ボタン連打

鑑賞済み:「ハウル」「キングダム・オブ・ヘブン」「東京タワー」「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」「姑獲鳥の夏」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

試写会感想 コーラス 編 ★★★+1/2★

2005-04-06 | 映画
「文部科学省特別選定」で、
あおり文句は『ママに会いたい…。たった一つの願いを歌に込めた子供たちがフランス中のハートをつかみました。それは、聴くだけで涙があふれる不思議な歌声でした。』だし、
公式ページにある「少年たちに歌を教える教師」という設定も使い古された感がある(「天使にラブソング2」「スクール・オブ・ロック」etc)しで、観にいくまではかなり否定的な印象だった「コーラス」。

実際、”この映画ならではの特別なネタ”があるわけでもなく、オチも個人的には正直「それだけ?」と思った※くらいで全編わりと地味なんですが、鑑賞後には心を満たすみょ~な充実感と満足感が。
目を惹く特殊映像効果に頼らず(撮影手法などについてはよく分からないが、とりあえずCGとかはナシ)、人の心惹くような、美しく雰囲気あふれる映像作りの巧みさ、さすがはジャック・ペラン!と思った。

さりげに横山ノック似のジェラール・ジュニョ演じる「”聖職”感はないが理念ある教師像」も、教師が子供のいたずらにキッチリ仕返しするセンスも(まさかジュニョまで・・・・)、あまり日本にはないタイプなので刮目だが、ラストシーンで提示される「先生の身の振り方」が、明らかにハリウッドセンスと違う部分も、かなり興味深いです。
(というか「個人の満足≠他者からの賞賛(喝采)」ってあたり、ある意味ハリウッドに対するアンチテーゼ?)

ピエール役のジャン=バティスト・モニエくんは、この映画の成功で一躍ヨーロッパ女性のアイドルになったそうだが、個人的な印象は「同じ金髪碧眼でも、フランスの子供は顔が長い・・・・」だった。
いや、可愛いんですけどね。

おまけ: ※いや、いいシーンなんですけど。
ただ個人的には、途中で出てくる「シャレにならない不良少年」が合唱にイマイチからんでなかったのが残念。
どうでもいいけど、ジャック・ペランって、浦沢直樹のマンガに出てくる「ホームベース顔型のキャラ」にそっくりだ
コメント (7)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ふしぎメ~ル | トップ | 花粉症と寄生虫 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます。 (rabbitpole)
2005-04-09 02:17:11
>ラストシーンで提示される「先生の身の振り方」が、明らかにハリウッドセンスと違う部分も、かなり興味深いです。



ですね!

わたしも、フランス映画のこういうところがすきです。
Unknown (やまもと)
2005-04-10 03:12:32
フランス映画「甘くない」ですもんねえ。

でも、この映画の場合、作り手側の「先生というキャラクターに対する愛」が感じられたかも。
TBさせてもらいました (ももママ)
2005-04-14 01:32:28
「先生の身の振り方に、明らかにハリウッドと違うセンス」って・・・賛成です。

少年たちが歌うハレの舞台だって、せいぜい伯爵夫人の前で歌うだけでしょう?ハリウッド映画なら「なんちゃらコンクール」で優勝とかさせちゃうところ。人生ってそんなに甘くない。

ピエールのお母さんにも相手にされなかったしね。花束を持ってカフェへ行ったのに(涙)、気持ちに気づいてももらえないなんてね・・・

こんなところが、ビターの効いた大人の映画って感じでフランス映画が好きなんです。

Unknown (やまもと)
2005-04-15 02:15:30
TBありがとうございます~。



>ピエールのお母さんにも相手にされなかったしね

そうそう!私も、あれはちょっと可哀想だなあと思ったんですよ~。



実は、映画観た帰りぎわ、一緒に行った友人にその話をしてたんですが

「まあ、(ピエールのママは美人だから)ちょっとつりあいがねえ・・・・」などと、冷酷なことを言い放っていたMY友・・・・
こんばんは (lin)
2005-04-28 00:55:15
コメントありがとうございました。

フランス映画らしい結構ピリ辛の映画ではありますよねw。

ハリウッドなら不良更生させーの校長丸くなりーの合唱団コンクールで優勝させーの、って感じでしょうか。

個人的には「紙飛行機全部拾ってくれよぉ」っていうのもありました(爆死。
Unknown (やまもと)
2005-04-29 23:23:41
>linさん



>ハリウッドなら不良更生させーの校長丸くなりーの合唱団コンクールで優勝させーの

そんでもってラスト、眩いばかりのステージライトを浴びて、先生にかけよる生徒達・・・・そして暗転→エンドロール、みたいな(笑)



>個人的には「紙飛行機全部拾ってくれよぉ」っていうのもありました

ぎゃははは~!!マジそうですよね!

