Oceangreenの思索

主に、古神道、チベット仏教、心理学等に基づく日本精神文化の分析…だったはずなんだけど!

矢沢と浜崎からフランスで波を取る

2016-10-19 | 音楽
矢沢永吉の標準語波は浜崎あゆみで取ることができ、浜崎あゆみのイタリア波は矢沢永吉で取ることができる。
おそらく、両方、セリーヌ・ディオンのフランス語の影響があるからだと思います。

セリーヌ・ディオンはカナダのフランス語州出身。
モナコ対応ほどは下がりませんが、九州くらい下がるフランスです。
そのため、浜崎あゆみを使わず、セリーヌ・ディオンのフランス語で矢沢永吉の波を取ることもできると思います。
浜崎あゆみのイタリア波もセリーヌ・ディオンでも取れると思います。
しかし、クレモンティーヌのフランス語で取る方が一般的かも知れません。

クレモンティーヌで取るのが難しい場合、“エル・デテ(HEURE D'ETE)”というアルバムを聴けば確実でしょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016-10-19 13:18:00 | トップ | 旧世代のモナコの状態 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。