは無理」と言い切り、防衛省を真正面に望む市谷に構えた選挙事務所に入って、臨戦態勢に突入した。

お祝いに駆け付けた石原氏は、脱原発を掲げる細川・小泉元首相らを“口撃”。「この期に及んで、五輪返上とか脱原発などと物事を複合的に考えられない人間は愚か。類は友を呼ぶ。電力は経済の血液だ。お二人は頭を冷やした方がいい」と主役に躍り出た細川陣営を激しくけん制した。

細川陣営が政策や公約を発表していないことにも石原氏は「候補者としての資格がないね」とピシャリ。田母神氏も「小泉さんは細川さんの支援をやめた方がいい」と声高に叫ぶと、駆け付けた支援者から拍手が起きた。

ところが、元航空幕僚長なのに“大本営”(事務所)の弱点が判明。100人以上の支援者が集まり、事務所開きの最中には「田母神コール」が起こったが、事務所側は「ありがたいですが、やめてください」となぜか頭を下げた。さらに田母神氏と石原氏が表に出て「エイエイオー」と気勢を上げると思いきや、マイクや拡声器の使用もなかった。

原因は、ビル1階に構えた事務所のすぐ上階は「ベナン共和国大使館」が入居しており「ハンドマイクは使えない。騒音でクレームが出ては“外交問題”となる」(陣営)ため。自らを「危険人物」と言う田母神氏だが、過激な言動とは真逆の大人の一面をのぞかせた。


