スペビトピックス

自転車の聖地、宇都宮でロードバイクにどっぷりはまった男の話。41才の春。

mt.富士ヒルクライム2016:今年もFR90を実施するようだ

2016-05-20 16:58:05 | 私生活
すごく良い企画だったのに、今年はやらないのかと思っていました。
今年もチームFR90を実施します!!

去年のmt.富士ヒルクライムで初参戦ながらサブ90達成したのは、このFR90として参加したおかげだと思っています。ペースメーカーさんに着いて行くと安心感がありますし、何よりチームみたいな一体感が生まれますから。あと、チームFR90としてスペシャルゼッケンで走るってのも特別感があってよいです。他の参加者にマークされること間違いなし!

90分切りを目標にしている方、是非FR90に参加してみてはいかがでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒルクライムレースの後は風邪をひきやすい

2016-05-20 16:35:40 | ロードバイク
インフルエンザは陰性でした。

蔵王ヒルクライムレースの後、筋肉痛もほどほどだったから渡良瀬遊水地で回復走したり、そういえば来月は富士ヒルクライムだからと朝練してみた結果、風邪を引いてしまいました。調子良いと思ったんだけど、やっぱりヒルクライムレースの後に風邪をひいてしまいます。

朝練も、朝4時に起床して4時半から5時半までを走るという、一日のうちで一番気温が低い時間帯を選んでしまったことも良くないことだったんでしょうねえ。その日、その時間の気温は7°なのに、服装は半袖とハーフパンツ。寒くて、帰宅後に熱いシャワーを浴びたのでした。

激しい運動の後って、筋肉疲労を回復するために体力を使うため、免疫力が低下して風邪をひきやすいらしい。
レースの後はマスク着用、筋肉疲労回復のためにタンパク質をたくさん取るようにしよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

渡良瀬遊水地で回復走

2016-05-16 16:00:00 | ロードバイク
蔵王ヒルクライムの翌日。
筋肉疲労を回復させるため、そしてダムカードを入手するために渡良瀬遊水地へ行ってきました。

私はてっきり渡良瀬遊水地は栃木県にあるものだと思っていましたが、この遊水地は4県にまたがっていたり、足尾鉱毒事件による鉱毒を沈澱させて無害化するために作られたものだったりと、下調べする中で知ってしまい、私の気持ちも沈んでしまい、これまでずっと行けず仕舞いでした。

今回行ってよかったです!

そもそもStravaを通して交流しているチームSKYBERRYの皆さんは良く走っていて、走りやすそうな場所だと感じていましたけど、こりゃあTTするのにもってこいな場所ですねえ。平坦で綺麗で幅もある道、アップダウンはないものの緩やかなカーブが楽しく、吹く風の方向によって戦略もあったりします。


で、この遊水地は左回りなのか右回りなのか。

サーキットだと右回りなんだよね。
あ、でも鈴鹿やツインリンクもてぎで行う自転車イベントは逆走して左回りでやってるか。

そう考えつつ、Stravaを見てみると、みなさん左回りで走っていたのでした。


帰宅後、国土交通省の関東地方整備局、利根川上流河川事務所のページにある、渡良瀬遊水地スポーツ利用者等連絡協議会が策定した『渡良瀬遊水地ルール&マナー』によると、左回りが正式なルールでした(第3章の第6条)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蔵王ヒルクライム2016:大盛りがデフォの町?

2016-05-15 15:00:00 | ロードバイク
ハルヒル、mt.富士ヒルクライム、有名どころの自転車イベントって、前日エントリーにして開催地で宿泊したり食事したり、お土産買ったりして少しでも地元にお金を落として欲しい、いわゆる町おこしも目的の一つだったりします。

この蔵王ヒルクライムも同様に、町中いたるところにイベントの旗を掲げていたり「歓迎!愛すべき坂バカたち」なんて掲示していたり。

遠刈田温泉といえば、この『神の湯』大人310円。

私が仲間と宿泊したペンションウッドチャックもすごかった。
一泊二食付きで9040円。蔵王ヒルクライムに合わせて朝食時間を5時半に設定してくれたり、チェックアウトが14時でオッケーにしてくれていて、早めに予約して良かったペンションなんですが、食事が一番すごかったんです。


夕食は6時半からで、時間通りに食堂へ来てくださいというんです。
なんだろうと思ったら、コース料理。アツアツなできた手料理が出てくる出てくる…。
前菜とデザート含めて9品。白米ごはんは盛り放題。
レース前で栄養補給は大事だ!と皆ガツガツ食べました。

さすがに朝は少ないだろうと思っていたら、

確かに少ないけど、クロワッサン食べ放題。手作りでウマイから3つ食べちゃったよ。ヒルクライムなのに。

ゴールして下山後にいただけるトン汁もすごかった。

具だくさんでこれでもか!というような量。


帰る前、定食屋で遅めの昼食を食べたけど、そこもすごかった。

普通盛りのはずの大盛ご飯と、わらじのようなカツ。
ヒルクライムで消費したカロリーをはるかに超えました。

蔵王の町って、みんな大飯喰らいなんだろうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蔵王ヒルクライム2016:『雪の壁』じゃなくて

2016-05-15 12:00:00 | ロードバイク
蔵王ヒルクライム レース当日。

前日に早起きしたおかげで、21時に就寝。4時に自然と目が覚めました。
これは調子が良い!と思ったけれど、安静時心拍は50と高め。

不安になりつつ身支度を整えて駐車場へ向かい、5時頃からローラー台でウォーミングアップを始めました。
ケイデンスをゆっくり挙げて、筋肉を使わずに心拍だけをあげていくように、ゆっくりゆっくり。いつもなら15分も回していると心拍は130くらいになるペースでやっているのに、120から一向に心拍が上がりません。こんな日は調子が悪いんです。

焦ってもしかたないので、ゆっくりじっくりローラーを回します。やっと心拍が160になったところで朝食の時間が来たため終了。
朝食は炭水化物を多めに、食べすぎないようにして、早めに会場入りしました。


会場は宮城蔵王ロイヤルホテル。
チャンピオンクラスと思われる人が駐車場でウォーミングアップを続けていました。

こちらは荷物を預けたあと、体を冷やさないように日向でまったりと仲間と談笑。
開会式が始まり、チャンピオンクラス、そして年齢順にスタートが始まりました。


年齢順だからか、40代のスタートって殺気立ってる人がいないんですねぇ。
これはハルヒルやmt.富士ヒルクライムとは違って、いいかんじ。

ペースもいきなり飛ばすような人はほとんどいないし、蛇行する人もいません。
体がぶつかり合うようなこともなく、淡々とマイペースで走れます。
事前調査によると、この蔵王ヒルクライムのはmt.富士ヒルクライムと同じゴール時間になるらしい。
去年のmt.富士ヒルクライムは86分だったから、そのくらいでゴールできればいいかな。


前半をゆっくり走ったおかげで、タレることなくラストの激坂はダンシングしてゴール。
手持ちの時計では87分、ちょっとだけ目標より遅かったか。


今日も天気は快晴で、とても日差しが温かい。


仲間全員、無事完走しました。

みんな頑張った!!

そーいえば、蔵王ヒルクライムってゴール手前にある『雪の壁』が有名なのですが
雪の壁らしいものって無かったような気がしました。

不思議に思って、仲間と確認しながら下山してみると・・・



これかあ!今年は雪の壁というより、雪の塀でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加