Oceangreenの思索

主に、古神道、チベット仏教、心理学等に基づく日本精神文化の分析…だったはずなんだけど!

雑感

2017-04-05 | 音楽
いつも愚痴っていることですが、ドリカムはマライア・キャリー直後に“SAYONARA”でホイッスルボイスをやったんですよ。
しかし男性はこのように、胸声地声歌手が平気でポンポン出るレベル。
ここに細木数子が、男性が駄目になったのは女が立てなくなったから、とやった。
そうしたら女性アイドルも胸声地声化してきた。

仕方ありません。
腹声域が胸声地声立ててたらすぐバタードになります。
自分たちも胸声地声化した方が自衛できる。

細木数子は“実声”(多分腹声域)という概念を教えてくれたので感謝してますが。
なんでもそうですが功罪は入り交じりますね。

この状態が欧米ならまだしも、韓国や中国や台湾に広まろうが仕方ありません。
事実ですから。
日本人男性に気を付けろ!
今時は女子にもね。

軍事教練で腹声域にしてたんだと思いますよ。
わたしはコーラスを、一人一人ちゃんと確認しながら教えれば済むことだと思います。
が、なにしろ胸声地声の方がカッコいいと思っちゃって始末におえません。
サラ・オレインは相変わらず3オクターブが自慢(笑)
マライア・キャリーは7オクターブ。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 続き | トップ | 補足: »
最近の画像もっと見る

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。