Oceangreenの思索

主に、古神道、チベット仏教、心理学等に基づく日本精神文化の分析…だったはずなんだけど!

出口ナオで関西に強くなる

2017-04-05 | 芸術・美術
わたしが奈良の天理教の建物を見たのは、WMのイベントに行く途中でした。
国道か県道か忘れましたが、通り沿いなのですぐ目につきます。
天気の良い日で、法被のような作業着ようなものを着た人がいました。
布団のようなものを干していたように思います。
変な話ですが、平穏な日常っぽくていいなぁと思いました。

わたしは小さな頃、例の統一協会の知り合いに誘われたり、その後は母が実践倫理だったり、WMだったり。
なにか切迫しているような感じで、ああいう穏やかさになかなか恵まれません。
天理教のおふでさきなど読むと、中山みきさんの息子さんの内縁の妻の“掃除”などが書いてあり、とても穏やかという物ではなく封建的というかなんですが。
家父長が家母長になったような強権というか。
WMには元天理教の人が来たり、うちも母の先祖に関わりがある人がいたみたいなんですが。
まぁ天理教から逃げたい人が行く場合があるのかな。

しかし、WMは実は道教系?で、深めていくといつの間にか、台湾の道院紅卍会に入れられているという具合。
道教は天理に強い?

しかしまぁ、あまりに切迫してトラブルばかりの人生で、ああした日常の感じが買えるなら、宗教に飛び込んじゃう気持ちが分かるというか。
わたしは天理がなんかいいなぁと思いました。
いや、多分語頭下から入らない人は無理だと思いますが。

WMに身銭と時間と労働力を支払いながら、穏やかな日常が買えた数ヶ月がありました。
上の人たちの機嫌で一瞬で消え去る訳なんですけど。
天理も同じかな。
天理教というのは教派神道で、神社神道とは違いますが一応認められたものなのかと思います。
アーミッシュみたいな感じなのかな。
実態は知りませんが。

大本も今は教派神道みたいです。

東日本の人間は勘違いしてるのかも知れませんが、関西は未だにアーミッシュがあるような世界なんですよ。
多分。
生活は普通に現代に合わせてますが、価値観は土俗と紙一重、みたいな。
ですから、出口ナオのおふでさきの文体がネームに入っただけで関西に強くなるようなことが起こる。
のかなぁ?
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017-04-05 18:25:13 | トップ | 2017-04-05 19:34:41 »
最近の画像もっと見る

芸術・美術」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。