Oceangreenの思索

主に、古神道、チベット仏教、心理学等に基づく日本精神文化の分析…だったはずなんだけど!

日本仏教は私度僧から

2017-05-03 | 思想
日本仏教の僧侶のあり方が、海外の方には理解できないかも知れません。
実はわたしも理解できないのですが、おそらく日本の仏教の歴史から来ているのだと思います。

天武・持統朝以降の律令体制下では、僧侶という職業は支配層のものでした。
庶民には、仏教を学ぶことも許されていなかったと言うべきでしょう。
そうした中で、処罰もおそれず、仏教を学び庶民に説く人々が出てきました。
私度僧と言います。

日本仏教の僧侶のラフさと言うのは、私度僧のラフさを、公的に認められた僧侶にまで適用したものではないかと思います。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 追記 | トップ | 聖山の天武 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。