スペビトピックス

自転車の聖地、宇都宮でロードバイクにどっぷりはまった男の話。Bianchi Oltreで何処までも。

JBCF宇都宮ロードレース2017

2017-03-20 06:29:20 | サイクルイベント
今日は土曜日に続いて宇都宮でサイクルロードレースが行われました。
『第1回 JBCF 宇都宮ロードレース』という、ジャパンカップサイクルロードレースで使われる鶴カントリーを回るコース。3年前に台風が直撃した影響による土砂崩れで、しばらくこの鶴カントリーコース周辺の道路は大変なことになっていました。今年からレースに使えるレベルになったのかな?Jプロツアーとしてこのコースを使うことも初めて。

急いで家の用事を済ませたけれど、11時半を回っていました。
今日もフェミニンが見れず><

慌てて自宅を出発したら、いきなりパンク。


慌てるのは良くないですねぇ。変なモノ踏んじゃったかな。

パンク修理を済ませて、再出発。


射撃場からコースに入り、鶴カントリーを目指します。
ああ、もうレース始まってる。。。


Jプロ選手が鶴カントリーをヒョイヒョイと登っていきます。すごいなぁ。
ゴールが鶴カントリーを登りきったところということもあって、観客が多いのなんの!
ココはジャパンカップ以上に盛り上がっています。

そんな中を地元チームの宇都宮ブリッツェンが駆け抜けていきます。


エースの増田選手を4枚のアシストがキッチリ仕事をしていました。





なかなか逃げ集団が作られないまま、
同じく地元の那須ブラーゼン、さらにマトリックス・パワータグの3チームでバトルが繰り広げられ
那須ブラーゼンの吉岡選手が初勝利!


囲み取材がすごかったです。おめでとうございます。


宇都宮ロードの振り返りをしつつ、3月末のツール・ド・とちぎもPRしていました。
うまく成功するといいな。


10月はジャパンカップ、3月は宇都宮ロードレースというイベントが定着しそうだなぁ。

BICYCLE CLUB(バイシクルクラブ) 2017年 05月号 [雑誌] 特別付録1「パッド入りバックポケットポーチ」 特別付録2「JBCFオフィシャルガイドブック2017」特別付録3「SRUM&ZIPPカタログ」
BiCYCLE CLUB 編集部
エイ出版社
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仲間の走りに胸を打たれて | トップ | McL Honda頑張れ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL