Oceangreenの思索

主に、古神道、チベット仏教、心理学等に基づく日本精神文化の分析…だったはずなんだけど!

士族訛りがしつこい理由

2016-09-18 | 音楽
北海道がウェールズ・白人英語形であることから、武士は鎌倉形で喋るのが基本だったんじゃないかと推測しました。
武蔵でもフランス対応地域でもイタリア地域でも西日本でも、あの、ござる調の言葉を真っ直ぐに鎌倉形まで下がるように訓練されていた?
どんな形の人たちの中でも真っ直ぐ真っ直ぐ鎌倉まで下がるよう喋れていたら、多分、いきなり庶民と同じにしろと言われても中々なおらない。
多分、少しずつ。少しずつなおってきてると思います。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 士族訛りがしつこい理由 | トップ | 長山洋子が士族訛り標準語? »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。