2005toraさん

ADアシスタントディレクター

ADアシスタントディレクターとは?
公式セッションスピーカー9/5/2013 時点

:登壇回数(本年含む)
※アルファベット順
伊藤 かつら
伊藤 かつら
日本マイクロソフト(株)
執行役
デベロッパー&プラットフォーム統括本部長
3+
Will be speaking at
[C-5]
企業を支える人材育成とは?
日本アイ・ビー・エムにて顧客担当システムズ・エンジニアを経た後、インターネット用サーバー・ソフトウェア「WebSphere」の製品責任者として市場投入、日本およびアジアパシフィックでの各種マーケティング活動を指揮。その後、IBMソフトウエア全製品の製品戦略、マーケティング活動にかかわる。アドビシステムズ マーケティングディレクターを経て日本マイクロソフト(株)入社。企業顧客向けのマーケティング責任者としてリード獲得のための各種施策を実施。2013年1月よりデベロッパー & プラットフォーム統括本部長としてWindowsプラットフォームの浸透と開発ツール製品に責任をもつ。同7月より執行役。IT業界においてBtoB、BtoC、Developer等のあらゆるマーケティング活動を経験すると同時に、外資系企業の社員として長い格闘の歴史を持つ。デジタル知とアナログ知、日本的経営と米国流マネジメントなど、広義のDiversityを身を以て体験しつつ、次なるブレークスルーを狙う。出身は早稲田大学教育学部教育心理学科。
岩田 正樹
岩田 正樹
(株)電通アジア
Regional Digital Director
1+
Will be speaking at
[D-9]
ASEANで生き残れるデジタルマーケティングとは?
1999年電通入社。
日本におけるデジタルの黎明期から、キャンペーン・プランナーおよびコンサルタントとして、クライアントのデジタルキャンペーンおよびデジタル・ビジネス構築の支援を行う。
統合キャンペーンから、CRM、ダイレクト・ビジネス、プロモーション、デジタル・チャネル開発/構築、新規事業構築まで、デジタル/テクノロジーが関わる領域であれば何でも対応し、その対応可能領域は幅広い。
2012年5月に東南アジアおよびオセアニア地域の統括会社である電通アジアに、リージョナル・デジタル・ディレクターとして着任。日本で培った経験/実績を基に、日系企業はもとより多国籍企業に対してのデジタル・キャンペーンのプランニングを行うとともに、この地域における電通ネットワークのデジタル・ソリューション体制の構築を推進している。
岩田 進
岩田 進
(株)ロックオン
代表取締役社長
1+
Will be speaking at
[C-5]
企業を支える人材育成とは?
2000年、大学在学中に創業。
以来、“Impact on the World”という理念のもと、デジタルマーケティング領域の製品を開発。
広告効果測定システム『アドエビス』を始め、第3世代リスティングマネージメントシステム『THREe』、ECオープンプラットフォーム『EC-CUBE』など、それぞれの分野において国内トップブランドとしての地位を確立している。
2010年には、Lockon marketing of U.S.Aをシリコンバレーに設立するなど、海外展開にも力を入れる。
新卒採用や人材育成にも注力し、「GPTW(働きがいのある会社)」でもベストカンパニーに選出されている。
泉 浩人
泉 浩人
(株)ルグラン
代表取締役共同CEO
4+
Will be speaking at
[B-6]
ビッグデータ分析から読み取る コンシューマーニーズとは?
東京生まれ。慶應義塾大学経済学部卒、米国ジョージタウン大学経営大学院修士課程(MBA)修了。三井銀行(当時)、フォード自動車を経て、独ベルテルスマン社のオンライン通販事業(bol.com)を立ち上げる。2002年からはオーバーチュア(現ヤフー)の日本進出に参画、同社取締役として経営全般に携わる一方、大手クライアントや広告代理店に対してコンサルテーションを行なう。2006年にルグランを設立。国内外のクライアントに対し、デジタルマーケティング領域に特化したコンサルティングサービスを提僑2008年12月、Yahoo! Googleの検索連動型広告を最大限に活かす『SEM 成功の法則』を上梓。2009年10月にはビル・タンサー著『クリック「指先」!が引き寄せるメガ チャンス』 を監訳。2012年3月には、ビッグデータを活用するための情報ブログ「I LOVE DATA」を開設し、第4回AKB選抜総選挙の結果を予測。新たに構築された予測モデルと精度の高い分析結果が注目され、多くのメディアに取り上げられる。ネット選挙が解禁された2013年参院選では政党のデータ分析・コンサルティングに従事。
香川 晴代
香川 晴代
Facebook Japan
セールス・ディレクター
1+
Will be speaking at
[A-2]
スマートフォン&タブレット革命が巻き起こすブランド広告主へのインパクトとは
2002年オーバーチュア(現ヤフージャパン)入社。リスティング広告「オーバーチュア スポンサードサーチ」のサービス立ち上げに関わり、広告代理店営業マネジャーを経て、事業開発部門(パブリッシャー・グループ)へ異動、ヤフーほか主要パートナー企業との戦略的関係構築に携わる。2008年にアマゾン・ジャパン入社。広告事業部の立ち上げに携わり、広告事業部部長として勤務の後、2012年8月に、Facebook Japan セールス・ディレクターとして東京オフィスに勤務。
覚田 義明
覚田 義明
(株)ペンシル
代表取締役社長
1+
Will be speaking at
[C-1]
「個」の時代における ダイレクトマーケティングとは?
1988年システムソフトグループ入社。Adobe Photoshop、IllustratorのSGIプロダクトマネージャーを経て、95年に研究開発型インターネットコンサルティング会社『ペンシル』を設立。分析を強みとし、研究で得たノウハウや技術をトータルソリューションとして提僑ライオン、雪印メグミルク、カゴメ、リンナイ、全日本空輸、日本ベリサイン、トヨタケーラムなど多くの企業のWEB戦略を成功に導く。ライオンのECサイトでは6年間で売上を1500倍に。成功のノウハウを多くの企業に伝え、インターネットの楽しさや可能性を社会に伝えるため積極的に講演活動を行い、セミナー受講者は1万8000人に上る。
上代 晃久
上代 晃久
日本マイクロソフト(株)
ソーシャルメディア
マーケテイング リード
1+
Will be speaking at
[A-7]
ソーシャルメディアで本当に"ヒト"が集まり、"売り上げ"が上げることが出来るのか?
日本マイクロソフト株式会社ソーシャルメディア マーケティング リード
総務庁統計センター、広告代理店、携帯キャリアのオンラインマーケティング担当を経て、日本マイクロソフト オンライン事業部でMarketing Communication Managerとして2006年に入社、2011年8月より現職。
Microsoft グローバルの戦略と協調しながら、日本独自のソーシャルメディアマーケティング戦略やガバナンス、体制作り、コミュニケーション、効果検証の枠組みを構築。
実務担当者としての経験から、ソーシャルメディアの効果検証の最適化を図るため、『効果検証ツールSMART』を日本マイクロソフト社内向けに独自に開発し、Windows 8、Office15、Surfaceのローンチにおけるソーシャルメディアの活用を推進。
片岡 英彦
片岡 英彦
片岡英彦事務所
代表
1+
Will be speaking at
[A-9]
コミュニケーション混沌時代
片岡英彦/Hidehiko Kataoka( コミュニケーションプロデューサー) 片岡英彦事務所代表 世界の医療団(認定NPO法人)広報マネージャー
1970年9月6日東京生まれ神奈川育ち。京都大学卒業後、日本テレビ入社。報道記者、宣伝プロデューサーを経て、2001年アップルコンピュータ(株)のコミュニケーションマネージャーに。後に、MTVジャパン広報部長、日本マクドナルドマーケティングPR部長、(株)ミクシィのエグゼクティブプロデューサーを経て、2011年「片岡英彦事務所」を設立。企業のマーケティング支援の他「日本を明るくする」プロジェクトに参加。フランス・パリに本部を持つ国際NGO「世界の医療団」の広報責任者を務める。Adobe(アドビ システムズ(株))の学生向けSNS施策の立案、日本テレビグループのLIFE VIDEO社の広報プロデューサー、iphone5(au)戦略PRプロデューサー等を務める。マガジンハウス/Webダカーポではインタビューコラム「片岡英彦のNGOな人々」を連載中。
加藤 公一レオ
加藤 公一レオ
(株)売れるネット広告社
代表取締役社長
3+
Will be speaking at
[C-2]
ダイレクトマーケティングにおけるクリエイティブとは?
1975年ブラジル・サンパウロ生まれ、アメリカ・ロサンゼルス育ち。 西南学院大学卒業後、三菱商事(株)に入社。 その後、Havas Worlwide Tokyo、(株)アサツーディ・ケイ(ADK)にて、一貫してネットを軸としたダイレクトマーケティングに従事し、担当した全てのクライアントのネット広告を大成功させる。 通販企業向けツール(ASP)の『売れるネット広告つくーる』を監修。 著書に『単品通販“売れる”インターネット広告』。 やずやベストパートナー賞 受賞。 Webクリエーション・アウォード 受賞。 ad:tech tokyo 2012 公式カンファレンス 人気スピーカー“1位”。
川上 慎市郎
川上 慎市郎
グロービス経営大学院
准教授
1+
Will be speaking at
[A-8]
モバイル時代の消費者行動変化
兵庫県生まれ。早稲田大学政治経済学部経済学科卒、IESEビジネススクール(スペイン)IFDP修了。日経BPに入社。「日経ビジネス」編集記者として流通・IT・消費財・レジャーなどの企業取材に携わった後、日本初の会員制オンラインマガジン「日経ビジネスExpress(現・日経ビジネスオンライン)」を立ち上げ、1年で黒字化。その後グロービスに移り、マーケティング領域のプログラムや教材(ケーススタディー)の開発、MBAスクールや企業研修での講師を務める。専門領域は消費者行動調査、ブランド戦略、ネットビジネスなど。共著書に『プラットフォームブランディング』(2013・ソフトバンククリエイティブ)、『メディア・イノベーションの衝撃』(2007・日本評論社)、『Web2.0キーワードブック』(2006・翔泳社)など。
川名 周
川名 周
(株)博報堂
エンゲージメント
プロデュース局長
4+
85年慶応義塾大学卒業、同年、博報堂入社。以来20年間、マーケティングセクションにて、様々な業種の広告主に向けた新商品開発、広告戦略立案、ブランド戦略構築等に関わる。2006年i-事業推進室。2007年に博報堂DYグループの新しいコミュニケーションモデル「エンゲージメント・リング」を発表。2010年からエンゲージメントプラニング局長。2011年アジア広告祭審査員/カンヌクリエイティビティフェスティバル審査員を務める。共著に「自分ごとだと人は動く」(2009年ダイヤモンド社)がある。週末は、駿河台大学メディア情報学部客員教授。
菊池 明
菊池 明
アウンコンサルティング(株)
執行役員 兼 COO
(マーケティング事業担当)
1+
Will be speaking at
[B-7]
サーチ is DEAD!? これからのサーチの在り方、活用方法とは?
2005年アウンコンサルティング株式会社入社。大手メディア、Eコマース、保険、人材業界など上場・大規模クライアントを中心に5年間一貫してSEMコンサルティングに従事。特に販促観点でのプロモーションには定評有り。SEMグループのチームマネージャー、グループマネージャーを経て2010年4月よりタイ法人であるアウンタイラボラトリーズ株式会社のDirectorとして30名を超える現地法人の運営と現地スタッフの育成、売上拡大における販売戦略の立案と実行から顧客支援と全般業務を推進。2012年12月日本帰任し、執行役員兼COO (マーケティング事業担当)を務める。
木村 健太郎
木村 健太郎
(株)博報堂ケトル
代表取締役 共同CEO
2+
Will be speaking at
[C-8]
クリエイティブ・イノベーション クリエイティブコンテンツとエンゲージメントとは?
1992年博報堂入社。アカウントプランニングを軸に、戦略からクリエイティブ、デジタル、PRまで職種領域を越境したスタイルを確立し、2006年、従来の広告手法やプロセスにとらわれない課題解決を提案、実施する博報堂ケトルを設立。APとCDの2足のわらじを履く。
ソニーα"Focus Your Love"、KDDI "android au"、サントリー"伊右衛門"などのインテグレートキャンペーンや、ソニーBRAVIA "Color Tokyo"、資生堂d-program"Peace Mirror"、"Sony Recycle Project JEANS"、Google"未来へのキオク"といった、デジタルやアウトドアを使ったイノベーティブなキャンペーンを得意とする他、JUJUのミュージックビデオ"Hello Again"や震災被災地向けの"Dear Japan, from Phuket"などの映像作品も手がけている。
受賞歴に、カンヌ、クリオ、D&AD、ロンドン国際、アドフェスト、SPIKESなど多数。また、カンヌ、クリオ、アドフェスト、ロンドン国際、NYフェスの各国際広告祭でフィルムやインテグレートからデジタルやアウトドアまで多様な部門の審査員経験を持つ。
絹田 義也
絹田 義也
ヤフー(株)
検索連動型広告ユニット
ユニットマネージャー
2+
Will be speaking at
[B-7]
サーチ is DEAD!? これからのサーチの在り方、活用方法とは?
1977年生まれ。マサチューセッツ州立大学コンピューターサイエンス学部修士課程卒業後、米国EMC2Corporationにソフトウェアエンジニアとして勤務。2005年よりアクセンチュアにてコンサルティング経験を経て、2008年にオーバーチュア(株)にプロダクトマネージャーとして入社。同年、ヤフー(株)との吸収合併後もスポンサードサーチ、パートナー向け検索プロダクトの市場導入計画、パートナーアライアンス、マーケットプレイス構築に従事。各種開発案件の取りまとめやビジネス展開についての計画を立案し、実行。現在は、ヤフーの主要な広告サービスである「検索連動型広告」のユニットマネージャーとして、検索連動型広告ビジネス全体の責任者を務める。
吉柳 さおり
吉柳 さおり
ベクトルグループ螢廛薀船淵
代表取締役
1+
Will be speaking at
[A-5]
TVとデバイスのマルチスクリーン、さらにその先のスマートTVの影響を占う
慶應義塾大学在学中にPR会社螢戰トルの創業に参画。2003年、グループ内独立し、螢廛薀船淵爐鮴瀘し代表に就任。大手流通、食品、自動車、IT企業などの戦略PRの実績をもち、PR視点でのコンテンツマーケティング戦略立案や事業開発もサポート。PR関する講演や教育活動にも従事し、2011年より慶應義塾大学非常勤講師。
小暮 亮祐
小暮 亮祐
日産自動車(株)
マーケティング本部販売促進部
1+
Will be speaking at
[B-9]
EメールがもたらすCRM効果とは?
音楽ソフトメーカー ビクターテインメント(株)よりキャリアスタート。 邦楽アーティストのプロモーションに従事。 その後(株)リクルートエージェント(現リクルートキャリア)に移り、マーケティングの実務責任者としてマスからデジタルまでを統括。 2012年より日産自動車(株)にデジタルマーケティング全般、主にCRM戦略を担当。
神山 典子
神山 典子
ダイソン(株)
コミュニケーションズ
統括マネージャー
1+
Will be speaking at
[A-4]
コンテンツ is キング 売上を上げるコンテンツとは?
出版社にて編集者を経て、2001年ダイソン株式会社PR Managerとして入社。英国ダイソン社製品の日本でのマーケット立ち上げに携わる。2004年日本市場向けに開発された掃除機DC12の日本市場導入や2009年発表の羽根のない扇風機エアマルチプライアーなど、ダイソンの日本市場での成長を技術による製品開発ストーリーを幅広く伝える手法でサポート。2006年から開始した、次世代エンジニア育成プログラム、ジェームズダイソン財団の活動を推進中。2011年より、同社コミュニケーションズ 統括マネージャー。
小西 圭介
小西 圭介
(株)電通
チーフコンサルタント
3+
Will be speaking at
[A-1]
ブランド構築プラットフォームプログラムとは?
電通ブランドクリエーション・センターのチーフコンサルタントとして15年以上のブランド・マーケティング戦略コンサルティングの経験を持ち、国内外のリーディング・ブランドに対するブランディングサービスを提供している。デービッド・アーカーが副会長を務める米国プロフェット社にて、グローバルなブランド構築をサポートしてきた。新著「ソーシャル時代のブランドコミュニティ戦略」では、新しいメディア・テクノロジーの時代に、ブランドがコミュニティ/サービスプラットフォーム化していくための最先端のブランド戦略モデルを提唱している。その他著書に、「顧客生涯価値のデータベース・マーケティング」(ダイヤモンド社)、「リッスン・フゼスト」(翔泳社)などがある。
紺野 俊介
紺野 俊介
(株)アイレップ
代表取締役社長
1+
Will be speaking at
[B-7]
サーチ is DEAD!? これからのサーチの在り方、活用方法とは?
大学卒業後、EDS Japan(現日本ヒューレット・パッカード)を経て、2003年に(株)アイレップに入社。黎明期よりSEMに従事し、リスティング広告運用の体系化、SEMにおけるSEO手法を確立するとともに、トップコンサルタントとして数多くの大手クライアントのSEMを成功に導く。現在は、パフォーマンス型広告国内トップであるアイレップの代表として、アイレップグループ全体のデジタルマーケティング事業を率いるとともに、書籍・コラム執筆や、セミナー講演を積極的に務めている。主な著書に「検索連動型広告を成功に導くSEM戦略」(インプレスジャパン刊)、「SMO(ソーシャルメディア最適化)実践テクニック」(ソフトバンククリエイティブ刊)、「スマートフォン チャンス!」(インプレスジャパン刊)等。
河野 奈保
河野 奈保
楽天(株)
執行役員
楽天市場事業 編成部 部長
1+
Will be speaking at
[A-8]
モバイル時代の消費者行動変化
2003年に楽天入社。営業部、マーケティング部を経験し、現在は楽天市場の構成・制作を行う編成部の部長。2013年同社の執行役員に就任。中でも約8年に渡ってモバイル分野の責任者をしておりFeaturephoneからSmartPhone、Tabletへのデバイスの進化を経験。
小園 浩之
小園 浩之
(株)ジーニアスウェブ
代表取締役
1+
Will be speaking at
[D-6]
オンラインビデオマーケティングの大きな可能性とは?
宮崎県小林市生まれ。(株)ジーニアスウェブ代表取締役。
大阪市立大学大学院修了。マサチューセッツ工科大学スローンEssential IT for Non-IT Executives修了。建設会社、ソフトウェア会社を経て独立。設立5年で全国1400社の中小企業取引実績。ホームページを中心にDM、FAX、チラシなど幅広い販売方法を指導。
「販促手法の教科書」日本実業出版社、「ネット販売成功バイブル」翔泳社、「SEOSEMテクニック」翔泳社に記事を寄稿。
熊坂 仁美
熊坂 仁美
(株)ソーシャルメディア研究所
代表取締役
1+
Will be speaking at
[D-6]
オンラインビデオマーケティングの大きな可能性とは?
株式会社ソーシャルメディア研究所代表取締役
慶應義塾大学文学部卒業。インタビューライターをしていた2010年、ソーシャルメディアの研究を開始、Facebookの先進性に注目し、日本初のFacebookビジネス書『Facebookをビジネスに使う本』を出版、ベストセラーとなる。ほか著書に『Facebookを集客に使う本』(ダイヤモンド社)、共著に『Pinterestビジネス講座』(翔泳社)がある。
日本経済新聞、朝日新聞、NHK、『ワールドビジネスサテライト』等、メディア取材、出演多数。また、楽天カンファレンスやセールスフォース・ドットコム社主催「クラウドフォース」等でメインスピーカーを務めるなど、講演家としての活動も行っている。
瞿曇 啓亮
瞿曇 啓亮
(株)大広九州
ソリューション開発局局次長
兼クリエイティブプランニング部
部長
1+
Will be speaking at
[C-2]
ダイレクトマーケティングにおけるクリエイティブとは?
1967年大阪府生まれ。関西学院大学経済学部卒業後、1990年株式会社大広入社、2002年から九州にてクリエイティブ職に就き、現在、web・マーケティング領域を含む、ソリューション開発局の統括責任者であり、クリエイティブディレクターを兼務。近年、通販王国と呼ばれる九州において、やずやなど、大手を中心に通販クライアントを担当。コピーライティングからインフォマーシャル、TVショッピング番組、TVCMなど映像ディレクションから、チラシ、ネーミング、CRMツールまで、ダイレクトレスポンス領域におけるクリエイティブを統合的にディレクション。一貫した現場主義で培われた「心動かすワード」を導き出すテクニックに定評あり。「宣伝会議コピーライター養成講座」「通販会議」他、講演・講師多数。
Phang Chee Leong
Phang Chee Leong
Innity
Chief Executive Officer
1+
Will be speaking at
[D-2]
プログラマティック導入の成功ステップ:失敗しないための「人・金・テクノロジー」の可視化をLiveモデリング
1995年〜1997年にマレーシアのオンラインビジネスにおけるパイオニアであるAsiaConnectでSenior Software Architect、Technical Managerをつとめ、1998年〜1999年には米国でeビジネスのトータルソリューションを提供するConsortio US社でSheraton Net、CMD、Homesteadなどの大規模プロジェクトをリード。2000年からInnity社のCEO及びTechnical Directorとして活躍、自身のデジタル産業における豊富な経験を生かし、同社がオンラインマーケティングテクノロジーの先駆者となるため尽力している。Innity社の成長は、彼が抱き続ける熱意と先を見通す力によるところが大きい。
馬渕 邦美
馬渕 邦美
オグルヴィ・ワン・ジャパン(株)
ネオ・アット・オグルヴィ(株)
代表取締役
2+
Will be speaking at
[B-6]
ビッグデータ分析から読み取る コンシューマーニーズとは?
Sapient inc (US)勤務後に、1998年日本でインタラクティブ・エージェンシー、(株)DOEを設立し代表取締役社長に就任。2005年 UKのデジタル・メディアエージェンシーProfeo incとDOE 社のジョイントベンチャーである(株)Proferoを設立。代表取締役社長に就任。インタラクティブ・マーケティング業界で12年に及ぶトップ・マネージメントを経験し、2009年にオムニコム・グループであるTribal DDB Tokyo ジェネラル・マネージャーに就任。日本における事業の立ち上げを成功させる。2012年オグルヴィ・ワン・ジャパン蝓▲優・アット・オグルヴィ蠅梁緝充萃役に就任。オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン・グループのデジタルビジネスを牽引している。ITmediaマーケティングにて「海外事例に学ぶマーケティングイノベーション」連載中。『データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」 ビッグデータからビジネス・チャンスをつかむ』(日経BP社)監修者
旦那はん:AD(エディー)はん言うたらアシスタント・ディレクターはんのことでっしゃろが。
英語で書いたらAssistant Diresterとちゃいまっか?
ほれがごないしはたんか、わてにはさっぱりわからしまへんがな。
お嬢はん:なんどありましたんか?えらい賑やかなサイト作らはってよろしーわなー。

間下 直晃
間下 直晃
(株)ブイキューブ
代表取締役社長
1+
Will be speaking at
[C-5]
企業を支える人材育成とは?
1977年東京都生まれ。2002年3月慶應義塾大学大学院理工学研究科開放環境科学修了。慶應義塾大学在学中の1998年に、WEBソリューションサービス事業を行なう有限会社ブイキューブインターネット(現:株式会社ブイキューブ)を設立し、同社CEOに就任。その後、ビジュアルコミュニケーション事業へ転換し、2008年よりWEB会議市場における国内シェアNO.1を獲得、現在まで6年連続で首位を獲得している。米国インテル キャピタルからの出資を機にアジアを中心とした海外展開を加速させ、マレーシア、シンガポール、インドネシアなどに現地法人を設立。現在は、活動拠点をシンガポールに移し、アジアを中心としたグローバル展開を進めている。経済同友会 会員。
松永 久
松永 久
(株)電通
デジタル・ビジネス局 データ戦略室
データベース・マネジメント部
チーフ・アナリスト
1+
Will be speaking at
[B-6]
ビッグデータ分析から読み取る コンシューマーニーズとは?
早稲田大学理工学研究科にて、日本学術振興会特別研究員として、人工知能・生体情報解析学・データマイニング・ロボティクス等の研究に従事したのち、2000年に電通入社。入社当初より、マス×デジタルのプランニングメソッドや分析システムの開発を担当。主にクライアントの顧客データ分析に立脚したメディアプランニングおよびPDCAマネジメント業務に従事。新規事業開発支援部署にて、新規ビジネス案件のインキュベーションにも携わる。2013年1月より現職。クライアントに蓄積されるデータ、サードパーティーデータ、広告会社が所有するデータを統合した分析業務を通じ、分析結果をクライアントのビジネスにフィードバックできるソリューション(BIソリューション)を開発中。株式会社ワイヤーアクション代表取締役。工学博士。
松尾 茂起
松尾 茂起
(株)ウェブライダー
代表取締役
1+
Will be speaking at
[D-6]
オンラインビデオマーケティングの大きな可能性とは?
関西学院大学卒業後、京都の制作会社に入社。大手舞台の音楽制作などを経て独立し、2010年、株式会社ウェブライダーを設立。Webと音楽を絡めた独自のWebマーケティングを展開し、SEO業界で働く男たちのロマンを歌った曲「恋のSEO!」や、Excelを使う乙女の気持ちを歌った曲「私の心の中の関数」がスマッシュヒットを記録。その独自のマーケティング手法が大きく注目される。また、2011年には国民文化祭の企画として「1111人のピアニスト」というネットイベントをプロデュース。現在は、1万ユーザーを超える有料SEOフォーラム「賢威」の運営をベースに、全国の企業のWeb集客をサポートしている。これまでに2冊の著書を発表。
皆川 治子
皆川 治子
(株)TBWA\HAKUHODO
タッチポイントエバンジェリスト
3+
Will be speaking at
[D-8]
コンテンツを廻るビジネスが持つ広告主への付加価値(英語のみ)
TBWA HAKUHODO及び博報堂にて、タッチポイントエバンジェリスト兼ナレッジコンシェルジュ。特定タッチポイントによらず、マスメディアからニューメディアにわたり、全体戦略からKPI開発、PDCA管理まで広くマネジメント。コミュニケーション全体を俯瞰する。効果測定のトレンド分析、システム開発にも携わり、常に新しいコミュニケーションモデルの提案を目指す。直近ではインテグレーテッドメディア配信システム開発、新規メディアの市場育成に携わる。マスメディア、デジタルメディア双方に通じるジェネラリストであり、テクノロジーにも精通。
光本 勇介
光本 勇介
(株)ブラケット
代表取締役兼CEO
1+
Will be speaking at
[C-1]
「個」の時代における ダイレクトマーケティングとは?
1980年生まれ、神奈川県出身。
幼少期から18歳までをデンマークおよびイギリスで過ごす。
TASIS England卒業後、帰国し、青山学院大学国際政治経済学部入学・卒業。

卒業後、外資系広告代理店オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン株式会社入社。在籍中にはノースウエスト航空、アウディ・ジャパン、 モトローラ、エビアンなど、主に外資系企業のマーケティング戦略のプラニングからクリエイティブ制作までを担当。
「新しい市場を創りたい」という想いから、
2008年10月、インターネットを使用した新しいビジネスの企画・開発・運営を行う株式会社ブラケットを設立、代表取締役に就任。

株式会社ブラケットを設立してからは、『カフォレ』、『モデルタウン』、最短2分でオンラインストアを作れるサービス『STPRES.jp(ストアーズ・ドット・ジェーピー)』、世界でたった一つのオリジナルシューズをオンライン上でデザインできる『Shoes of Prey(シューズ・オブ・プレイ)』、『プライベートローブ・プラス』などのオンライン事業を展開している。
宮一 良彦
宮一 良彦
(株)
サイバー・コミュニケーションズ
プラットフォーム戦略本部長
1+
Will be speaking at
[B-1]
日本における最新アドテクノロジーとディスプレイ広告の今
宮田 賀生
宮田 賀生
パナソニック(株)
代表取締役専務
1+
Will be speaking at
[C-6]
経営者から学ぶビジネス成功秘訣とは?
<学歴>
昭和52年3月京都大学卒業
<職歴>
昭和52年4月松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)入社電子レンジ事業部へ配属
昭和59年3月アメリカ松下電器株式会社(現パナソニックノースアメリカ株式会社)クエザー社電化商品部課長
平成3年7月松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)本社経営企画室課長
平成8年3月アメリカ松下電器株式会社(現パナソニックノースアメリカ株式会社)パナソニック・システム社副社長
平成10年9月アメリカ松下電器株式会社(現パナソニックノースアメリカ株式会社)企画部長
平成12年9月松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)海外企画室室長
平成15年4月松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)本社海外地域総括グループ兼海外事業戦略グループグループマネージャー
平成16年4月パナソニック・マーケティング・ヨーロッパ株式会社社長
平成19年4月松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)役員パナソニック・ヨーロッパ株式会社会長
平成21年4月パナソニック株式会社常務役員AVCネットワークス社上席副社長映像・ディスプレイデバイス事業グループ長
平成23年4月パナソニック株式会社専務役員海外担当
平成23年6月同社代表取締役専務海外担当
平成24年1月同社代表取締役専務グローバルコンシューマーマーケティング部門長、デザイン担当
平成25年4月同社代表取締役専務東京代表、総括安全衛生責任者
森岡 康一
森岡 康一
Facebook Japan
1+
Will be speaking at
[A-5]
TVとデバイスのマルチスクリーン、さらにその先のスマートTVの影響を占う
森山 聡
森山 聡
(株)博報堂
エンゲージメントビジネスユニット
テクノロジー推進部
デジタルストラテジスト
1+
Will be speaking at
[D-4]
来たる転換期!〜O2Oでキョウソウしよう〜
1999年からweb制作、SEO、システム開発、リサーチ分析等に従事。
2005年東京大学大学院卒業後、株式会社博報堂入社。
テレビスポット・タイムのバイイング、メディアイベント運営企画を経て、SEO・SEM、webコンサルティング、メディア開発・メディアプラニング、データベースマーケティング、システム開発戦略及び開発プロジェクトマネジメント等広範にデジタル領域を担当。
現在は、DMP領域及びO2O領域のソリューション開発プロジェクトに参加。
村松 直樹
村松 直樹
グーグル(株)
Head of DoubleClick Platform
2+
Will be speaking at
[C-4]
最先端アドテクノロジーから読むマーケティングデータ分析
Googleが提供する広告代理店様や広告主様向けマーケティング テクノロジーの営業責任者として、日本と韓国の市場を担当。対象とするプロダクトには、第三者配信アドサーバー、リッチメディア広告関連、エクスチェンジ、DSP、検索エンジン自動入札ツールなどが含まれる。
Google入社以前の20年間は米国ニューヨークを拠点とし、電通ネットワークにて企業買収やPMIなどの国際デジタル戦略に従事。それ以前は DoubleClick Inc.にてディスプレイ広告の黎明期にDART製品全般を担当。
静岡県出身、慶応義塾大学経済学部卒、ニューヨーク大学経営学修士号。
中川 祥一
中川 祥一
(株)アサツー・ディ・ケイ
コミュニケーションチャネルプランニング本部
第2プランニングチーム プランナー
1+
Will be speaking at
[D-4]
来たる転換期!〜O2Oでキョウソウしよう〜
2009年一橋大学商学部経営学科卒業後、(株)アサツー ディ・ケイ入社。
入社後2年間(株)ADKインタラクティブに出向し、コンサルティングプロジェクトなどの業務に従事。幅広くデジタル領域に携わる。
2011年からはマスメディアも含むメディアプランナーとして従事し、ターゲット分析に基づくメディアプランニングに加え、多変量解析を用いた広告効果分析などを行なう。
またクライアントワークに加え、ソーシャルメディアユーザーのエスノグラフィー調査や、財務分析による営業戦略支援などにも関わる。
中路 宏志
中路 宏志
ソニー銀行(株)
営業統括部マーケティング担当
シニアマネージャー
1+
Will be speaking at
[B-1]
日本における最新アドテクノロジーとディスプレイ広告の今
1997年、東レ蠅貌社後、生産管理・アパレルOEMの企画営業に従事。
2001年、CRM/Direct Marketing Agencyである蠹田魅錺鵐澄璽泪鵑貌社後、マーケティングコンサルタントとしてデジタルマーケティング、CRM、マーケティング領域における新会社の立ち上げ支援/再生支援に従事。「インターネット」×「金融」企業、不動産会社、パッケージメディア企業、通信など多業種のクライアント企業を担当。
2008年4月ソニー銀行蠅貌社後、マーケティングコミュニケーション領域全般に携わる。
ネットバンキングの全面リニューアル、各種アドテクノロジー及びレコメンドエンジンの導入・ルール設計、コーポレートスローガン策定、マーケティング指標策定など大小様々なプロジェクトにおいて、プロジェクトリーダーとして業務を推進。
中村 洋基
中村 洋基
PARTY
Creative Director, Founder
4+
Will be speaking at
[C-7]
デジタルクリエイティブとは今までのクリエイティブと何が違う?
栃木県生まれ。電通を経て、2011年クリエイティブラボ「PARTY」を設立。当初は、斬新なアプローチのバナー広告を執と発表していたが、やがてキャンペーン全体を手がけるようになる。Web技術から広告アイデアを企画するテクニカルディレクターとして、ユニクロ、ホンダ、ソニーなどのブランドを手がける。カンヌ国際広告祭、One Show、D&AD、NYADC、ロンドン広告賞、Adfest、文化庁メディア芸術祭など、内外200以上の広告賞を受賞、審査員歴多数。よしもとの動画ポータル「YNN」プロジェクトなど、広告・メディアの枠を超えた幅広い領域で活躍。『Webデザインの「プロだから考えること」』(共著)上梓。
中村 信
中村 信
(株)博報堂
DYグループ
スマートデバイスビジネス
センター事務局長
2+
Will be speaking at
[A-2]
スマートフォン&タブレット革命が巻き起こすブランド広告主へのインパクトとは
1999年博報堂入社。主にマーケティングセクションに在籍し、様々なクライアントの事業・商品開発やキャンペーン戦略に従事。特に、統合情報戦略に関する業務を多く担当し、マス〜WEBまで一貫したコミュニケーションをデザインしてきた。近年は、博報堂DYグループ横断の組織であるスマートデバイスビジネスセンターの事務局長として、新しいデバイスを、如何に企業のマーケティングに活用するかという視点で業務にあたっている。
中村 壮秀
中村 壮秀
アライドアーキテクツ(株)
代表取締役社長
3+
Will be speaking at
[A-7]
ソーシャルメディアで本当に"ヒト"が集まり、"売り上げ"が上げることが出来るのか?
2005年アライドアーキテクツ(株)を創業。同社が提供するファンコミュニティー型ブログマーケティングサービス「モニプラ」は累計2,500社以上の導入数と継続率80%の実績。2011年5月より提供を開始したFacebookキャンペーンアプリサービス「モニプラfor Facebook」は国内大手企業を中心に利用企業数250社を突破。現職就任以前は1997年に住友商事(株)に入社しリテール部門にて伊コーヒーチェーンとの共同事業会社設立を担当。海外とのアライアンス実務を経験。2000年に(株)ゴルフダイジェスト・オンラインに創業から参画し同社の売上の約8割を担うeコマース事業責任者を経験。2004年東証マザーズ上場後、eコマース・マーケティング・システム執行役員。1997年慶應義塾大学理工学部卒。
西井 敏恭
西井 敏恭
(株)ドクターシーラボ
マーケテイング部 eコマースグループ
グループ長
3+
Will be speaking at
[A-7]
ソーシャルメディアで本当に"ヒト"が集まり、"売り上げ"が上げることが出来るのか?
1975年福井県生まれ。2001年から2年半にわたって世界一周しながらアジア、南米、アフリカ各地で旅行記を更新。WEBサイトがバズで広がるなど大人気となり帰国後に2冊旅行記を出版。まさにソーシャルメディアの始まりを自身で体感してWEB業界にはいった。 帰国後はEC企業にてSEOからアフィリエイトまで広くWEBマーケティングに取り組み、2007年にドクターシーラボ入社。メーカーECの責任者として全社の販売戦略から、自社CGMやTwitter、facebookなどのソーシャルマーケティングまでWEB領域に関わらず広く取り組んでいる。 著書の『世界一周 わたしの居場所はどこにある!?』はamazon旅行記ランキング1位に
西村 真里子
西村 真里子
(株)バスキュール
プロデューサー
1+
Will be speaking at
[C-9]
テレビをリアルにつなげる!ポイントプログラムを活用した新しいクリエイティブの世界。
IBM、アドビ、グルーポンでのエンジニア/マーケティング 経験を経て2011年より現職着任。スマートフォン上での ソーシャルネットワーキングを活用した自社サービスにて培ったノウハウや、国内外の先進事例、調査データを元 に現在ではテレビ×ソーシャル、ダブルスクリーンリアルタ イム視聴プロジェクトに注力。新たなデジタル体験を生み 出すテレビ視聴カルチャー作りを社内外の関係者と構 築している。IBMエンジニア時代にグローバル検索システムプロジェクトにて特許取得、国際的なデジタルデザイン&テクノロジーイベントFITCカンファレンス審査員経 験、TEDxTOKYO yzスピーカー経験保有。
西山 圭太
西山 圭太
経済産業省
1+
Will be speaking at
[C-6]
経営者から学ぶビジネス成功秘訣とは?
昭和38年1月11日生まれ
神奈川県出身
東京大学法学部卒業
オックスフォード大学哲学・政治学・経済学コース卒業
昭和60年 通商産業省入省
資源エネルギー庁、通商政策局等を経て
平成13年1月 大臣官房秘書課人事企画官
平成14年8月 大臣官房企画課政策企画官
平成14年11月 内閣府産業再生機構準備室企画官
平成15年7月 通商政策局情報調査課長
平成16年6月 通商政策局アジア大洋州課長
平成19年7月 経済産業政策局産業構造課長
平成21年7月 株式会社産業革新機構執行役員
平成23年6月 内閣官房東京電力経営・財務調査 タスクフォース事務局事務局長(平成23年10月17日付けで退任)
平成24年 6月 株式会社産業革新機構専務執行役員
平成24年 7月 経済産業省に復帰。大臣官房審議官(経済社会政策担当)
平成25年6月大臣官房審議官(経済産業政策局担当)
新田 剛史
新田 剛史
(株)Showcase Gig
代表取締役
1+
Will be speaking at
[C-9]
テレビをリアルにつなげる!ポイントプログラムを活用した新しいクリエイティブの世界。
東京ガールズコレクションの立ち上げ期よりプロデューサーとしてビジネス統括を務める。2009年株式会社ミクシィに入社し、ソーシャルアド開発/新規事業開発部門の責任者を務める。2011年バスキュールとミクシィの合弁会社、バスキュール号を設立し、取締役就任。“mixiXmas”などのサービス開発をおこない、数多くのソーシャルマーケティング領域における事例を構築する。2012年、ミクシィより独立し、株式会社Showcase Gig設立。主としてO2O/ソーシャル領域におけるサービス開発、マーケティング支援を行っている。



 

tanakaccciさん

ADアシスタントディレクター

ADアシスタントディレクターとは?
公式セッションスピーカー9/5/2013 時点

:登壇回数(本年含む)
※アルファベット順
安藤 元博
安藤 元博
(株)博報堂
エグゼクティブマーケティング
ディレクター
3+
Will be speaking at
[A-3]
広告主と広告会社のドリームチームとは?
博報堂エンゲージメントプロデュース局局長代理/エグゼクティブマーケティングディレクター。博報堂のデジタル統合マーケティングの推進を中心的に担う。日本マーケティング協会マーケティングマイスター。ACCマーケティングエフェクティブネス審査員。受賞歴:ACC(グランプリ)/AME(Best Integrated Marketing Campaign)/マーケティング朝日賞/JAAA広告論文入賞(2回)等多数。著書『マーケティング立国ニッポンへ―デジタル時代、再生のカギはCMO機能』(共著)。
有園 雄一
有園 雄一
アタラ合同会社
取締役COO
2+
Will be speaking at
[B-5]
次世代アド・イノベーション アトリビューション、ビデオ、データ解析、アドの近未来
現在、アトリビューション分析、アトリビューションマネージメントのコンサルティングを広告主や広告代理店に対して行っている。また、著書に『アトリビューション広告効果の考え方を根底から覆す新手堀(1.http://www.amazon.co.jp/dp/4844331841/internet database)、『リスティング広告プロの思考回路』(2.http://www.amazon.co.jp/dp/4048703609/)があり、業界への啓蒙活動も随時、実施中。日本で唯一のアトリビューション最新情報サイト「Attribution.jp」(3.http://www.attribution.jp/)へのコラム投稿、企画、運用に携わっている。
■アトリビューションコンサルティングや勉強会を実施した(実施中を含む)広告代理店や媒体社:
電通、博報堂、博報堂DYメディアパートナーズ、サイバー・コミュニケーションズ、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム、サイバーエージェント、オプト、アイレップ、セプテーニ、朝日広告社、日本経済新聞社、日経BP、オムニバスなど。
■アトリビューションコンサルティングや勉強会を実施した(実施中含む)広告主業種名:
転職・人材紹介、旅行、家電EC、パソコンEC、住宅情報、住宅メーカー、美容、携帯キャリア、通販、教育など
■アタラ合同会社以前の略歴
オーバーチュア株式会社(2004年〜2007年、在籍)では、大手クライアントのアカウント運用や大手広告代理店への営業などを担当。当時、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌などマス広告への接触が、その内容に関連するキーワードでの検索を誘発するという仮説を立て、その検証を目的とした調査プロジェクトを大手広告代理店の協力を得て実施。GRP投下量と検索数の変化などの相関を分析・調査し、「○○で検索!」や「続きはウェブで!」といったGo-to-Web型の広告手法を確立。普及の一助となる。
グーグル株式会社(2007年〜2009年、在籍)では、アドバタイザー・ディベロップメント・チーム、シニアマネジャーやセールス・ストラテジー・アンド・プランニング・チーム、シニアマネジャーなどのポジションを歴任。広告主や広告代理店への営業戦略の立案と実施を主に行う。また、YouTube広告の拡販を支援する目的で、YouTube動画の広告効果を調査するプロジェクトを大手広告代理店の協力を得て行い、調査の企画、設計、実施を主導。
アタラ合同会社に参画する直前まで、営業責任者としてAdMob株式会社の日本オフィスの立ち上げに参加(2009年〜2010年、在籍)。次世代スマートフォンを使った広告を日本市場に浸透させることを目的に、広告代理店との契約や拡販体制の構築に従事。
伴 雄斗
伴 雄斗
(株)ビーワークス
アカウントディレクター
1+
Will be speaking at
[D-7]
累計1000万DL以上!ヒットアプリのマーケティング戦略裏話
早稲田大学商学部卒業後、2010年ビーワークス入社(現職)。以来、自社開発アプリのプロモーションを担当。2011年6月リリース「おさわり探偵 なめこ栽培キット」の大ブレイク以降は、企画プロデュースや版権管理から公式サイト「なめこぱらだいす」運営に至るまで「なめこ周辺に発生するあらゆる事象」に携わっている。
朴 正義
朴 正義
(株)バスキュール
取締役社長
4+
Will be speaking at
[A-6]
インタラクティブ広告 デジタル時代に響くコンテンツとは?
言語や世代を超え、多くの人に楽しんでもらえるインタラクティブコンテンツを生み出すことを目標に、2000年にバスキュールを設立。以後、ユニリーバ、ナイキ、ポケモン、マイクロソフト、トヨタ、コカ・コーラなど、数多くの企業やブランドのデジタルプロモーションを担当。Cannes、Clio、One Show、D&AD、NYADC、Webby、Adfest、TIAA、文化庁メディア芸術祭など、国内外の広告賞を多数受賞。いつか世の中にインパクトを与えるものをつくりたいという妄想を抱えつつも、すでに40代半ばになってしまった現実に焦りはすれども日和ることなく、新しい何かを生み出すことにチャレンジしているつもり。最近はテレビ×ソーシャル企画に奮闘中。
Alicja Borucinska
Alicja Borucinska
TrafficCaptain GmbH
Senior Publisher Manager
1+
Will be speaking at
[B-8]
コンシューマーインサイトを理解しただけでROIは実際に高めることが出来るか?
TrafficCaptainのアフィリエイトマネージャー。ゲーム製品を用いた新しいマーケット開拓を担当しています。ハイレベルな学歴も強みのひとつです。
ジョンクレモンズ
ジョンクレモンズ
dmg events Japan(株)
マーケティングマネージャー
1+
Will be speaking at
[B-8]
コンシューマーインサイトを理解しただけでROIは実際に高めることが出来るか?
Jon Clemons is a Tokyo-based marketer and entrepreneur, fluent in Japanese.
Clemons started out his career in high school coding a CMS for schools, developing CRM software and teaching an accredited course to his peers on web development and W3C standards.
Since then he’s worked for startups such as Groupon and consulted for companies such as Betaworks and Sankei Digital.
Twitter @nihonjon Site & Blog
伊達 学
伊達 学
(株)サイバーエージェント
インターネット広告事業本部統括
1+
Will be speaking at
[B-1]
日本における最新アドテクノロジーとディスプレイ広告の今
2002年サイバーエージェント入社。インターネット広告黎明期よりアカウントプランナーとして従事。金融、教育、WEBサービスと多岐にわたる業界を担当。約10年間の営業活動を経て、2012年にはスマートフォン広告の責任者。現在はスタッフ部門の統括として代理店部門を指揮する。
江端 浩人
江端 浩人
事業構想大学院大学、教授
日本マイクロソフト株式会社
業務執行役員
セントラルマーケティング本部長
5+
Will be speaking at
[A-9]
コミュニケーション混沌時代
米国ニューヨーク市マンハッタン生まれ。上智大学経済学部経済学科卒業。スタンフォード大学経営大学院修了経営学修士(MBA)取得、GMP取得。伊藤忠商事株式会社入社。宇宙情報部門企画統括室にてマルチメディアの企画を担当の後、インターネットベンチャー企業を創業し売却。2005年、日本コカ・コーラ株式会社入社。インタラクティブマーケティング統括部長に就任後バイスプレジデントに昇格。2010年9月第8回ウェブクリエーション・アウォード「Web人大賞」受賞。2012年4月事業構想大学院大学教授。2012年9月日本マイクロソフト株式会社業務執行役員セントラルマーケティング本部長。著書に「コカ・コーラパークが挑戦するエコシステムマーケティング」(2009:フゼストプレス社)
遠藤 克之輔
遠藤 克之輔
ギャップジャパン(株)
マーケティング ディレクター
2+
Will be speaking at
[A-2]
スマートフォン&タブレット革命が巻き起こすブランド広告主へのインパクトとは
1993年に家電メーカー入社、ベンチャーなどでのマーケティング経験を経て99年、ポータルサイト「ライコスジャパン」のプロデューサー。2001年、電通ワンダーマンに移り、ダイレクトマーケティング、デジタルマーケティング及びCRMのマーケティングコンサルタントとして自動車メーカーなどのマーケティング業務に携わる。2004年からウォルト・ディズニー・ジャパンに移り、コンテンツビジネスのマーケティングやクレジットカードビジネスのCRMマネージャーを務める。2010年12月よりギャップジャパンにてデジタル&CRMならびにリテールマーケティングを担当。
クリス・エリクソン
クリス・エリクソン
グループエム・ジャパン(株)
リード・データ・サイエンティスト
1+
Will be speaking at
[B-8]
コンシューマーインサイトを理解しただけでROIは実際に高めることが出来るか?
Chris Erickson brings 8 years of experience in enterprise web analytics; delivering ROI-focused solutions to clients in the Japanese market for 4.
藤井 美穂
藤井 美穂
(株)ロイヤリティ マーケティング
執行役員
経営企画本部本部長
1+
Will be speaking at
[C-9]
テレビをリアルにつなげる!ポイントプログラムを活用した新しいクリエイティブの世界。
総合商社に入社後、決済事業を手掛ける子会社の代表取締役に就任。経営統合に伴い、2011年7月より株式会社ロイヤリティ マーケティングの経営に参画し、IDマーケティング事業の企画開発を手掛ける。2013年4月、執行役員経営企画本部 本部長に就任。
藤田 康人
藤田 康人
(株)インテグレート
代表取締役CEO
5+
Will be speaking at
[C-3]
O2O戦略: 実店舗とネット店舗の共存共栄をするためには
慶應義塾大学を卒業後、味の素(株)に入社。1992年、ザイロフィンフゼイースト社(現ダニスコジャパン)を、フィンランド人の社長と2人で設立。1997年にキシリトールを日本に初めて導入し、素材メーカーの立場からキシリトール・ブームを仕掛けた。この結果、ガムを中心とするキシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。 また、2005年、食物繊維の新コンセプト「ファイバー・デトックス」を仕掛け、第2次ファイバー・ブームを巻き起こし、日本PRアワード・グランプリを食品素材メーカーとしては史上初めて受賞。 2007年5月、IMC(Integrated Marketing Communication)プランニングを実践する日本初のプランニングブティックとしてマーケティングエージェンシー(株)インテグレートを設立。 著書に『どう伝わったら、買いたくなるか』(ダイヤモンド社)、『99.9%成功するしかけ』(かんき出版)などがある。
深田 浩嗣
深田 浩嗣
(株)ゆめみ
代表取締役
3+
Will be speaking at
[C-8]
クリエイティブ・イノベーション クリエイティブコンテンツとエンゲージメントとは?
株式会社ゆめみ代表取締役。
京都大学大学院在学中の2000年1月、代表取締役の片岡俊行、CTOの中田稔と共にゆめみを設立。
技術力を駆使してECシステム、メール配信システム、大規模CRMシステムやソーシャルゲームなどモバイルインターネットサービスの企画・開発等を手がける。
ゲームで使われている要素をゲーム以外の領域に活用する「ゲーミフィケーション」の日本での第一人者。
著書『ソーシャルゲームはなぜハマるのか』『ゲームにすればうまくいく』
Eric Gerritsen
Eric Gerritsen
Neverblue - A GlobalWide Media Company
VP of Sales and Business Development
1+
Will be speaking at
[B-8]
コンシューマーインサイトを理解しただけでROIは実際に高めることが出来るか?
Has over 20 years of experience in growing media, software, and Internet technology companies across multiple countries, specifically in Asia.
グリセルフーバーレイ
グリセルフーバーレイ
Ginzamarkets(株)
代表取締役社長
1+
Will be speaking at
[A-4]
コンテンツ is キング 売上を上げるコンテンツとは?
レイ・グリセルフーバーは自然検索(SEO)分野において7年の経験を持つ第一人者で、ソーシャル、広告システムの開発を通じ Fortune500企業やスタートアップ企業に対し、売上拡大、グローバルマーケットの進出を支援した実績を持ちます。2010年夏のY Combinatorに参加した後、Ginzamarketsを創業しました。GinzaMetricsはSEOとコンテンツマーケティングを通じた、顧客と企業の相互コミュニケーションの向上を目的としています。エンタープライズSEOマーケットのリーディングプラットフォームとなり、Search Engine landとWebsite magazineにおいては業界No1のプラットフォームとして紹介されています。
Hannes Graah
Hannes Graah
Spotify
Director of Spotify Japan
1+
Will be speaking at
[D-8]
コンテンツを廻るビジネスが持つ広告主への付加価値(英語のみ)
Hannes Graahは世界で最も大きい音楽ストリーミングサービスであるSpotifyの日本代表を務める。2011年にSpotifyに入社し、Sweden本社ではCEO直属でビジネスオペレーションを担当。前職はProctor & Gambleではブランドマネージャー及びIT事業を起業。
橋本 英知
橋本 英知
(株)ベネッセコーポレーション
教育事業本部
グローバル教育事業部長
3+
Will be speaking at
[C-1]
「個」の時代における ダイレクトマーケティングとは?
1998年同社入社。ダイレクトメールを中心とした、各種メディアによるセールスプロモーションツールの企画・制作に携わる。 新商品開発、新規事業開発、経営企画などを経験後、CMO補佐として、マーケティング戦略・ブランドコミュニケーション・情報基盤・組織人事・コンプライアンス・業績管理などに広く従事。 現在は、幼児・小学生向けの英語・グローバル教育事業を担当。 データベースマーケティング、ブランドマーケティング、CRM領域での活動を中心に、講演・寄稿など多数。
橋本 久茂
橋本 久茂
アダプティービー
マネージングディレクター
ジャパン
1+
Will be speaking at
[D-1]
ユーチューブじゃダメなんでしょうか?〜「来る来る詐欺」日本の動画広告の明日はどっちだ!
2013年8月日本でのオンライン動画広告市場創出をミッションとして動画広告ソリューションを世界展開するアダプティービーに参画。2008年から5年間に渡り、ブライトコーブの日本代表として、経営を指揮し、メディア企業およびマーケタをターゲットとした顧客獲得全体を推進。DeNAと三菱東京UFJ銀行の合弁でインターネット決済代行事業の株式会社ペイジェントを立ち上げ、代表取締役社長を務め、2008 年までに2,000 社の顧客を獲得。株式会社ペイジェントの前は、マクロメディア株式会社において、アカデミックセールス、チャネル マーケティング、プラットフォーム製品マーケティングの 3 部門で上級管理職を務めました。マクロメディア株式会社の前は三井物産株式会社において、フランス三井物産での 3 年間を含めた 14 年間、様々な IT ビジネスに従事し、海外の多くのビジネス パートナ(米国、ヨーロッパ、イスラエル、ロシア、韓国、中国、台湾、インド等)との取引に携わりました。
廣田 周作
廣田 周作
(株)電通
プラットフォームビジネス局
開発部
2+
Will be speaking at
[A-7]
ソーシャルメディアで本当に"ヒト"が集まり、"売り上げ"が上げることが出来るのか?
株式会社電通コミュニケーション・プランナー
2009年に電通入社。コミュニケーション・デザイン・センターを経て、2012年よりプラットフォーム・ビジネス局開発部に所属。
ソーシャルリスニングの知見に基づき、プランナーとして経営者のソーシャルメディア戦略的活用コンサルティングから、デジタル領域における戦略策定、キャンペーンの実施、デジタルプロモーション企画、効果検証を担当。
開発領域では、ソーシャルリスニングのソリューションとして、「Sora-lis」「リスニングプラス」などの様々な分析メソッドの開発を担当。また、最近では、TwitterJapan社の協力を得て、Twitter上での話題の拡散度合いを図る指標を開発。
社内横断組織「電通ソーシャルメディア・ラボ」「電通モダン・コミュニケーション・ラボ」「クリエーティブチーム『CUE』」に所属。著書に『リッスン・フゼスト』(共訳)など。
本間 充
本間 充
花王(株)
デジタルコミュニケーション
センター企画室長
4+
Will be speaking at
[B-3]
最新アドテクノロジー戦略
ブランディングにディスプレイ広告は必要か?
1992年、花王に入社。1996年まで、研究所に勤務。研究所では、UNIXマシーンや、スーパー・コンピューターを使って、数値シミュレーションなどを行う。研究の傍ら、Webサーバーに遭遇し、花王社内での最初のWebサーバーを立ち上げる。
1997年から研究所を離れ、本格的にWebを業務として取り組み、1999年にWeb専業の部署を設立した。花王のWebを活用したマーケティングに取り組み続け、現在は、デジタルコミュニケーションセンター企画室長を務めている。新しいWebのコミュニケーションの検討・提案や、海外花王グループ会社のWeb活用の支援、またB2B領域のサイトの企画まで、広く花王グループのWebのコミュニケーションに関わっている。Ad Tech Tokyo 2009, Ad Tech Singapore 2010等でも講演。
社外においては、公益社団法人・日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会の代表幹事を、2011年から務めている。
北海道大学卒業、数学修士。
日本数学会員オープン・モバイル・コンソーシアムメンバー
東京大学 大学院数理科学研究科客員教授
本田 哲也
本田 哲也
ブルーカレント・ジャパン(株)
代表取締役社長/CEO
1+
Will be speaking at
[A-6]
インタラクティブ広告 デジタル時代に響くコンテンツとは?
1970年生まれ。ブルーカレント・ジャパン(株)代表取締役。戦略PRプランナー。米フライシュマン・ヒラード上級副社長兼シニアパートナー。セガの海外事業部を経て、1999年、世界最大規模のPR会社フライシュマン・ヒラードの日本法人に入社。2006年、スピンオフのかたちでブルーカレント・ジャパンを設立し代表に就任。P&G、花王、ユニリーバ、アディダス、サントリー、トヨタ、資生堂など国内外の大手顧客に、戦略PRの実績多数。戦略PR/マーケティング関連の著作、講演実績多数。著書に「その1人が30万人を動かす!」(東洋経済新報社)、「新版戦略PR」(アスキーメディアワークス)など。最新刊「ソーシャルインフルエンス」(アスキーメディアワークス)を2012年6月に上梓。ブルーカレント・ジャパンは「2012年PRアワードソーシャルコミュニケーション部門」最優秀賞を受賞。
本田 謙
本田 謙
(株)フリークアウト
代表取締役社長CEO
3+
Will be speaking at
[A-2]
スマートフォン&タブレット革命が巻き起こすブランド広告主へのインパクトとは
ディスプレイ広告の買付けプラットフォームを提供するDSP事業を、日本国内で最初に立ち上げた(株)フリークアウトの創業者社長。 フリークアウト以前にも、アドネットワーク事業社であるブレイナーを創業しヤフージャパンに売却した、広告業界における連続起業家としてのキャリアだけでなく、多数のテクノロジーベンチャーに対し投資活動を続けるエンジェル投資家としての顔を持つ。 フリークアウトにおいては、経営者としてだけでなく、大規模なDSPシステムの開発設計から、商品設計に到るまでの広範を見続ける立場であり、急拡大する日本のRTB(広告枠リアリタイム入札)取引市場において、黎明期より中心的な役割を果たしてきた。
堀 宏史
堀 宏史
博報堂アジアパシフィック
リージョナル・デジタル・
ディレクター
5+
Will be speaking at
[D-9]
ASEANで生き残れるデジタルマーケティングとは?
現在はASEANリージョンにおいて、インタラクティブを起点とした統合マーケティングのプロデュースを担当。 これまで日本において自動車、家電、飲料、通信メーカー等幅広いクライアントを担当し、SONY「Cam with me」では、泣けるほどココロを動かす感動でエンゲージメントを実現、au「IS parade」ではtwitterを活用したパレードで、世界中の話題となった。最近では「Domino'app」でモバイルを活用した新しい広告の形を提示しカンヌを受賞した。 その他、東京インタラクティブアドアワードグランプリ、文化庁メディア芸術祭グランプリ、モバイル広告大賞、アドフェストゴールド、ロンドン広告祭、クリオなど受賞歴多数。ADFEST等の国際広告祭で審査員を務める。 また、adtech Tokyo,adtech Singapore等でスピーカーを務める。
堀 淳理
堀 淳理
(株)明治
マーケティング推進本部宣伝部媒体G
1+
Will be speaking at
[A-3]
広告主と広告会社のドリームチームとは?
1989年、明治製菓(株)に入社。
10年間にわたり食料部門の営業に従事。
1999年より本社菓子営業部にて店頭プロモーション、営業支援システム構築、取引制度改革などを担当。
2005年より菓子マーケティング部に移りガムブランド担当する。
2006年7月より広告宣伝業務に携わり始める。
2011年4月の事業統合により社名が(株)明治に変更される。
現在は、宣伝部媒体G長としてWebを含むメディア全般と事業イベントに従事している。
堀 利理
堀 利理
螢ぅ廛
代表取締役社長
1+
Will be speaking at
[C-6]
経営者から学ぶビジネス成功秘訣とは?
百貨店専用化粧品ブランド「IPSA」の製造販売を手がける螢ぅ廛気梁緝充萃役社長。本社は東京・赤坂。
慶応義塾大学法学部を卒業後、1985年に蟷饑呼夏社。1991年に国際事業本部へ異動し、1998年36歳の時に資生堂ドイツ社長に就任。以降、資生堂カナダ社長、資生堂アメリカ社長と海外事業所責任者のポジションを歴任。10年に渡る海外生活を経て、2008年4月より現職。百貨店のイプサコーナーにおけるブランド価値の最大化を目指し、ブランドを磨き直し続け、一人ひとりの肌に合わせたカウンセリング力を高め続ける取組みを継続中。信条は「練習ハ不可能ヲ可能ニス」。
干場 香名女
干場 香名女
日本ケンタッキー・フライド・チキン(株)
KFCマーケティンググループ DIGITAL・CRM推進室室長
1+
Will be speaking at
[A-4]
コンテンツ is キング 売上を上げるコンテンツとは?
総合商社のコンシューマービジネスを担当する部門へ異動後、2002年大手コンビニエンスストア子会社に出向しクレジット・ポイントカード事業の立ち上げを経て、2009年日本ケンタッキー・フライド・チキンに再出向。2013年4月より、DIGITAL・CRM推進室で全社デジタルマーケティング戦略の企画、オウンドメディア、ソーシャルメディア を中心とした施策の企画と実行を推進。
星野 裕子
星野 裕子
フィナンシャル・タイムズ
デジタルコマーシャル
ディレクター
アジアパシフィック / 在日代表
2+
Will be speaking at
[D-8]
コンテンツを廻るビジネスが持つ広告主への付加価値(英語のみ)
2000年フィナンシャル・タイムズ(FT)に入社。2006年よりFTのアジア地域のデジタルコマーシャルディレクターを務める。2007年1月より、日本代表を兼任。現在、東京にて日本支社の陣頭をとると共に、FT.comの広告販売とアジア全域におけるインターネット業務を統括する。
アジア地域オンライン・ディレクター就任前は、日本におけるFTのオンライン及びプリント媒体(新聞)広告の販売を担当し、その後オンラインビジネス開発の地域マネージャーとしてホテルのビジネス客をターゲットとしたホテルトライアル企画、日本航空と連携し、航空機内のインターネットインフラを経由したFT.comのアクセスサービス、「FT.com onボーイング・バイ・コネクション」などに携わる。また、FT.comにおける中国、インド・セクションの立ち上げ、その他様々なコンテンツ・パートナーとの協業を積極的に展開している。
2007年にはFT.comで初となるアジア発のインタビュー・シリーズ「View From the Markets」を立ち上げる。
ad:tech Singaporeや海外新聞社団体であるWan Ifraのデジタル・メディア・アジアにてビデオ広告やアプリ戦略に関する講演の他、デジタルマーケティングサイトへの寄稿経験あり。
旦那はん:AD(エディー)はん言うたらアシスタント・ディレクターはんのことでっしゃろが。
英語で書いたらAssistant Diresterとちゃいまっか?
ほれがごないしはたんか、わてにはさっぱりわからしまへんがな。
お嬢はん:なんどありましたんか?えらい賑やかなサイト作らはってよろしーわなー。

細田 高広
細田 高広
(株)TBWA\HAKUHODO
クリエイティブディレクター
・コピーライター
1+
Will be speaking at
[C-7]
デジタルクリエイティブとは今までのクリエイティブと何が違う?
博報堂入社後、米国のクリエイティブエージェンシーTBWA\CHIAT\DAYを経て、TBWA\HAKUHODO所属。クリエイター・オブ・ザ・イヤー・メダリスト、カンヌライオンズ、CLIO賞、ロンドン国際広告賞、ACC賞グランプリ、TIAA、東京コピーライターズクラブ新人賞、など国内外で受賞多数。著書に「未来は言葉でつくられる –突破する一行の戦略」がある。広告領域の仕事で常に意識しているのは次の2点です。その1、メディアの壁を越えた大きなストーリーを紡ぎだすこと。その2、広告の外側にある広大な領域でも仕掛けていくことTBWAHAKUHODO..com

市嶋 洋平
市嶋洋平
(株)日経BP
ビッグデータ・プロジェクト
プロジェクトリーダー
1+
Will be speaking at
[B-4]
ビッグデータ時代のクラウド活用とは?
1996年早稲田大学理工学研究科修了(工業経営専攻)、同年日経BP社入社し日経バイトに配属。その後、日経コミュニケーションで通信行政とブロードバンド、日経コンピュータで企業のリスクマネジメントを中心に取材。2009年日本経済新聞社に出向し産業部で電機業界を担当した。12年日経コンピュータ副編集長、13年2月に日経BP ビッグデータ・プロジェクトのプロジェクトリーダー。

飯島章夫
飯島 章夫(いいじま あきお)
(株)電通コミュニケーション・
デザイン・センター
プランニング・ディレクター
1+
Will be speaking at
[A-3]
広告主と広告会社のドリームチームとは?
飯島は、1987年に電通に入社し、セールス・プロモーション局、メディア・コンテンツ計画局他を経て、2008年より、コミュニケーション・デザイン・センター(CDC)に所属。CDCの第一線で活躍するクリエイター、ストラテジストとともに、クライアントの事業領域課題に対し、広告という枠を超えた、新しいタイプのコンサルティング作業を模索している。
飯塚 正博
飯塚 正博
(株)博報堂DY
メディアパートナーズ
ダイレクトマーケティング
ビジネスセンター
センター長代理
1+
Will be speaking at
[C-2]
ダイレクトマーケティングにおけるクリエイティブとは?
1989年東京工業大学卒業、同年、博報堂入社。入社後セールスプロモーション局に配属となり、自動車・医薬品・食品関連の店頭プロモーションを始め各種販促企画、イベント業務を担当。その後1998年からCRMを中心とするダイレクトマーケティング専門部署に異動。優良顧客向けのロイヤリティプログラムを始め、健康食品・化粧品通販の運用業務に関わる。2006年には博報堂/凸版印刷・デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム/日本アイ・ビー・エムの共同出資により設立したダイレクトマーケティング専門会社「BrandXing」へ異動。その後博報堂に戻り現在は博報堂DYメディアパートナーズダイレクトマーケティングビジネスセンターセンター長代理として博報堂DYグループ全体のデジタルダイレクト領域の活性化に向け活動している。

猪飼 邦保
猪飼 邦保
パナソニック(株)
1+
Will be speaking at
[D-9]
ASEANで生き残れるデジタルマーケティングとは?
1993年松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)入社。
業務用映像機器の商品企画、海外営業を担当後、ブロードバンドコンテンツサービス会社アンパサンドブロードバンド株式会社へ出向。
出向復帰後は宣伝部門にてメディアバイイング、企業宣伝を
担当し、2012年よりシンガポールを拠点にアジア大洋州中近東アフリカ地域におけるブランドコミュニケーションを担当し現在に至る。
池田 紀行
池田 紀行
(株)トライバルメディアハウス
代表取締役社長
3+
Will be speaking at
[B-2]
アトリビューション分析がもたらす効果と売り上げ
1973年横浜生まれ。 ビジネスコンサルティングフゼム、マーケティングコンサルタント、ネットマーケティング会社クチコミマーケティング研究所所長、バイラルマーケティング専業会社代表を経て現職。P&G、トヨタ自動車、日本マイクロソフトなどのソーシャルメディアマーケティングを支援する。 『ソーシャルメディアマーケター美咲´◆戞Facebookマーケティング戦略』『ソーシャルメディア白書2012』(翔泳社)、『キズナのマーケティング』(アスキー・メディアワークス)など著書多数。2012年6月には、「ソーシャルインフルエンス戦略PR×ソーシャルメディアの設計図」(アスキー・メディアワークス、ブルーカレント・ジャパン代表本田哲也氏との共著)を上梓。
今田 素子
今田 素子
(株)メディアジーン
最高経営責任者
3+
Will be speaking at
[A-4]
コンテンツ is キング 売上を上げるコンテンツとは?
(株)インフォバーン代表取締役CO-CEO, Founder、(株)メディアジーン代表取締役CEO, Founder。出版業界にて、書籍・雑誌の編集発行・海外版権交渉などに関わった後、ワイアード日本版の立ち上げおよびビジネス・マネージャーを務める。その後独立し、1998年デジタル・コミュニケーションエージェンシー、インフォバーンを設立。企業のウェブ戦略、特にオウンドメディアのコンサルティングやプロデュース業務を行う。出版社での経験やオンライン・メディア運用の知見を活かし、企業のコンテンツ・マーケティング戦略をサポート。戦略立案、コンサルテーション、構築制作、運営までを行う。2008年ターゲット・メディアカンパニー、 メディアジーンを設立。GIZMODO JAPAN、lifehacker日本版、kotakuなどのブログメディアや、Cafeglobe、MYLOHAS、glittyなど女性メディアなど8つのメディアを運営するメディア企業として、ネイティブアド(広告)をはじめとしたコンテンツ・デリバリーの施策を提僑
今井 雄太
今井 雄太
アマゾンデータサービスジャパン(株)
ソリューションアーキテクト
1+
Will be speaking at
[B-4]
ビッグデータ時代のクラウド活用とは?
2004年にNTTコミュニケーションズに入社し、ネットワークエンジニアとしてISP向けのSI等を経験した後、2007年よりNTTレゾナントにてgooのリスティング広告関連システムの開発を経て、2010年にミクシィに転職。ここでも広告関連のシステム開発に約2年半携わった後、2012年アマゾンデータサービスジャパン入社。主にアドテク、デジタルマーケティングのお客様を担当しています。
井上 大輔
井上 大輔
ニュージーランド航空
オンラインセールス部長
1+
Will be speaking at
[B-2]
アトリビューション分析がもたらす効果と売り上げ
現職ではニュージーランド航空日本支社において、オンラインダイレクト部門のビジネスを統括。ニュージーランド航空では、アクイジション(広告)、コンバージョン(サイト&コンテンツ開発)、リテンション(CRM)を、本社のラインに属するのではなく、GM Japan直下でそれぞれ日本独自に展開している。 サーベイ調査(アンケート調査)で得られた情報と、アクセスログデータ、広告のパフォーマンスデータを全て自社で調査設計、ローデータから分析し、戦略立案を行うのが特徴。クリエイティブの作成、メディアバイイングも一部インハウスで行う。 米国、英国、本国ニュージーランドを始め全世界のオンライン部門責任者と定期的に情報交換し、成功事例を共有。日本発で本国に「逆輸入」した成功事例も多い。 前職ではYahoo!JAPANでe-commerce事業のサービス企画・ビジネス開発・事業戦略立案などを担当。e-commerceサイトのセラー(販売者)向けの広告商品の開発経験もある。
井上 英昭
井上 英昭
ビートレンド(株)
代表取締役社長
1+
Will be speaking at
[C-3]
O2O戦略: 実店舗とネット店舗の共存共栄をするためには
1984年日本ディジタルイクイップメント(株) に入社。 1995年日本オラクル(株)に入社し、 ビジネスアライアンスやサプライチェーンマネジメントの推進。 ハイテク産業営業部長 2000年ビートレンド(株)を設立し、代表取締役社長に就任( 現任)。 導入企業実績約2,000社、30,000店舗のモバイルマーケティングサービス「betrend」を提供中。 著書に「モバイルコマース&プロモーション(宣伝会議)」
井上 慎也
井上 慎也
アドビ システムズ(株)
デジタル マーケティング スペシャリスト
2+
Will be speaking at
[B-4]
ビッグデータ時代のクラウド活用とは?
大阪大学大学院修了後、2004年にP&G Japan入社。ヘアケア製品を中心としたオンラインマーケティングを担当、2008年から外資製薬企業のイーライリリーにてeBusiness変革業務に従事。
2010年より現職アドビ システムズ 株式会社にて、Digital Marketing全般の統括、促進を担当。
自社のデジタル マーケティング ソリューションを活用しつつ、従来のマーケティング手法から、デジタルマーケティングへの転換を戦略・企画運営・計測・解析まで、各製品担当・各部署・US本社と共に改善と最適化を進めている。
砂金 信一郎
砂金 信一郎
日本マイクロソフト(株)
テクニカルエバンジェリスト
マネージャー
3+
Will be speaking at
[B-4]
ビッグデータ時代のクラウド活用とは?
マイクロソフトでクラウドコンピューティングやデバイスを、スタートアップ向けに啓蒙するエバンジェリストチームのマネージャー。BigData活用やスマートTV、O2O、スマートシティ系など先進的なプロジェクトに参画。東京工業大学出身。株式上場前の日本オラクルで新規事業開発を担当。その後、ドイツ系戦略コンサルティングフゼムに移り自動車や運輸、消費財などのクライアントにおけるマーケティングを含む戦略立案プロジェクトに従事。スタートアップ企業でマザーズ上場を経験した後、クラウドで世の中の変革を加速するWindows Azureの世界観に魅せられてマイクロソフトに参画。日本におけるクラウド黎明期よりクラウド関連の講演、著書多数。自社製品に閉じず、高い視座で客観的に本質を語るスタイルが信条。自他共に認めるガンダム好きで、特に戦略シミュレーションものにぐっときます。
石橋 昌文
石橋 昌文
ネスレ日本(株)
チーフ・マーケティング・オフィサー
常務執行役員 マーケティング&
コミュニケーションズ本部長
1+
Will be speaking at
[A-1]
ブランド構築プラットフォームプログラムとは?
1985年ネスレ日本に入社。 営業本部、ネスレUKを経て、1992年ネスレマッキントッシュ株式会社 (現コンフェクショナリ―事業本部)。その後、ネスレスイス本社を経て、2001年ネスレコンフェクショナリー株式会社(現コンフェクショナリ―事業本部)マーケティング部カテゴリーマネジャー、キットカットの受験生応援キャンペーンに携わり、成功に導く。2005年同マーケティング統括部長。2009年ネスレ日本常務執行役員コミュニケーションズ゛&マーケティングエクセレンス本部長、2012年チーフ・マーケティング・オフィサー(CMO)に就任。現在、CMOとして、組織を横断的にみて、あらゆる部門においてマーケティング力を発揮させる役割を担う。
石田 貢
(株)フレイ・スリー
代表取締役
1+
Will be speaking at
[A-2]
スマートフォン&タブレット革命が巻き起こすブランド広告主へのインパクトとは
1977年金沢市生まれ。(株)フレイ・スリー代表取締役CEO。デジタル広告黎明期にキャリアをスタートし、大手企業サイトを多数立ち上げた後、ピラミッドフィルムグループにて映像・3DCGを活用したブランディング、デジタル広告キャンペーンのクリエイティブを展開。国内外の広告賞を多数受賞し、2012年にフレイ・スリーを設立。スマートデバイスとソーシャル領域を中心に、クリエイティブバックボーンを生かしたデジタル広告ソリューション、サービスの企画開発を行っている。
石黒 不二代
石黒 不二代
ネットイヤーグループ(株)
代表取締役社長 兼CEO
5+
Will be speaking at
[C-6]
経営者から学ぶビジネス成功秘訣とは?
ブラザー工業、スワロフスキージャパンを経て、米スタンフォード大学ビジネススクールに留学。
MBAを取得後は、シリコンバレーでコンサルティング会社を起業し、日本の大手企業と米国のベンチャー企業の技術移転に従事する。
ネットイヤーグループ創業に参画し、わずか10年で年間売上高35億円、大手グローバル企業を中心とする150以上の顧客を持つまでに成長させる一方、経済産業省産業構造審議会委員などの公職も務めている。
石井 哲
石井 哲
グーグル(株)
LAAM マーケティング
統括部長
1+
Will be speaking at
[D-5]
Engaging with video
- YouTubeが可能にする、多様なユーザーとのブランドエンゲージメント
日本国内の大手広告主及び広告代理店向けマーケティング プログラムの開発、運営の統括を担う。
グーグル株式会社入社以前は外資系総合広告代理店に在籍。日系、外資系双方の出資会社の恩恵を受け、グローバルの幅広いジャンルに渡るマーケティングのベストプラクティスを経験。 13 年間の在籍期間中は、マスメディアのみならず、日系企業のグローバル展開における CI 活動やブランディング キャンペーンの実施、2005 年には QR コードを活用したプロモーション開発など、デジタル及びリテールを中心としたターゲット特性に沿ったブランドコミュニケーションや販促活動に従事した。 また、他業種企業との業務提携を通して得意先の業務の一括アウトソーシングを担い、ビジネスの効率化及び拡大のためのあらゆるビジネスモデルの開発を営業本部長としてリード。
石川 浩之
石川 浩之
蟷饑呼
宣伝制作部
コミュニケーション企画室
参与
3+
Will be speaking at
[A-1]
ブランド構築プラットフォームプログラムとは?
1977年蟷饑呼夏社、大阪の販売会社で営業を担当。1986年螢ぅ廛気捻超斑甘および宣伝部長。1997年からファイントイレタリー事業本部で宣伝企画を担当し、その後マーケティング戦略、営業戦略を経験。2006年からは蟷饑呼欧離沺璽吋謄ングユニットでヘアケア、メンズ、ボディケアの責任者となり、TSUBAKI、スーパーマイルド、マシェリ、ウーノ、シーブリーズ、アネッサ等のブランドマーケティングを担当。2007年事業企画部マーケティング戦略室長、2009年よりコミュニケーション戦略室長。クロスメディアのプランニング・バイイングと商品PR業務を中心に国内化粧品事業に関連するコミュニケーション戦略の立案と実行を担当。現在は、5月に立ち上げた資生堂公式Facebookページの編集長。
石森博光
石森博光
アドイノベーション(株)
代表取締役社長
1+
Will be speaking at
[D-7]
累計1000万DL以上!ヒットアプリのマーケティング戦略裏話
1977年生まれ。東京学芸大学教育部卒。
商社とコンサルティング会社を経験した後、2005年株式会社ライブレボリューションに入社。新規で立ち上げたモバイル広告代理店事業が3年で年商20億円規模に成長。その後、株式会社ECホールディングスに入社。
事業部の責任者として6ヶ月間で黒字化を達成。オフゼを受け、モバイル広告代理店アズアンドコー株式会社の経営にCEOとして2009年4月から1年間参画。結果、年商3億円から6億円に2倍成長。2010年3月15日、
「広告の新しい価値を生み出し、社会に貢献する」という使命のもと、
アドイノベーション株式会社を設立。現在はスマートフォンアプリに特化したマーケティング支援サービスを行いながら、自社開発したアプリ向けの広告効果解析ツールを提供し、海外展開を加速中。

 

tanakaccciさん

「東京マーケット情報に関する記事をもっと見る」

田母神さんの健闘

2014-01-19 12:06:00

いる。ラジオNIKKEIのニュース番組「マーケットプレス」のホームページで15日から、主な立候補予定者の名前を挙げて、「東京都知事にふさわしいのは誰?」と聞いたところ、何と、元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)が、8割以上の票を集める1位となっているのだ。マスコミは愚劣な媒体で、日本にいる...もっと見る

83・15%(6835票)とトップで、事実上の2強とみられる舛添氏や細川氏、それ以外の候補を大きく引き離している=別表参照。マーケットプレスは、毎週月曜から金曜、午前9時から同11時35分と、午後0時半から同3...もっと見る

!!! 5年後の目標! !!!

2014-01-19 04:40:38

楽天市場26(36) 東京ディズニーランド27(18) AKB4828(30) ユニクロ29(38) 楽天トラベル30(-) 進撃の巨人31(45) 天気予報32(32) pixiv33(27) JAL34(33) ソフトバンク35(19)...もっと見る

保守への覚醒 さんより転載です。☆田母神氏、断トツ本命!? 都知事選アンケートで異変 8割以上の票集め&hellip東京都知事選(23日告示、2月9日投開票)のアンケートで異変が起きている。ラジオNIKKEIのニュース番...もっと見る

もっと見る
東京マーケット情報とは
『東京マーケット情報』(とうきょう・-・じょうほう)は、NHK-BS1で株式市場が開かれている平日(月曜日から金曜日)に放送されている株式市況番組。かつては海外向けのNHKワールド・プレミアムでも15時台のみ同時放送されていたが、2011年5月上旬頃に事実上打ち切りとなった(当該時間帯に国会中継「党首討論」が放送され...

もっと見る

関連商品