全国仲人連合会 広島東支部長の独り言 ★ 婚活原則 自分を変えればターゲットが急増する!    

健康寿命HL=f(健康H、環境E)☆パートナーのいる環境は、心と体の健康改善に効果的で健康寿命に良い影響を与えます。

涯未婚率2割に驚くのは愚:近隣諸国はもっと高率に

2016-10-25 | 婚活系 データー

涯未婚率2割に驚くのは愚:近隣諸国はもっと高率に

 読売新聞の「生涯未婚の男性、2割を突破…30年で8倍」が連休谷間のニュースとして話題になっています。
生涯未婚率は人口学の約束から50歳時点で計算しています。
 
、10年後の生涯未婚率は「男性32%、女性20%」にもなってしまうのです。
「男性2割、女性1割」の現状に比べ衝撃度は格段に高くなります。 

 実はアジア各国に広がる現象です。
第276回「アジア工業国の非婚化は日本以上に進んでいる」で「2004年の合計出生率は日本が1.29と下がって騒いでいるのに、
韓国1.16、台湾1.18、シンガポール1.24、香港0.93とアジア工業国(地域)は一段と低い状況です。
 
欧米と違って婚外子があまりいないアジアですから、この数字は非婚化の進展を表しています」と指摘した通りです。
 
出生率が早くから落ちている日本は50歳の生涯未婚率に数字として現れた訳で、アジア諸国も近い将来、日本以上に生涯未婚率が上がってしまうと考えられます。 

 英エコノミスト誌は「多くのアジア人は結婚を先送りしているのではない。一生結婚しないのだ」
「40~44歳の女性の未婚率は、タイのバンコクでは20%、東京では21%に上る。シンガポールでは、この年齢層の大卒者は27%が結婚していない」「アジアで起きている結婚からの逃避は、現代の女性が大きな自由を享受できるようになった結果であり、それ自体は祝福すべきことだ」
 
と指摘しています。
しかし、結婚できない男性を大量に生み出し、非常な速さで高齢化社会に突き進みます。 

サーチナの《超少子化危機に学者「第2子認めるだけでは全然足りない」=中国》は「合計特殊出生率(1人の女性が一生に産む子の平均)が1.5以下に低下したことで、この20年で『ある世代の人口が前世代より30%減少する』状況が発生した」
 
「上海市ではすでに合計特殊出生率が世界最低の0.7に達しており『このまま出生率が下がり続ければ、高齢化が最も深刻な国となり、国際競争で劣勢に立たされる』と警鐘を鳴らした」と報じています。 

 上海のような中国大都市部では、「結婚しない派」あるいは「結婚出来ない派」が主流になりつつあるのかも知れません。
「男性は家とクルマが無ければ結婚できない」というハードルが加われば、日本国内だって結婚は激減しますから。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 30代女性の結婚  | トップ | 女性が結婚相手に求めること... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

婚活系 データー」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL