スペビトピックス

自転車の聖地、宇都宮でロードバイクにどっぷりはまった男の話。Bianchi Oltreで何処までも。

八方ヶ原ステッカー

2017-06-25 21:11:12 | ポタリング
今日の天気は曇り。今にも雨が降ってきそうな天気でしたが、なんとか自走で八方ヶ原まで走ることが出来ました。

走行距離は100kmちょうど、獲得標高は1500m




数字としては至って普通だけど、やはり八方ヶ原は苦手だなぁ。


気温は低め。湿度は高め。
背中までビッショリ汗をかきました。
お腹を冷やさないように、のんびり下りつつ、休憩ポイントとして山の駅たかはらへ。


軽めに糖分補給をラムネでグビッといきました。

店内をブラブラ~


八方ヶ原のTシャツ発見!
このTシャツ自体は、じてんしゃの杜で見たことがあります。
てっきり、じてんしゃの杜オリジナルかと思っていたら、山の駅たかはら公認のTシャツだったんだ・・・。

つづいて、八方ヶ原ステッカーなるものを発見!


JAPAN峠PROJECTという、頭文字D(たぶん)で登場した峠のステッカーで
現地でしか買えないらしい。
これは、ダムカードに次ぐコンプリート欲が湧いてくる良いアイテム!!


小さめのステッカーを買いました。
ヘルメットに貼っていこうかと思案中。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次世代ワールドホビーフェアは子供の世界でした

2017-06-24 17:15:47 | 私生活
無事に次世代ワールドホビーフェア '17 Summerから帰宅。

朝3時に起床して幕張まで移動して、開場まで待った後
9時から12時までの3時間を楽しんで来ました。子供が。

目当ての会場限定や先行販売のベイブレードを購入して
ベイブレード大会にも参加できて、子供は大変満足しています。
移動や待機に費やす時間がムダにならずにすみました。

それにしても毎回スゴイ入場者数です。
コロコロコミックを中心とした経済圏は当分安泰ですねぇ。


10年前に比べて、入場時の手荷物検査が厳格化していたり、
転売防止措置として、一人一個まで・家族の場合は一人ひとり別精算と徹底していました。
スタッフや運営は手慣れたもので、設備トラブルはなく、参加者全員に楽しんでいただきた思いが伝わってきました。


ベイブレード大会も、初参加の次男にもわかりやすくスマートな運びで
整理券代わりにスタッフから腕にタグを着けてもらうのは音楽フェスみたいでした。

それと、ベイブレード大会自体は子供だけ整列させて、子供だけ参加するんですね。
大人は出口で待つように指示されて、じっと子供の対戦を待つしかない。

大勢の人がいる中で、子供と分かれての行動について、最初は心配だったんですが杞憂に終わりました。
子供には子供のモラルやマナーがきちんと存在していて、むしろ大人がいないことで上手く回っていました。

「また行きたい!」と次男が言ってくれたのは嬉しいねぇ。


今度行くときは、ケータイを持たせてもっと自由に行動させてみようかな。

そしたら、私はもっと写真をいっぱい撮ってこれるよ!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次世代ワールドホビーフェア ’17 summer

2017-06-24 06:49:03 | 私生活
今日は次男の希望で次世代ワールドホビーフェア(WHF)に来ています。



このイベントに参加するのは四回目。
これまでは長男を連れてやってきました。
10年後に次男と参加することになるとは。



もう慣れたもので、朝三時に出発して五時半に幕張メッセ到着。

昔と違うのは、二階のホール廊下で待機出来るようになっていたこと。


エアコンが効いているから、熱中症の心配なし。
早起きは三文の得。

開場まで残り二時間。


お土産も早々に渡すんだねぇ。
子供の退屈しのぎに嬉しいコミック入りでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外は雨。読書でサイクルロードレース

2017-06-21 22:46:45 | グッズ
今日は大雨。梅雨らしい天気になりました。

先週末に書店で買ったジロ・デ・イタリアとツール・ド・フランス公式プログラムの本。
ジロから読み始めたいところだけど、気がついたらツールまであと2週間を切っていたので
ツールから読み始めました。

なんせ、今年のツール・ド・フランスはJSPORTSでスタートからゴールまで完全生中継ですからねぇ。
DAZNに負けないよう、ぜひ頑張ってほしいです。

今年もツール公式プログラムに新城幸也の特集ページがありました。

去年の落車からの復活、そしてツール完走までの道のり、そしてツール第6ステージの逃げやペダリングについて、パワーメータなどのデータを参照しながら詳しく解説しています。


この特集ページだけでも読む価値アリだと思います。
全日本選手権のチャンピオン、ツール出場する選手というのは、こんなにもスゴイんだなぁ。
今年もツール・ド・フランスに選ばれるといいですねぇ。



本を購入したのと同じタイミングで、会社の同僚から『ロードバイク本音のホイール論』という本を借りました。



これはこれで面白かったけど、数値的な根拠は無いに等しいので、「フーン」程度に読めばいいかと。
いや、いろいろタメになる雑学はありましたけどね。
例えば、「カーボンホイールの体重制限はブレーキングの耐熱性によって決められていて、約1分間のブレーキングで熱はピークに達する」とか。
いや、そうだとしたら摩擦係数や制動力とか、体重とホイールの熱温度のグラフ見たくなるわけですよ。
そういうのが全くないからなぁ。。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ロードバイクのフレームの中は乾きにくい

2017-06-21 00:12:56 | メンテナンス
日曜日に八方ヶ原へ行って、ヒイコラと上っている途中に起きたサドルが突然ストンと落ちたトラブル。

メカトラでも比較的に危険度が低いけど、突然サドルが下がると腰に悪いし、7月のじてんしゃの杜練習会で同じことが起きてしまうかも知れないため、今日はシートポストをクリーニングしました。

シートポストを外してビックリ。


すごい汚れてる・・・。
結構マメに洗車しているのになぁ。

さらにフレームの中を覗いてビックリ。


しっとりと濡れてんじゃん。

おそらく、先週の大雨の中を走ったときの影響なんだと思います。
それにしても、5日経っているのにまだ濡れているとは・・・。

このせいで、シートポストを固定している力が弱くなり、ヒルクライム中にサドルが下がってしまったんだなぁ。
時間があれば、クランクも外して丸一日フレームを干したいところだけど
明日から雨の予報なので、今日のところは出来るだけクリーニングする方向で。


滅多に使わないフィニッシュラインのファイバーグリップ登場。
(本当に使わないので、何処に置いたかわからなくて探すのに苦労しました。)

しっかりと脱脂をして、シートポストとフレーム内部をクリーニングし、
ファイバーグリップをたっぷりとシートポストにぬりぬり。


規定トルク3.5Nmだけど、手の感覚を信じてギリギリまで締め上げました。
サドル高も5mm上げてみたり。
FINISH LINE(フィニッシュライン) ファイバーグリップ 50g
フィニッシュライン(FINISH LINE)
フィニッシュライン(FINISH LINE)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加