岡山県津山市の歴史ある古民家を、建築士がリノベーション!

岡山県津山市の築200年を誇る荘厳な古民家を、おしゃれにリノベーション。しかし、都合で古民家を売却することになりました。

『東南の部屋の壁』の含水率を測定!

2017-07-17 08:37:04 | 古民家の含水率

岡山県津山市の築200年の古民家の、部屋の中の材木の含水率を計測するシリーズです。

本日は、『東南のお部屋』です。

壁です。

 

測定日時は、平成29年6月26日、天気くもり、外気温27度。風なし。

計測した機材は、材木の表面だけの含水率を測る『薪用』のものではないですよ。

レーザーで計測する”材木の奥まで測れる”含水計で、測定します。

 

この『東南の部屋』の横には、トイレとお風呂場があるんです。

だから、「ちょっと、湿っぽいんじゃないかな〜」と、心配です…

 

よし、では、いざ計測です。

 

 

 

拡大します。

 

 

含水率は12%です。

これまた上出来です!

 

材木の含水率が20%を超えたら、腐朽菌が発生しますので、材木の乾燥状態が、いかに重要かということです。

 

測定した日は、高温多湿で、じめっとしていて、風がない日でした。

しかも、この東南の部屋の隣には、水回りであるトイレとお風呂場があるので、非常に心配でした。

 

結果、好成績でした。

 

梅雨、夏と、高温多湿な日本です。

湿気対策には、十分気をつけましょう。

 

津山の古民家は、現在売却中です。

田舎暮らしや、移住、週末セカンドハウスとして、利用できる豪邸な古民家です。

 

 

裏には、畑もあり、自家菜園が楽しめます。

 

 

物件のご見学のお申し込みは、随時、受け付けております。

このブログ、左サイドバーにあるGmailアドレスへ、ご連絡下さい。

ジャンル:
住宅
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 津山の古民家の畑のトマト | トップ | 古民家で『餃子専門店』を開店! »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL