岡山県津山市の歴史ある古民家を、建築士がリノベーション!

栗の木で建てられた築200年の荘厳な古民家を、おしゃれにリノベーション。しかし、都合で古民家を売却することになりました。

ざっくり伐採した柿の木ですが、元気にまた枝葉が出ました

2017-05-12 08:40:59 | 庭の様子

岡山県津山市の築200年の古民家の裏庭には、大きな柿の木があります。

4年前にこの物件を購入した時、あまりに大きくてビックリしました。

 

年輪からして、100年程になる柿の木です。

 

前の所有者さんも、きっと大事にされていた柿の木であろうと思いましたが、この柿の木が、万一、台風や暴風で倒れたりしたら…

と懸念しました。

 

すぐ横には、古民家があるのです。

もし柿の木が倒れたら、古民家の屋根に倒れて、古民家を壊すことでしょう。

 

考慮した挙げ句、この柿の木は、切らせてもらいました。

 

しかし根本から伐採したのではなく、高さ2.5mほどのところを、切りました。

これならば、また芽が出てくるだろうと思ったからです。

全部切ってしまうのは、さすがに忍びないですから…

 

すると、生命の力は偉大ですね。

切られても、ちゃんと、新芽、枝葉が出ています。

 

 

田舎の風景で柿の木は、欠かせないものですね。

今の季節は、葉っぱが、優しい緑色をして、とてもきれいですよ。

 

庭の木々を楽しむ、田舎暮らしです〜

 

 

岡山県津山市の築200年の古民家は、田舎への移住をお考えの方に、お売りしたいと思います。

現在、720万円のお買い得なお値段で販売しています。

 

 

物件に関するお問い合わせなどは、このブログ左サイドバーにあるGmailから受け付けています。

お気軽に、何でもお尋ね下さい。 

ジャンル:
住宅
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田舎へ移住しても、やってい... | トップ | 地元の大工が古民家の『梁』... »
最近の画像もっと見る

庭の様子」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL