伊藤惇夫についてのブログ(評価・レビュー・口コミ・感想)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/12/19更新

ベータ版で公開(ご意見募集中!)

tags

7月26日(金)のつぶやき その2


浅野まこと(人間の尊厳のために)@makochan196913:32
【未来への挑戦ァ枌話羞〆錣箸いΔ里牢蔽韻修Δ罵動廚任呂覆い茲Δ任后0貶、海底は地殻部分が5キロ程度であるため、日本の科学掘削船「ちきゅう」が海底下から7,000メートルを掘って人類初のマントル採取を試みる予定になっているそうです。
1 件 リツイートされました
from web返信 リツイート お気に入り


浅野まこと(人間の尊厳のために)@makochan196913:35
【未来への挑戦Α曚海離泪鵐肇襪吠射性廃棄物を投げ込むことが出来れば放射性廃棄物の処理は解決したということになるのかもしれません。
1 件 リツイートされました
from web返信 リツイート お気に入り


浅野まこと(人間の尊厳のために)@makochan196913:38
@hivere 知らないから教えて〜
from web返信 リツイート お気に入り


ジョージ@GeorgeBowWow13:31
最も汚い冤罪による言論統制だ。@nomad_ozland: @cats_mam @makochan1969 @hurati まだでしたらこちらも併せてご覧下さい→alcyone-sapporo.blogspot.jp/2013/07/blog-p…”
浅野まこと(人間の尊厳のために)さんがリツイート | 4 RT
from web返信 リツイート お気に入り


浅野まこと(人間の尊厳のために)@makochan196913:43
SOS救急笛の説明資料を改定しました。是非、ご覧下さい。 blog.goo.ne.jp/ma-trust/e/c12… @makochan1969さんから#笛を吹いて歩こう♪
1 件 リツイートされました
from Tweet Button返信 リツイート お気に入り


浅野まこと(人間の尊厳のために)@makochan196913:52
1. 再生可能エネルギー国際展に行ってきました。僕が注目したのはこの小型の洋上風力発電。福島沖に2メガWの巨大なプロペラ型のものが実験稼働したばかりですがプロペラ型は頭が重くそれを安定させるために設備が巨大となり pic.twitter.com/YqxirzbJmA

2 件 リツイートされました
from Photos on iOS返信 リツイート お気に入り


浅野まこと(人間の尊厳のために)@makochan196913:57
2. 建設費用が高くなってしまうようです。それに比べこのN-Wwingはプロペラを水平につけることで小型化が可能で同じ費用で沢山設置することが出来ます。まだ、実験機段階とのことですがこの試作品を個人で発表されている pic.twitter.com/Y75X8nhHuC

1 件 リツイートされました
from Photos on iOS返信 リツイート お気に入り


浅野まこと(人間の尊厳のために)@makochan196914:02
3. 永田龍彦さんは風力発電の世界では実は有名な方で私もお会いしたいと思っていた方でした。再生可能エネルギー国際展に出品している企業の多くは大手企業が中心(篠田(株)も出店中)ですが pic.twitter.com/i4fJBXv1y4

1 件 リツイートされました
from Photos on iOS返信 リツイート お気に入り


浅野まこと(人間の尊厳のために)@makochan196914:06
4.その中にあって永田さん(隣は奥様)は異彩を放っておられました。この技術は、僕の勘では早晩、資金がついて商品化されると思います。頑張ってね。永田さん! pic.twitter.com/ueFimSPaH6

1 件 リツイートされました
from Photos on iOS返信 リツイート お気に入り


浅野まこと(人間の尊厳のために)@makochan196914:12
あほう元首相 RT @iwakamiyasumi: 「日本の水道、全部民営化します」とCSISで言い放った日本一の売国奴、今度は姥捨発言。RT @politics_InfoJP:麻生副総理「さっさと死ねるように」高齢者高額医療で発言 bit.ly/13ecylp
14 件 リツイートされました
from ついっぷる Pro for iPad返信 リツイート お気に入り


新宿デイジー@Shinjukudaisy11:31
鈴木哲夫「細野幹事長にしても、責任を取って辞めるなら、今すぐ辞めるべきでしょう。なぜ8月末なのか。幹事長として菅・鳩山両氏に引導を渡し、参院選の敗因を総括するのが最後の仕事だと言っていますが、それなら、すべてを終えた段階で辞意を表明すればよかった。結局、ええかっこしいなんですよ」
浅野まこと(人間の尊厳のために)さんがリツイート | 11 RT
from ついっぷる Pro for iPhone返信 リツイート お気に入り


新宿デイジー@Shinjukudaisy11:31
鈴木哲夫「森元首相が引退後にテレビで好き勝手なことを言ったからと自民党が処分を検討しますか? 民主党の低能ぶりには呆れて言葉もありません。誰も責任を取らない。すぐ他人のせいにする。政党としてのガバナンスがまったくなっていない」bit.ly/17HaRBs
浅野まこと(人間の尊厳のために)さんがリツイート | 9 RT
from ついっぷる Pro for iPhone返信 リツイート お気に入り


浅野まこと(人間の尊厳のために)@makochan196915:16
まだ役員報酬もらってたの? RT @YahooNewsTopics: 東電社長ら汚染水流出で減給 yahoo.jp/YN4nLd #東京電力
7 件 リツイートされました
from ついっぷる Pro for iPhone返信 リツイート お気に入り


Nobuyo Yagi 八木啓代@nobuyoyagi14:33
ですよね RT @ho9107sei 石井みどりは「石井」「いしい」と書くだろう、ふつーは。@corn @pyrrhula2 それなら「緑」「みどり」は「みどりの風」と「緑の党」の按分にするべきで、石井みどりに按分するのはおかしい RT @shibutetu 比例代表
浅野まこと(人間の尊厳のために)さんがリツイート | 15 RT
from ついっぷる Pro for iPhone返信 リツイート お気に入り


利他不動@ritafudou22:11
「私は確かに比例区はみやけ雪子と書いて投票しました。ところが今朝の信濃毎日新聞では、松本市でのみやけ雪子の得票は0票でした。おかしいよね!」 ←松本市の会社社長からの報告だそうです。
(今朝届いた友人のCaccyoさんのメールから)
浅野まこと(人間の尊厳のために)さんがリツイート | 350 RT
from ついっぷる Pro for iPhone返信 リツイート お気に入り


NicoTPP反対・脱原発・反ネオリベ@HiroNicoK10:08
岸・安倍(自民清和会)、笹川良一、児玉誉士夫、文鮮明・統一教会、国際勝共連合、日本財団(東京財団)、親米保守の繋がり。マスコミが取り上げないのでタブーなのかなと感じる人も出るだけのことで、こんなものはタブーでも何でもない。ウィキにも出てるし。みんながちゃんと口に出すべきなのです。
浅野まこと(人間の尊厳のために)さんがリツイート | 64 RT
from ついっぷる Pro for iPhone返信 リツイート お気に入り


てんたま@tentama_go10:54
医薬品Aを開発→保護期間切れる→医薬品Bとして申請。再度保護→権利切れる→医薬品Cとして申請 (以下繰り返し) ジェネリックをいつまでたっても出せなくすることも可能なのがエバーグリーニング条項・・・TPPについてこういったことを教えてくれた斎藤恭紀議員も今は落選・・
浅野まこと(人間の尊厳のために)さんがリツイート | 175 RT
from ついっぷる Pro for iPhone返信 リツイート お気に入り


新宿デイジー@Shinjukudaisy11:32
伊藤惇夫「やることなすこと国民感情とズレているのが民主党です。当事者意識が希薄で、誰も泥をかぶらず、責任転嫁してばかり。そういう体質が決定的に嫌われた理由なのに、気づかず、戦犯が居直っている。大学のサークル活動のノリが抜けないのです」bit.ly/17HaRBs
浅野まこと(人間の尊厳のために)さんがリツイート | 16 RT
from ついっぷる Pro for iPhone返信 リツイート お気に入り


浅野まこと(人間の尊厳のために)@makochan196916:22
ご参照→ officematsunaga.livedoor.biz/archives/50319… RT @ash0966: かつてのタウンミーティングを思い出すな。広告代理店にいくら払うんだろう。 / “朝日新聞デジタル:自民、憲法改正草案の「国民対話集会」検討 - 政治” htn.to/3hudbo
4 件 リツイートされました
from ついっぷる Pro for iPad返信 リツイート お気に入り


孫崎享@magosaki_ukeru12:33
スノーデン;25日ノーボスティ「米国上院歳出委員会はロシアを含めスノーデンを助ける国に対し制裁を課すことを検討」
浅野まこと(人間の尊厳のために)さんがリツイート | 78 RT
from ついっぷる Pro for iPad返信 リツイート お気に入り


浅野まこと(人間の尊厳のために)@makochan196916:25
おめでとうございます! RT @uppekk: 今日誕生日なので、職員がケーキを買ってくれました。
近所の美味しいケーキ屋さん マ・プリエールのケーキです。
ma-priere.com pic.twitter.com/HuRNUTt3HC

from ついっぷる Pro for iPad返信 リツイート お気に入り


史上最強のニュース速報@SAIKYONEWS15:58
岩隈 2年目で初の二桁勝利 - NHK goo.gl/Uh2nCi
浅野まこと(人間の尊厳のために)さんがリツイート | 1 RT
from ついっぷる Pro for iPad返信 リツイート お気に入り


浅野まこと(人間の尊厳のために)@makochan196916:34
やなをイメージしてくらさい。 RT @onodekita: 人からの誹謗中傷を、受け流せるようになると随分、余裕ができるよ。いちいちしゃかりきになって、反論していると、なんと余裕がないのだろうと思う。いいじゃないか言わせておけば。
1 件 リツイートされました
from ついっぷる Pro for iPad返信 リツイート お気に入り


阿部雅彦@tanukiinuyoropi13:55
@makochan1969 ハワイに人が住んでいなければ、、具体的になっていたかも知れません。
火山となって出て来る出口が有るのですから、日本海溝のような深海にサンダーバード?号のような機械を作って掘り進んで行くですけど、海水の重圧で放射能物質の拡散は起きない。メタンハイドレート
浅野まこと(人間の尊厳のために)さんがリツイート | 2 RT
from ついっぷる Pro for iPhone返信 リツイート お気に入り


阿部雅彦@tanukiinuyoropi14:01
@makochan1969 存在するのと同じ理屈です。しかし、当面は地上の安全な場所で保管しておいて、原子核物理での解明ができるようになるのを待った方が良いでしょう。元々は、電子と陽子の組み合わせで、起きている事ですので、いずれ原因は解って来るでしょう。
浅野まこと(人間の尊厳のために)さんがリツイート | 2 RT
from ついっぷる Pro for iPhone返信 リツイート お気に入り


