Oceangreenの思索

主に、古神道、チベット仏教、心理学等に基づく日本精神文化の分析…だったはずなんだけど!

補足:

2017-05-05 | 芸術・美術
やはりゴシックではないと思うんですが、W.H.ハドソンの“緑の館-熱帯林のロマンス-”という小説があります。
(本当は-熱帯林のロマンス-は省きたいです)
女主人公・リーマは、エラリイ・クイーンのライツヴィルシリーズ“ダブル・ダブル”の女主人公のモデルだと思います。

この辺りが、わたしとしてはソフィー・セルマーニの感覚に近いのかも知れません。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴシックとロック | トップ | 補足: »
最近の画像もっと見る

芸術・美術」カテゴリの最新記事