みんなの心をこめたメッセージ、全部読めよ!!みたいな。

あたし、あのシーンで、「フランスの先生って情薄いなー」ってひそかに思っちゃいましたよー(さすがに感想には書けなかったけど・・・・)
Unknown (Unknown)
2005-10-03 15:44:02
本当に美しい歌声でした。

校長先生役の俳優さんが、なぜか”ショーシャンクの空”(アメリカ映画)の刑務所・所長に顔もキャラクターも似ているのが、ちょっと笑えましたけど。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
コーラス (欧風)
この映画も試写会だったんですけど、試写会の日が16日でサイパンの前日だったんで、次の日朝早いし準備してないし~って事で行くかどうか迷ったんですが、当たった以上行けるなら行かねば!行かないと負けだし!って事で観に行きました。 ハガキの写真を見て、どこの国
コーラス (映画メモbox)
LES CHORISTES  文部科学省特別選定 2004年 フランス 製作・出演 ジャック・ペラン 監督・脚本・音楽 クリストフ・バラティエ 撮影監督 カルロ・バリーニ(グラン・ブルー/サブウェイなど) 音楽 ブリュノ・クーレ  合唱 サン・マルク少年少女合唱団 出演 ジャン
CAC映画評:コーラス (言語生活)
 『ニュー・シネマ・パラダイス』、人の人生を変えうるほどの大きな恋を描くロマンティシズムに溢れ、そして心の中に暖かいものを残していく映画。主人公のサルバトーレが映画監督になり、劇場で一人映画を観るシーン―アルフレードおじさんが愛の意味を伝える感動のシーン
「 コーラス 」 (MoonDreamWorks)
監督 : クリストフ・バラティエ主演 : ジェラール・ジュニョ / フランソワ・ベルレアン  / / ジャン=バティスト・モニエ(サン・マルク合唱団ソリスト)公式HP:http://www.herald.co.jp/official/chorus/index.shtml 2004年3月にフランス国内で公開されると...
コーラスの試写会 (W.I.R.)
コーラスの試写会チケットが当たったので見て来ました。 ほろりと感動できる作品で面...
生徒と教師が互いに夢を与え合う(「コーラス」) (読みたい放題の一日)
フランスで8人に1人が見た映画として知られる「コーラス」。今日が公開初日。おそらく今後、語り継がれるだろう素晴らしい映画になると感じた。文部科学省推薦映画となっており、学生にも見てもらいたい理由が私自身納得できた。田舎にある学校に音楽教師が赴任してくる...
コーラス (金言豆のブログ)
★本日の金言豆★製作のジャック・ぺラン、自ら出演もして息子も出してます。 2004年にフランスで公開されるや、瞬く間に「アメリ」の記録を抜きフランス映画史上空前のヒットを記録し、公開15週で750万人、最終的にはフランス人の7人に1人が観たという、なんだかこの手の映
コーラス(映画館) (ひるめし。)
涙がこぼれそうなとき、歌があった。 今まで観たフランス映画は「アメリ」と「ぼくセザール10歳半1m39cm」くらいでして、フランス映画つてコジャレてちょと合わないなって密かに思ってたんです。 コーラスもはじめは見る予定ではなくて、ちょうど土曜出勤だし招待券あるし映
コーラス (It\'s a Wonderful Life)
音楽が人生を少しだけ豊かにしてくれる。 こういう話にはとても弱いので、ボロボロ泣いてしまいました。 泣かせるような演出の映画じゃないのに。 タイトル通り、コーラス楽曲の素晴らしさを再認識 させてくれる映画ですが、 「先生もの」の定番、ダメな生徒を...
『コーラス』 (京の昼寝~♪)
 涙がながれそうなとき、歌があった ■監督 クリストフ・バラティエ ■キャスト ジェラール・ジュニョ、フランソワ・ベルレアン、ジャン=バティスト・モニエ、マリー・ビュネル、カド・メラッド、マクサンス・ペラン、ジャック・ペラン  世界的指揮者のピエール(ジャ
コーラス (エンタメ!ブレイク?)
おお懐かしの少年時代が今! サン・マルク少年少女合唱団の 透き通った歌声が心に響
映画『コーラス』 (EVERSMILE(エバースマイル))
『コーラス』公式サイト『コーラス』を上映している映画館は?フランスで『アメリ』の観客動員数を塗り替え870万人以上を動員というもの凄い記録を打ち立てた感動作『コーラス』。サウンドトラックも何百万枚も売れに売れているとか。『ニュー・シネマ・パラダイス』のジャッ
やがて世界が歌い出す「コーラス」 (soramove)
「コーラス」★★★★ ジャック・ペラン製作、フランス 歌に魂を救われる映画。 問題児を集めた 寄宿舎の生徒たちは 新任の教師の発案した 歌を歌うということで 悪戯や喧嘩よりも 楽しい事があることを知る。 過去の過酷で甘く切ない日々を振り返り、 懐か...
心が浄化されるような歌声◆『コーラス』 (日々の記録と、コラムみたいなもの)
4月11日(月)TOHOシネマズ木曽川にて 観たい映画が次から次へと公開されるので、消化していくのが大変だ。 今日は『アビエイター』を観るか『コーラス』を観るかで迷ったが、 週の初めから3時間近い映画を観るのは疲れそうだったので、 上映時間が97分という手ごろな
コーラス (ももママの心のblog)
少年たちの歌声と、純粋なまなざしが美しいフランス映画。戦後間もないフランスの片田舎を舞台に描かれた珠玉の一遍。{/nezumi/} 2004年 フランス ヒューマンドラマ 2005年4月13日 川崎チネチッタ 監督 クリストフ・バラティエ  脚本 クリストフ・バラティエ 製作 ジ
コーラス (感想.blog)
●メインキャストジェラール・ジュニョ(「バティニョールおじさん」)フランソワ・ベルレアン(「さよなら子供たち」)ジャン=バティスト・モニエ(サン・マルク合唱団ソリスト)●メインスタッフ監督: クリストフ・バラティエ製作:ジャック・ペラン(「ニュー・シネマ
コーラス (ネタバレ映画館)
 “譜面台”と呼ばれた生徒・・・友達は歌っているのに自分はずっと譜面持ち。その後の彼の人生がどんな風だったのか無性に知りたくなった。  世界的指揮者モランジュ(ジャック・ペラン)とペピノが50年ぶりの再会を果たし、マチュー先生(ジェラール・ジュニョ)の日記
コーラス (利用価値のない日々の雑学)
正直なところ、この作品を観終わったとき、どうして自分は映画を観るのだろうか。一体何のために、忙しい中に時間とお金を使って、それも、新作なら週に2~3本、旧作もDVDを含めれば、略毎日の様に時間を割いているのだろうかという基本的なことに疑問を持った。勿論、このブ
コーラス (KINOKANAL)
監督:クリストフ・バラティエ 出演:ジェラール・ジュニョ,フランソワ・ベルレアン,ジャン=バティスト・モニエ,マリー・ビュネル,カド・メラッド,マクサンス・ペラン,ジャック・ペラン 世界的指揮者のピエールは、母親の葬儀のために帰郷する。そんな彼に、古い友人
「コーラス」 (NUMB)
コーラス 「コーラス」 ★★★ (2004年フランス) 監督:クリストフ・バラティエ キャスト:ジェラール・ジュニョ、フランソワ・ベルレアン、ジャン=バティスト・モニエ、マリー・ビュネル、カド・メラッド、マクサンス・ペラン、ジャック・ペラン 公式サイト
コーラスを観る (Daira\'s Blog)
「コーラス」を観てきました。 (まだ観ていない人は続きは読まないことを推奨します)  ...
コーラス (映画を観たよ)
1日はは映画の日&ゴールデンウィーク真っ只中です。 特に予定はありません・・・ さてさて「コーラス」を観てきました。 フランスでは7人に1人だっけ?が観たと言われている感動作らしいです。 というわけで見てきました。 何かその筋の王道みたいな感じの映画でした。 悪
『コーラス』 ストーリーは王道だが泣ける。癒される。 (映画のブログBLOG@今日のいいこと。   明日のいいこと。)
コーラス ♪コーラス見ました。悪ガキで荒れた寄宿生を新しい先生が合唱で更生させる。そう、一言で言えば、こんなに王道でありきたりなストーリーなんです。 「バティニョールおじさん」のジェラール・ジュニョが、真摯なまでに子供たちに立ち向かい、鬼のような
コーラス LES CHORISTES (HanaMuseum)
LES CHORISTESやっとみにいけました~ 指揮者として成功したピエール(ペラン)の現在に始まり 日記から過去が蘇えっていくノスタルジックなストーリーで あの時、自分に「歌」という生き方を見つけてくれた舎監であった先生クレマン・マチューの 感じていたこと考えていた
ジャン=バティスト・モニエ(サン・マルク合唱団ソリスト) (京の昼寝~♪)
◇◆◇ 『コーラス』で映画デビューするボーイソプラノの美少年 ◇◆◇  たまたまTV東京の「たけしの誰でもピカソ」を見ていたら、4月9日から公開される『コーラス』に主演するジャン=バティスト・モニエ君が出ていて、2曲歌っていました。  すでに映画館では、『
DVD「コーラス」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
お話自体は、ベタなんだけど少年達の歌声が素晴らしくて良かったです! 問題児少年達が集まる寄宿舎に新任の教師がやってくる。校長は生徒のことは考えずに上からの評価だけを気にしているような人。生徒達に歌を歌わせることによって団結していく様子が素晴らしい~!...
コーラス (ぶっちゃけ…独り言?)
7.5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。) 良かったぁ~! こーゆーの大好きです。 作りとしてはいかにもフランス映画といった感じで割りと淡々としてます。 ハリウッド作品であるよーなドラマチックな演出・展開もなし。 だけど! 大袈裟な表現がない分
映画 『コーラス』 (本の中の名言・格言)
■映画の中の名言・格言 『コーラス』 あなたの声は希望を歌う その力はあまりにも大きい すべての姿を変えてしまうほどに (ラモー“夜”) 努力すれば報われる 君は自分に似合わないことをしてる …だが自分の本心じゃない なんという美しさよ 夢
「コーラス」 (ひらりん的映画ブログ)
2005年に劇場公開された作品。 評判良さそうだったけど、見逃してたのでDVDで見ることに。