Follow @makochan1969

asanomakoto_1969さん

【猪瀬都知事】:辞職へ 識者の話

【猪瀬都知事】:辞職へ識者の話

●乾龍の『漂流日本の羅針盤』・【最新ニュースから見え隠れする闇】:【猪瀬都知事】:辞職へ識者の話

◇問題長引かせ混乱−−政治アナリストの伊藤惇夫氏の話
政治家なら引き際を判断できるはず。ずるずると引きずってしまった印象だ。上昇志向、ポスト志向の人で、本当の意味で政治家ではなかったのだろう。辞めずに問題を長引かせ、混乱を招いた。五輪を成功させるため身を引くとか、周辺状況も判断できなかったのだろう。東京都議会では当初は真摯(しんし)に答えていたが、辞めざるを得ないと途中から思い始めたのか、表情や態度が変わり、開き直っていたように感じる。
◇つるし上げに疑問−−ジャーナリストの江川紹子さんの話
東京都議会もマスコミも、猪瀬知事を巡る問題の真相を追及するというよりは、つるし上げで辞任に追い込もうと動いてきた印象だ。ネットでの炎上と似たような空気に強い違和感を覚える。副知事時代の尖閣諸島問題への稚拙な対応など評価できない部分もある半面、東京電力への対処など現実的な対応をしてきた部分もある。彼を知事の座から引きずり下ろして都知事選をやることが、都民の利益になるのか疑問だ。
元稿:毎日新聞社東京朝刊ニュースセレクト政治【地方行政・東京都】 2013年12月19日 03:26:00 これは参考資料です。転載等は各自で判断下さい。

adragonisflying12345さん

1強他弱打破のためにはエセ政界再編・政権構想論を論...

江田脱党・離党劇が政界再編の「起爆剤」になるかどうか、「起爆剤」となる時は、国民の不幸の延長戦となるでしょう。しかし、それを許してならないことは明らかです。戦後68年経ったというのに、日本の歴史上、国民のための政権は未だ未完成です。戦前は天皇主権の天皇制軍国主義政府に、戦後は、国民主権の下にありながら、戦勝国アメリカに追随した、財界のための政権がずっと続いてきました。
 
戦後レジームの総決算を目論む安倍自公政権の暴走をストップさせるためには、単なる政策変更という意味のストップでは国民の要求は叶わないところまで、政治的・経済的・文化的に行き詰まってきました。それは、東日本大震災の復興と原発への対応をめぐる課題、さらには大企業を大儲けさせるために国民の税金を投資し続けてきた結果つくりだされた「財政危久の解決であり、それを解消するという口実で強行された消費税とその増税と、その一方では社会保障の削減と、その結果つくりだされた国民的貧困の解決であり、一方では膨大な内部留保に象徴されている富裕層の富とその分配の方法を巡る課題です。
 
「極東」から「周辺」地域、そして「地球的規模」の「平和と安全を」という口実を最大限利用し正当化するためにその都度用意した様々な「脅威」論にもとづく米軍基地の配備とその永続的使用と国民の「負担」、すなわち命の安全・安心の危機的状況と、TPPなどにみるようにアメリカの多国籍企業による国家主権の侵害と食料や医療や知的財産権などをめぐる国民生活の破壊とその擁護の課題をどのように国民的運動によって解決していくかという課題です。
 
以上の国民的課題を圧倒的多数の国民による運動で解決していくためには、大いなる論争、イデオロギー闘争が必要です。それは日々、マスメディアをとおして振りまかれているアメリカと日本の多国籍企業の利益を擁護するイデオロギーとのたたかいの必要性です。その一つは国民同士の分断を排除して連帯する力を構築するたたかいです。二つ目は中国・北朝鮮・テロの「脅威」論にもとづく軍事優先の安全保障論を上回る非軍事的人間優先の安全保障論を構築するたたかいです。三つ目は、人類が「幾多の試練に耐え」て「不断の努力」で営々と築きあげてきた人権思想の形骸化とのたたかい、人権思想を豊かなものに発展させるたたかいです。
 
以上の問題意識を基礎に、アメリカと日本の多国籍企業の政治代理装置である現在の安倍自公政権をどのように国民的運動、選挙によって倒し、新しい救国暫定国民連合政権を樹立し、国民生活擁護の政策を具体化するか、です。
 
そのためには、一つひとつの政治・経済・文化思想的状況に対して、「国民目線」の側から論争し、圧倒的多数派となるたたかいが必要不可欠です。マスメディアを通して流布されるイデオロギー、デマゴギー、スリカエ、ゴマカシを「丁寧に紐解いて暴いて」いくたたかいです。国民が「なるほど」と得心する日本語と論理と思想を流布させることです。そうしたたたかいと一体的なものとして、国民自身のたたかいが、あらゆる側面から発展するような運動論の提起です。
 
こうした運動が多様に交流されることに成功すれば、すなわち国民の知る権利が保障されるのであれば、国民の運動は多彩に、多様に、幅広く発展していくことでしょう。ここに現局面の最大のポイントがあるように思います。これはすでに、非正規・派遣労働反対のテントムラのたたかい、そして昨年のゲンパツサイカドー反対ん官邸前行動、今年の「特定」「秘密」「保護」法反対運動で体験してきました。これは、これまでの、どの運動に負けないような量と質をもった運動だと思います。安倍自公政権を着実に追い詰めています。
 
こうした運動が底流になって、石破発言や安倍・菅官房長官発言が出されて、内閣支持率の低下や、安倍自公政権の政策に対する各社のTPP・普天間基地問題、税制改革問題など、一連の批判的社説が書かれているのだと思います。こうした動きが、江田脱党・離党問題となっているようにも思います。明らかに風向きが変わりました。
 
では、以下の記事を検証することで、風向きの変化を検証してみます。
 
江田「新党」に対する風向きは、明らかに批判的であることが判ります。お読みください。今までマスコミが煽ってきたことなど、全く無反省ですが、同じ手法が使えないところにまで来ていることが判ります。
 
TVでた蔵トップhttp://datazoo.jp/w/%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E5%85%9A/17206864
2013年12月15日放送8:00 - 9:54TBSサンデーモーニング風をよむ
特定秘密保護法の成立を受けて、安倍内閣の支持率は大幅に下落した。野党への期待の声も聞かれる中、渡辺喜美代表のみんなの党から江田憲司前幹事長が離党し、分裂してしまった。野党の支持率は軒並み一桁で、国民の不満の受け皿とはとても言えない。なぜ強い野党がなくなってしまったのか。かつて土井たか子委員長らが所属した社会党は支持率で一時橋下龍太郎幹事長の自民党を上回ったこともあった。参院選でも議席を伸ばし、当時の社会党は自民党の対抗勢力として存在感を発揮してきた。その後社会党にかわる強い野党となったのが民主党で、2009年には政権交代を果たした。しかし民主党政権は3年で終わり、現在の一強多弱の構造となった。東洋大学社会学部の薬師寺克行教授はその背景を「現在の野党は、自民党の補完政党と、騒ぐだけ騒いで消えていく政党の2つに分かれる。政策や理念もなく、とても政権交代できる政党になりえない」と指摘した。(引用ここまで)
 
2013年12月15日放送7:30 - 8:55フジテレビ新報道2001(ニュース)
前みんなの党幹事長・江田憲司衆議院議員ら14人の国会議員が離党届を提出した。18日に新党を旗揚げする予定だ。さらに民主党などの議員らと「既得権益を打破する会」という勉強会も発足させた。しかし民主党・細野豪志前幹事長は「この会は新党設立が目的ではない」と語った。政治アナリストの伊藤惇夫氏は「民主党が崩れないということを最優先という意識だと思う」と述べた。背景には山口壮元外務副大臣などの離党があるという。一方、日本維新の会の橋下徹共同代表が「民主党は政治的な価値観で両極端。わかれたほうが国の為」と10日に語った。しかし翌日。東国原衆議院議員が離党届を提出した。又、13日の産経新聞に平沼赳夫代表代行の「大阪系が離れたいというなら離れたっていい」という発言が載った。江田憲司衆議院議員は橋本龍太郎元首相の首席秘書官を務めていた当時、既得権益のしがらみに嫌気を感じ後に、国政を目指すこととなった。「中央公論」2003年3月号のインタビューで「政界再編なくして構造改革なし」と述べている。江田氏の好きな吉田拓郎の「今日までそして明日から」が流れた。(引用ここまで)
 
以下の記事で指摘したことは、世論となりつつあります。バブル政党による政界再編劇は通用しないような論戦が必要です。
 
結局は国会議員=既得権益=政党交付金ほしさの脱党劇!江田議員の見苦しい言い訳!議席返上がスジ!(2013-12-13 09:12:27)
 
議席の返上について  2013-12-13 12:50:27 http://ameblo.jp/koutamatsuda/entry-11728423228.html
 
江田脱党・離党劇は各紙の社説にどのように書かれたか、検証してみます。
10日から、今日までの間で、以下の社説しかありません。新党結党の際に、どのような見解が表明されるか、楽しみです。
 
読売新聞みんなの党分裂/「江田新党」は野党再編序章か/2013/12/10 2:00
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20131209-OYT1T01358.htm
産經新聞みんなの党分裂/再編の旗印をどう掲げる2013/12/10 6:00
http://sankei.jp.msn.com/column/topicslist/../../politics/news/131210/stt13121003330003-n1.htm
京都新聞野党の再編/自民補完勢力は要らぬ2013/12/12 10:05
http://www.kyoto-np.co.jp/info/syasetsu/20131212_3.html
熊本日日野党再編/基本政策置き去りにするな2013/12/12 10:06
http://kumanichi.com/syasetsu/kiji/20131212001.xhtml
愛媛新聞みんなの党分裂/巨大与党を利してはならない2013/12/12 10:06
http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017201312123555.html
神戸新聞みんなの党分裂/巨大与党とどう向き合う2013/12/10
http://www.kobe-np.co.jp/column/shasetsu/201312/0006560513.shtml
新潟日報みんなの党分裂野党結集はまだ不透明だ/2013/12/13 10:05
http://www.niigata-nippo.co.jp/opinion/editorial/20131213083956.html
河北新報みんなの党分裂/野党の役割を鍛え上げよ/2013/12/14 8:00
http://www.kahoku.co.jp/shasetsu/2013/12/20131214s01.htm
 
「政界再編」を期待する社説はどこか、ハッキリしています。安倍自公政権の支持率が軒並み低下してきたからこそ、安倍自公政権の補完的政界再編を心躍るような気持ちで待ち望んでいることでしょう。
 
数合わせの「政界再編」論を批判する社説が提起していることは、安倍自公政権の受け皿となるべき「野党の結集」論です。マスコミは単なる野合を煽るのではなく、政策論からみて、安倍自公政権に対抗できる政党と国民の運動を、国民に報せる責任があります。これこそが国民の知る権利の保障です。
 
ところが、この江田氏の動きを無視した社説もあります。圧倒的多数は、「不透明」だからでしょうか、「みんな」も「維新」も、その補完勢力化ぶり浮き彫りになってきています、これが日々強まっていることは社説を読んでいても判ります。こうした江田氏の動き方とそれを評価する社説の顕れ方をみると、江田新党は、早晩破綻することでしょう。勿論破綻させないために、次の手を打ってくることは間違いありません。それは「自共対決」だけは避けたいからです。安倍自公政権の支持率の確保と安倍氏の政権投げ出しだけは阻止しなければならないからです。
 
最後に、これらの社説から学ぶとすると、「政界再編」劇に期待していることは何か、その点を拾ってみました。ご覧ください。 
まず応戦団の社説です。何を期待しているか、一目瞭然です。
 
産経
たもとを分かった両勢力が政策的にどう異なるのか分かりにくい…江田氏らが新党を結成する場合、憲法改正にはどのような立場をとるのか、集団的自衛権の行使は認めるのか。再編に向け他党との関係を探る前に、基本政策に関する立場を固める必要がある…法的には新党参加は認められるが違和感は残る。再出発がふさわしいと思われるような優れた理念と政策を磨けるかが問われる。(引用ここまで)
 
読売
野党再編への序章となる可能性がある。…今後の焦点は、江田氏の動きが、民主党や日本維新の会を巻き込み、政党の枠を超えた連携や野党再編に発展するかどうかだ。…自民党が突出した「1強多弱」の状況の下、野党の結束が問われている。巨大与党に対抗し、発言力を高めるために、野党が勢力結集を目指すのは理解できる。だが、政治理念、政策で一致できるのか。維新の会の松野頼久幹事長代行が、維新と「江田新党」による統一会派結成という緩やかな連携を呼び掛ける意向を示しているのは、現実的と言える。(引用ここまで)
 
次は、「野党」結集に「期待」しつつも、安倍自公政権と対峙できるかどうか、憲法や安全保障などの政策論を優先しています。この間の反省は微塵もありませんが、こういうことを言わねばならないところに、現局面があります。
 
新潟日報
再編のために求められるのは、巨大与党との対立軸をつくることだ。焦眉の急は、臨時国会で数の力で押し切った秘密保護法に反対する世論の受け皿になることではないのか。…再編は15年春の統一地方選をにらみ、時間をかけて進める戦略とみられるが、政権と対峙して論陣が張れるような腰の据わった体制をつくらないと、世論からは冷ややかな視線を浴びることになろう。(引用ここまで)
 
愛媛
みんなが分裂前の影響力を維持しうるか、党派を超えた連携に突っ走る江田氏らの動きが、巨大与党に対抗しうる野党勢力の結集に結びつくかについては、疑問符をつけざるを得ない。…1強多弱の政治情勢の中、重要な政治課題で、政権・与党に対峙しうる野党勢力の存在は不可欠だ。分裂で弱小野党を増やし、巨大与党を利しただけとのそしりを受けるようなことにしてはならない。(引用ここまで)
 
河北新報
政党は政策に関与してこその側面がある。当面、政権交代を望めず、野党再編や新党結成にも乗れない。となれば、元来、保守の渡辺代表が古巣との距離を縮め、是々非々を超えて「自民党渡辺派」的な方向に流れても不思議はない。…与党に対抗し政策に影響力を行使し得る野党勢力の結集は望ましい。ただ、数合わせでは意味がない。存在感のある野党としての足場固めが先決だ。民意に沿いつつ重要政策を鍛え直して、まずは巨大与党に論戦を挑むべきだ。その上で、政策のすり合わせを慎重に進めて各党の垣根を低くする。その先に初めて統一会派や、機が熟せば合併の方向も見えて来よう。国民が野党各党に期待し、望む役割を地道に果たしていくことが、信頼感を醸成し支持を高める道だ。しばらく国政選挙はないとみられ、時間はある。(引用ここまで)
神戸新聞
だが、この動きが巨大与党に対抗しうる勢力の結集を加速させるかどうかは不透明と言わざるを得ない。…なぜ今、新党なのか。年内に新党を立ち上げれば来年の政党交付金を受け取れるとの判断も働いたはずだ。野党再編は目的ではなく、よりよい政治を実現する手段である。再編の先に何を目指すのか、政策や理念を語らなければ、国民の理解は得られない。…巨大与党の暴走に、しっかりと歯止めをかけることのできる野党が今ほど求められる局面はない。自公政権に代わる政策の対抗軸をはっきりと示し、党利党略を超えて結集を図る。その戦略と覚悟がなければ、野党のさらなる分裂と弱体化を招くだけではないか。…地方議員や、比例でみんなの党に投票した有権者は困惑するだろう。両氏は離党の経緯や今後の政治活動について、有権者に丁寧に説明する責任がある。(引用ここまで)
 
