岡山県津山市の歴史ある古民家を、建築士がリノベーション!

岡山県津山市の築200年を誇る荘厳な古民家を、おしゃれにリノベーション。しかし、都合で古民家を売却することになりました。

芸術作品を飾る古民家!

2017-04-19 08:40:43 | 芸術

芸術活動をする作家さんは、たいていは郊外田舎などの静かで広い場所で活動しています。

作家は、落ち着いたところで、静かなところで、創作活動をします。

 

絵画を描くにも、彫刻をするにも、それなりのスペースが必要なんです。

キャンバスは、結構な大きさがあります。

 

しかも足元(床)は、とても汚れます。

絵画であれば、油絵の具が、床に落ちますしね。

 

創作活動をするには、土足可能な、土間のようなところが最適なんです。

 

そのため、芸術家などは地方などに、広い別荘やセカンドハウスを持っていたり、あるいは、移住して活動している作家もいます。

 

実は、岡山県津山市の古民家は、4年前に、芸術活動のために購入した物件でした。

玄関入ると、すぐに広い土間があります。

この広すぎる土間を、創作の場として、上手に使おうと思っていました。

 

この古民家は、『栗の木』でできた、めずらしい古民家なのですが、玄関の上がりかまちのところも、『栗の木』なんです。

『栗の木』は硬くて、防虫の効果があり、腐りにくい特色があるので、重宝されるのです。

 

そんな貴重な『栗の木』を使って建てられた、この古民家でを眺めて暮らしたら、特別な創作意欲が湧くような、そんな感じもします。

 

芸術活動には、芸術や価値あるものに触れることが重要だからです。

 

さらに、この古民家は、創作した芸術作品を展示できるように、内装を黒で統一しました。

 

 

 

残念ながら、売主の私の仕事の都合で、この古民家で芸術の創作活動までは至らず、売却することになったのです。

 

作品を展示するために壁や床を黒くしたのですが、もちろん、この古民家の購入者の方は、今後、どのように使われても、構わないんですよ。

黒いのが嫌であれば、壁は漆喰を塗って、優しい感じにしてもいいですしね。

次の所有者さんが、好きに使って下さって良いんです。

芸術に興味のない方でも、全然構いません。

 

『古民家には、様々な方々にとって、色んな使い道がある』ということなんです。

 

岡山県津山市の築200年の古民家を、是非、楽しんで使ってい頂けたら幸いです。

 

 

津山のこの古民家物件は、アットホームに掲載中です。

こちらからご連絡頂ければ、地元の不動産屋さんがご案内します。

 

また、売主の私への直接のお問い合わせも受け付けています。

左サイドバーにあるGmailアドレスへ、直接ご連絡頂きましたら、売主の私より回答しております。

 

田舎で、有意義に、快適に暮らす方々を応援しています。

『芸術』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田舎暮らしでの仕事『起業家... | トップ | ボロボロの物件は、リフォー... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL