Oceangreenの思索

主に、古神道、チベット仏教、心理学等に基づく日本精神文化の分析…だったはずなんだけど!

補足:スマトラ噴火とアボリジニ

2017-03-15 | 日記
前71000年頃、スマトラ島のトバ火山が想像を絶する規模で爆発したそうです。
火山灰は西へと流れてアジアを越え、太陽を完全に遮り、インドのほとんどが厚さ6mほどになる熱い灰の絨毯に覆われた。
以後1000年間、世界で過酷な寒冷期が続いたとか。

ホモサピエンスは破滅的な打撃を受け、全世界の人口は一万人以下に減りましたが、数千年後、再び噴火地帯に住むことを考えた人々がいた。
スマトラやジャワ、ボルネオは寒冷時代はアジア大陸の一部だったため、陸路で到達することができた。
アボリジニはここからオーストラリア大陸へ移住したと考えられますが、考古学的には4万年前までに住み着いていた事が示されているそうです。

前記事も含め「図説 人類の起源と移住の歴史 旧石器時代から現代まで」ラッセル・キング/柊風社 より。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 訂正:弥生人がポリネシア人に... | トップ | 追記 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。