熊本日日
次期国政選挙や統一地方選をにらみ、一大勢力結集を目指す野党再編へ向け、第一歩を踏み出した。だが、基本政策や理念を置き去りにしたままの数合わせの再編なら、国民の支持を得るどころか、かえって政治不信を増幅しかねない。強大な与党に対峙するには、野党が浮足立つのでなく腰を据えた戦略論議が肝要だ。…巨大与党に対抗する野党の連携は大いに模索していい。だが、現状では目指す再編の方向性に大きな隔たりがある。この勉強会のテーマから憲法や安全保障が除外されている点に、それが象徴されていよう。理念と基本政策での一致を素通りしたままの再編論議にならないか、気掛かりだ。数多くの新党が生まれては消え、そのたびに政治不信を増幅させてきた歴史を踏まえてほしい。…野党は地に足を着け、さまざまな国民運動とも連携しながら、与党の「数の論理」に対抗してほしい。(引用ここまで)
 
京都
衆参両院で過半数を制する「1強」の自民は、特定秘密保護法の採決強行のように、数におごって暴走を始めている。「多弱」の野党がブレーキをかけるには、結束を強めるしかない。その意味で、野党再編を否定はしない。 ただ、新しい勢力の結集は、あくまで「理念と基本政策の一致」(江田氏)に基づくべきだ。にもかかわらず「政権交代が可能な形を示す」(細野氏)「政権交代のリアリティーを持った塊(かたまり)を作る」(松野氏)などと、今から数集めを目的としているようでは、先が思いやられる。寄り合い所帯の弱点をさらし、自壊した民主党政権の失敗を繰り返すだけだ。…いかにも「ぬるい」テーマだ。憲法観や安全保障政策といった政治の背骨となる論点を避けていては、強固な政治集団になりえない。安倍晋三首相が率いる自民は今後、集団的自衛権の行使容認や憲法改正に突き進むとみられる。自由と基本的人権の尊重、平和主義といった戦後の日本が国是としてきた価値観が、根底から揺さぶられかねない。こうした流れに不安を抱く国民は少なくない。…必要なのは自民の補完勢力ではない。自民に真っ向から挑み、現実的な別の針路や選択肢を示せる野党こそが求められている。…2016年夏の参院選まで国政選挙がない公算が大きい。それまでの間、与党に国会を思うがままにさせないよう、野党各党は共闘のあり方を早急に探ってほしい。 安倍自民が繰り出す保守色の強い施策は、野党やそれぞれの議員に政治的信条を厳しく問いかける。その「踏み絵」を通して、野党再編の形も見えてくるだろう。(引用ここまで)
 
では以上の社説のフレーズを使って救国暫定国民連合政権構想と政権公約づくりについて、述べてみます。
 
1.「再編の先に何を目指すのか、政策や理念を語らなければ、国民の理解は得られない」「必要なのは自民の補完勢力ではない。自民に真っ向から挑み、現実的な別の針路や選択肢を示せる野党」だけではなく、「民意に沿いつつ重要政策を鍛え直し」ていく国民的議論によって構築する救国暫定国民連合政権構想と政権公約づくり
 
2.「与党に対抗し政策に影響力を行使し得る野党勢力の結集」だけではなく、「さまざまな国民運動とも連携しながら、与党の『数の論理』に対抗」できる広大統一戦線の構築を基礎にした暫定救国国民連合政権構想と政権公約づくり
 
どうでしょうか、「憲法観や安全保障政策といった政治の背骨となる論点を避けていては、強固な政治集団になりえない」と言いながら、このテーマについて、真っ向から対決している共産党を無視しているのです。
マスコミ自身が日米軍事同盟と憲法の矛盾について、どれだけ具体的に報道してきたのでしょうか。この矛盾を解決する運動をどれだけ報道してきたでしょうか。その点で「国民の知る権利」をどれだけ保障してきたでしょうか。
その点でマスコミが期待する「野党」は、徹頭徹尾自民党の亜流政党なのです。このことを黙殺して、野党結集を呼びかけても難しいでしょう。そのカベをどうすれば打ち破ることができるか、それは国民的運動の発展しかないと思います。「野党」論議だけでは、カベは崩すことはできないと思います。

aikokusyanozyaronさん

「伊藤惇夫」の関連Q&A

もっと見る

1
2
3
4
5
6
7

「次は憲法」というが、実質的に「壊憲」が進められて...

『東京新聞』の記事。「次は・・」ではなく、「解釈壊憲」、「立法壊憲」で、憲法を無化しようとしている。この事態は、『東京新聞』を除いたマスメディアがつくり出したものでもある。

次は憲法警戒を数の力安倍カラー全開へ

2013年12月9日

特定秘密保護法は、反対の声を押し切る形で成立した。国会での圧倒的な「数の力」を背景に、今後“安倍カラー”は全開モードになりそうだ。識者からは「次は憲没と警戒する声が上がる。

政治アナリストの伊藤惇夫さんは「政権与党の数のおごり、抑止力になることを期待できない公明党、非力な野党。もうあとは世論に期待するしかない」と嘆く。

安倍晋三首相が「成長戦略実行国会」とネーミングした臨時国会は結局、お得意の「理念型政策」にシフトしたとみる。「支持率は低下傾向に入っているが、まだ景気、経済に対する期待感で支えられている部分がある。ただ、今後もこの路線で突っ走ると、さらに下がる可能性が高い」と予測する。

迷走した日本維新の会とみんなの党については「野党と与党の間の“ゆ党”。国民にはヌエのような政党に映っただろう」と切り捨て「今後も安倍政権の補完勢力というニュアンスが強まっていくのではないか」と指摘。「総与党化」の状況に「国会の存在意義がなくなる」と危惧する。

昨年十二月の政権発足後、憲法改正への意欲をたびたび表明した安倍首相。改正の発議要件を緩和する九六条改正を打ち出したが、世論の反発を受け、いったんトーンを弱めている。

かわりに進めているのが集団的自衛権の行使容認に向けた動きだ。中国や北朝鮮を念頭に「安全保障環境の厳しさ」を繰り返し強調。日米同盟強化と米軍と自衛隊の一体化推進を図る。

集団的自衛権について検討する「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」を設置したほか、外交・安全保障の包括的な指針となる「国家安全保障戦略」策定のための懇談会もつくって執と布石を打っている。今月四日にはその司令塔となる国家安全保障会議(日本版NSC)も発足させた。

軍事評論家の前田哲男さんは「NSCと秘密保護法をてこに、これから“安倍安保”が着々と展開されるはずだ」と語る。前田さんが注目するのは、政府が近くまとめる新たな防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」と国家安全保障戦略だ。「自主防衛を前面に打ち出し、専守防衛を実質的に放棄する可能性がある」と警告した。

政府は来年にも、集団的自衛権の行使を可能にする憲法解釈の変更を目指す。前田さんは「解釈改憲で自衛隊に集団的自衛権の任務が与えられれば、憲法九条は空洞化する。それが定着すれば本格的な改憲を進めるのではないか」と危ぶんだ。




hamanashigakuさん

12月4日(水)のつぶやき その13


安倍晋三@AbeShinzo20:50
我が国の外交・安全保障政策の新たな司令塔となる国家安全保障会議が今日発足しました。我が国を取り巻く安全保障環境が厳しさを増す中、国民の皆さんの安全を確保していくために必要不可欠なものです。... fb.me/2RlEo399b
悪美(アクビ)さんがリツイート | RT
from Twitter for Android返信 リツイート お気に入り


柴山昌彦@shiba_masa19:31
重要案件で某地上波キー局の報道番組の録画取材。放送が決定したら告知します。
悪美(アクビ)さんがリツイート | RT
from Twitter for Android返信 リツイート お気に入り


きっこ@kikko_no_blog23:15
世界最悪のレベル7の原発事故を起こし、2年半以上が経過しても収束のメドも立たないお手上げ状態なのに、それでも何事もなかったかのように平然と原発政策を推進し続ける安倍政権こそが「テロリスト」だと思う。
悪美(アクビ)さんがリツイート | RT
from Twitter for Android返信 リツイート お気に入り


有本香fanpage@kaorifanpage21:53
ニュースアンカーパート桐本香先生が民主党&細野&原口を、滅多切り。「保守勢力がちょっと強くなってきたら「俺たちも保守だ」これは勘弁してほしいですねw」on.fb.me/129PzNZ
悪美(アクビ)さんがリツイート | RT
from Twitter for Android返信 リツイート お気に入り


YUKIKO54@パッキングしなさい@3Ababe21:53
まおさんどこ見てるのw
asahi.com/articles/photo… pic.twitter.com/C00qSnnHin

悪美(アクビ)さんがリツイート | RT
from Twitter for Android返信 リツイート お気に入り


kon_kon@kon_konchiwa21:53
山本太郎、国会の言論の自由を実力行使で阻止しろとテロを煽る! app.m-cocolog.jp/t/typecast/668…
悪美(アクビ)さんがリツイート | RT
from Twitter for Android返信 リツイート お気に入り


龍山吉野@miminasihouichi21:58
2012-12.04 青山繁晴 水曜アンカー 提凶別寅かまぼこ - dailymotion.com/video/x17zipl_… @DailymotionUSAさんから
悪美(アクビ)さんがリツイート | RT
from Twitter for Android返信 リツイート お気に入り


渡部篤@watanabeatushi12:46
伊藤惇夫氏は、特定秘密法の法案も知らないのだろう。八代弁護士はデモは道路使用許可書でいいの、大笑いだ。デモは都公安委員会に提出しなければならない。それで、弁護士なのですか。 bit.ly/1ijZusi #tbs
悪美(アクビ)さんがリツイート | RT
from Twitter for Android返信 リツイート お気に入り


浅井久仁臣@asaikuniomi22:14
秘密保護法案の地方公聴会が安倍政権によって強引にさいたま市で開かれたが、意見を述べた3人の内2人が自衛隊出身者。前日に突然決められた公聴会。その強引な日程の取り決めのみならず、公述人の選考まで民主主義とは名ばかりの強硬姿勢。
悪美(アクビ)さんがリツイート | RT
from Twitter for Android返信 リツイート お気に入り


悪美(アクビ)@akubi_zame23:35
メディアのコメンテーターの選び方や街の声の選定などこそ民主主義とは名ばかりだと思いますがね。

>RT
from Twitter for Android返信 リツイート お気に入り


Follow @akubi_zame

akubi_zameさん

「特定秘密保護法案」に各界から反対の声があがる〜政...

国民の知る権利を奪う「特定秘密保護法案」。

朝日新聞の最新世論調査に拠れば
・秘密保護法案、賛成25%、反対50%。
・今国会で成立すべき14%、継続審議又は廃案にすべき73%。
・政府の秘密指定信頼できる22%、できない63%。
世論は大半が反対・継続審議をしているのに、政府は今週金曜日に法案を成立させようとしている。
なぜ、こんな欠陥だらけの法案の成立を急ぐのか?
政府は国民の声に耳を傾けよ。

反対の声は全国各地で起こっている市民のデモだけでなく、さらに広がっている。
少し前のこのブログ記事で紹介したのが
・日本ペンクラブ(浅田次郎会長)
・日本雑誌協会
・日本書籍出版協会
・日本弁護士連合会(日弁連)
・日本外国特派員協会
・国際連合人権理事会・特別報告者
・国際ジャーナリスト連盟
・ノーベル賞を受賞した益川敏英さんらが参加する「特定秘密法案に反対する学者の会」では、賛同者がついに2000名に。

・児童文学者や児童文学出版関係者も「次の世代に自由で民主的かつ平和な社会を残していく責務」があるとして、秘密保護法案の廃案を求める共同声明を出した。
直木賞受賞作家の森絵都さん、「ズッコケ3人組」シリーズの那須正幹さん、「魔女の宅急便」の角野栄子さん、「ガンバとカワウソの冒険」の斎藤惇夫さん、児童文学者や絵本作家、講談社、偕成社、岩崎書店、太郎次郎社エディタス、金の星社、評論社、福音館などの出版関係者、書店の児童書担当者など140人。
この人数はさらに広がる予定。

・宗教界からも声が上がる。
真宗大谷派(東本願寺)声明文はこちら→「特定秘密保護法案廃案に関する要望書」
日本カトリック正義と平和協議会
日本キリスト教協議会

・国連の人権高等弁務官のビレイ氏は、特定秘密保護法案について
「秘密の要件が明確でない。政府がどんな不都合な情報も秘密に指定できてしまう」
「日本の憲法が保障する情報へのアクセスと表現の自由を担保する条項を設けないまま、急いで法案を成立させないよう政府と議会に呼び掛けたい」
と発言。
ついに国連の高等弁務官までが懸念を表明した。

・音楽、美術、演劇、映像、出版等の表現者からも。
「特定秘密保護法案に反対する音楽・美術・演劇・映像・出版に関わる人の会(略称「表現人の会」)
賛同者には岩井俊二さん、大貫妙子さん、鴻上尚史さん、坂本龍一さん、村上龍さん、浅田彰さん、 伊藤銀次さん、大友良英(あまちゃん・音楽) 、後藤正文さん、 高橋幸宏さん、 津田大介さん、 中沢新一さん、 ピーター・バラカンさん、 巻上公一さん、 森達也さん、湯川 れい子さん、ほか。
声明文はこちら→「特定秘密保護法案」に反対する声明

・日本脚本家連盟(中島丈博理事長)→「特定秘密保護法案」に対する緊急声明


なお、上記「表現人の会」では、プロ・アマ問わず、表現に関わる人の賛同人を集めている。
ネットで署名できるので、声をあげたい方は以下へ
賛同人募集

※追記
高畑勲、山田洋次の両監督ら5人が連名で秘密法案反対の呼びかけ文を作成し、これに是枝裕和、宮崎駿の両監督や俳優の吉永小百合さん、大竹しのぶさんら日本を代表する映画人を含む264人の賛同が集まった。(東京新聞)

entertainment_2005さん

「伊藤惇夫に関する記事をもっと見る」

11月13日(水)のつぶやき その2

2013-11-14 00:49:22

お気に入りBSフジLIVE プライムニュース @primenews_19:50本日20時から放送のプライムニュースは『自公幹部対立点と出口 特定秘密&国民投票法』と題し、中谷元 元防衛庁長官、斉藤鉄夫 公明党幹事長代行理、後半に政治アナリストの伊藤惇夫氏を迎えお話を伺います。...もっと見る

「脱原発」で社民党首と会談 小泉純一郎元首相に“愉快犯”の見...

2013-10-30 15:00:30

これにカチンときたという見方だ。今回の会談は、21日に吉田が呼びかけ、25日に小泉から「OK」の返事がきて実現したという。安倍の発言に「コノヤロー」と思って、会談を受けた可能性は十分ある。政治アナリストの伊藤惇夫氏は「愉快犯みたいなものでしょう」と、こう...もっと見る

8月4日(日)のつぶやき その2

2013-08-05 01:05:55

さんがリツイート | 1 RT fromjigtwi返信リツイートお気に入り水野博雄 @komi111415:47こんなとんでもない発言をした政治アナリストは伊藤惇夫だそうです。伊藤惇夫の発言も切り貼りしてもOKですな。→twitter.com/den_two/status…yuu...もっと見る

「参院選から見える日本政治の行方」と題して政治アナリスト伊藤惇夫氏を淡路に迎え東京での裏話しや首相に成りたい人物では国は後退、日本国をどのよう導くか常に政策目標もつ人物でないと国のトップは務まらない前話しから:...もっと見る

もっと見る
伊藤惇夫とは

もっと見る

「伊藤惇夫」に関するキーワード
関連商品