Oceangreenの思索

主に、古神道、チベット仏教、心理学等に基づく日本精神文化の分析…だったはずなんだけど!

補足:

2017-03-06 | 音楽
藤山一郎“丘を越えて”をを聴いてから、バッハ“ブランデンブルグ協奏曲”の一番を頭から聴いてみると、遅くできるのではないかと思います。
藤山一郎までですが…
それ以上はわたしはちょっと。オーケストラに申し訳なく。

カバリエ“Songs of the Spnish Renaissance”があれば、藤山一郎の方を遅くできるのではないかと思います。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 藤山一郎のリズムとノリ | トップ | 補足: »
最近の画像もっと見る

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。