Oceangreenの思索

主に、古神道、チベット仏教、心理学等に基づく日本精神文化の分析…だったはずなんだけど!

追記

2017-05-17 | 音楽
Juan Diego Florez“L'AMOUR”とクレモンティーヌ“Les Voyage”や“カフェ・アプレミディ-クレモンティーヌが歌うボサノヴァ”(後者はベストで曲はかぶります)を交互に聴くなどして、Juan Diego Florezを下げられるようにしてから、Juan Diego Florezとスコットランド・アイルランド英語を交互プレイリストにして聴き込むと、スコットランド・アイルランド英語(ゲール語でも)をクレモンティーヌのスペイン・ブラジル語形にできるようになると思います。

さらにスコットランド・アイルランド英語と白人英語を交互プレイリストにして聴くなどすると、白人英語をクレモンティーヌのスペイン・ポルトガル語形にできるようになると思います。
スコットランド・アイルランド英語と白人英語を似た歌唱にすると、交互にアルバムを流すくらいでできるようになると思います。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中部訛りモナコ対応欧米歌唱 | トップ | 中部対応欧米歌唱2 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。