微笑みを生きる

微笑みを生きるをテーマに日々の気づきを散文形式でときには詩を交えて綴ります

感じるということ

2016-10-16 04:32:21 | 
おはようございます

日曜の早朝はとても静かなものです
寒くなってくると虫の音もやんでしまい
静寂の世界となります

感じるということは
いろいろなものを感じます

身近な自然の中では樹や草花の気

人と接すればその人の気

気は感じるというよりも受け取ると言った方が良いでしょう
人から感じるものは心の奥にあるものかもしれません
言葉や表情に関係なく受け取るものがあります
命の気なのかもしれませんね

言葉では言い表せないものを
感じています

感じるといえば目に見えることもあります
以前は白い大きな塊が身体の中にすっと入ってきました

先日は黒い大きな風が入ってきたり

感じるということは無作為に感じること
作為をもって感じようとすると自らの心の表れとなって感じた気分になってしまい
真実を感じることはできません

自らが無になること、無作為になること、心が透明になるときに
ありのままの姿を感じることができます

良い一日を
いつもともに
『癒し』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セラピスト | トップ | 変化 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む