TIME 不動産 

TIME(たいむ) -不動産- 東京都知事(1)第95122号 世田谷の當麻司法書士事務所の不動産部門!

世田谷区で所有者不明空家に新たな解決法-都内ではじめて-

2017-07-15 14:34:40 | 不動産

先日の新聞に載っていましたが、所有者不明の空家の解体に、世田谷区ではじめて「不在者財産管理人制度」が利用されたそうです。

「不在者財産管理人制度」とは、利害関係人から財産の管理人選任の申立てを行い、家裁が管理人を選任し、「権限外行為」の許可を得ることにより、所有者にかわり不動産の解体や売却ができるというものです。

通常、弁護士さんや司法書士さんが選任されます。

 

 今回解体されたのは北烏山にある空家で、天井などが朽ちおちていたそうです。

世田谷区は登記情報や住民票から調査しましたが、所有者がみつからず、代執行で解体しても費用回収ができないため、この制度を利用し、今後、この土地を売却して売却益を解体費用に充てる予定だそうです。

 

 全国的に空家対策に苦慮していますが、このやり方は全国的にもはじめてだそうです。

老朽化した空家をそのままにしておくのは危険で、不衛生ですので、この手法がふえるかもしれません・・・

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神戸 大開駅のフルリノベマ... | トップ | 歴史的建造物保存のチャリテ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

不動産」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。