岡山県津山市の歴史ある古民家を、建築士がリノベーション!

岡山県津山市の築200年を誇る荘厳な古民家を、おしゃれにリノベーション。しかし、都合で古民家を売却することになりました。

キウイが勝手に生える

2017-05-18 08:45:20 | 庭の様子

私は、京都生まれの奈良育ちなのですが、育った奈良の家の庭には、キウイの木がありました。

毎年、晩秋になると、このキウイの木には、たわわに実がなっていました。

濃い味で、おいしいキウイでした。

 

キウイが、ちゃんと木で熟すまで待っていると、おっと、すぐに鳥が突っついて食べてるんです。

「あ〜やられた…」

 

鳥も、おいしいのをよく知っていますね。

 

岡山県津山市の築200年の古民家の裏の畑に、キウイがあります。

植えた覚えはないです。

勝手に生えてきました。

 

鳥が、種を運んできたのでしょうね!

 

 

キウイは、実がなるためには、オスとメスの木が必要です。

 

画像のキウイは、どっちなんでしょうね…

 

1本しかないので、実は成りませんが、せっかく生えてきたのでね〜

抜いてしまうのも気の毒ということで、そのままにしてあります。

 

植物を楽しむのは、ほんと癒されます…

 

 

岡山県津山市の築200年の古民家は、すぐ裏が畑なので、自家菜園するには、とても便利です。

現在、この物件は、売却中です。

 

 

畑は約100坪ほどあります。

畑をしながら、田舎暮らしを楽しんでみませんか?

 

物件のお問い合わせは、このブログ左サイドバーにあるGmailアドレスへ、ご遠慮なくご連絡下さい。

お待ちしております。

ジャンル:
観葉植物
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 津山の下水ですが、これ何? | トップ | 建築の話『昔の建物は丈夫』... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL