Oceangreenの思索

主に、古神道、チベット仏教、心理学等に基づく日本精神文化の分析…だったはずなんだけど!

真田家建立・白鳥神社

2017-04-18 | 寺社と歴史、私論
長野市古牧安達神社の祭神が五十猛で、長野市誌ではイソタケルと読んでいます。
五十猛と建五百建に関係があるのか?
というのを書きましたけど、建五百建が五十猛を打ち負かしてイソ(イオ)の字を貰った可能性があると思います。
とすると、これはヤマトタケルのモデルの1人かも知れません。


長野市松代、皆神山の向かいの山にある白鳥神社は、松代藩初代藩主の真田信之が建立したものです。
祭神であるヤマトタケルは、建五百建と習合している可能性があると思います。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長野市の泥の神 | トップ | 天武天皇 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。