Oceangreenの思索

主に、古神道、チベット仏教、心理学等に基づく日本精神文化の分析…だったはずなんだけど!

ジョン・レノン地域のインチキ性

2016-10-01 | 音楽
新潟や出雲や因幡なのか、京都なのか知りませんが、ジョン・レノン“Anthology”形が入る歌手というのは、自分で欧米歌唱から歌えない人が多かった。
他の形の日本人歌手の真似でジョン・レノン形にして、自分の方がうまい顔をして元ネタを潰しに行く。
典型的に被害者になるのがモナコ対応や九州。
谷村新司は鳥羽一郎真似だと書きましたが、鳥羽一郎から演歌節を取ったくらいで“才能ある”のがこの人たち。
少なくともモナコは全滅にしてもいい相手なんでしょう。

まぁ、こんな人ばかりだとまともにクロード・フランソワの英語でシナトラ曲げるところから始めたような人も同一視されちゃうんで。
日本人真似で元ネタ撲滅タイプは出ないようにしていただきたいものです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さらに | トップ | 追記 »
最近の画像もっと見る

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。